TOP > 家庭生活 > 離婚後の手続き

 
後の手続き
後の手続き
後に行う手続き 後に行う手続き
  離婚後にやるべき事。離婚をした後は何をするの?離婚後に行う届出や提出すべき手続き注意など。ここで離婚後の手続きをしっかりと理解しておきましょう。
後に行う手続き 後に行う手続き
.
後の生活と手続きとは? 後にすべき手続き
後に行うべき変更手続き  
 
.

後の生活とは?

後の手続き 離婚後の生活とは?

 

あなたは離婚後の生活がイメージ出来ているでしょうか?

離婚すると言うこと、つまりあなたの人生が変わる事でもあります。

  1. 離婚を考えた時に、とても明るい未来を想像し離婚をする
  2. また、辛く厳しく、とても大変な未来が来ると想像し離婚する
    • 同じ離婚するにも、全く考え方やイメージが違います。

つまり、どの様に考えるかで、離婚するハードルの高さが大きく異なると言う事です。

 

離婚で1番悩む理由

やはり

  • 子どものこと
  • そして生活です。

つまり

  • 子どもの親権であり
  • 子どもを連れて一人親で生活が成り立つのか?
    • ここが正に1番の離婚で悩む最大の課題とも言えますね。

つまり、女性なら母子家庭になり、男性なら父子家庭となるのです。

離婚を考えているのなら

  • 離婚後の生活をシッカリとイメージし何を行いどの手順で行うのかなど、頭に入れておきましょう。

 

子どもを連れて離婚

  • 母子や父子家庭になる場合の負担割合はけた違いに負担率が高いのです。
  • とくに、母子家庭となるとその負担の大きさは想定外となります。

母子父子家庭の支援

  • 各市町村で様々な支援サービスがあるのです。
  • 市町村の児童相談や福祉サービスなどに母子家庭の受給など問い合わせ事前に把握しておく事をお勧めします。

結婚時に専業主婦だった場合

  • また、専業主婦を今まで行っていた方は、仕事と言うハードルが待ち受けています。

最寄りのハローワークなどに出向き相談がてら仕事支援などあるか?積極的な情報と仕事探しが求められます。

離婚後に家を出る場合

  1. 住む土地や場所から探さなければいけません。
  2. この居住する場所を探し契約し、確保すると言う作業も重労働と言えるのです。

 

離婚後のやるべき事

上記の様にざっと簡単に離婚後のやるべきことを書きだして見ました。

簡単に伝えただけでも、これだけやる事が一気に押し寄せて来るのです。

離婚した人

離婚した人が良く話す、本当に離婚は大変な事と言っているのは、離婚後の労力も合わせての事です。

  • つまり、離婚も大変な労力で神経を使い果たし、
  • 離婚後も、やるべきことがドンドン迫って来ると言う現実があるのです。

 

離婚後

  1. 経済的に自立出来る事
  2. 子どもの生活の安定を目指せる事

つまり、離婚後の生活設計がイメージ出来ている事が大事なのです。

その為にも、離婚後の受給できるサービスなど知識を身に付ける事なのです。

 

・家庭生活手続き目次へ行く

手続きページ

 



後にすべき事
後の手続き

離婚後にすべき事

 

離婚後にすぐにやらなくては、いけない事

  1. 住む場所を見つける
  2. 生活のこと
  3. 仕事を見つける
  4. 子どものこと
  5. 氏の問題

 

1.住む場所を見つける


離婚をすると、どちらか一方が家を出て、新たに住む場所を探す事になるのです。

自分が家を出る場合

  1. 自分で不動産情報から探す
  2. 実家に一時、住みかを求める

不動産情報やネットで地域情報を探し早目の確保に取り組んでください。

また、賃貸費用は

  • 敷金
  • 礼金
  • 前家賃が必要です。
  • 住む家賃の4か月分から5か月分が最初に必要になります。
  • また、賃貸で借りる場合は保証人も必要になる事を覚えておきましょう。

敷金などのお金に不安がある場合は、市町村の保護支援などに、どの様な方法があるか相談して下さい。

引越した場合

  • 転居や転出、転入と言う住民の移した届出も必要です。

また、共有名義住宅ローンが残っていた場合

連帯債務がある場合は、連帯債務の名義を外して貰う方法がありますが、現実的に、一旦連帯債務者になった場合は外すのは難しい様です。

 

今まで住んでいた家を譲り受けた場合

  • 不動産の名義変更を行います。
  • 住宅ローンが残っている場合はローン返済を迫られる事になります。

 

2.生活のこと

離婚後、生活が出来なくては何にもなりません。

母子家庭での確保できるお金

  • 慰謝料、子どもがいる場合は養育費ですが、養育費は何かあった時の為に貯金をしておきたいお金です。

離婚後、シングルマザーになった場合は一人だけの収入でやりくりしていく事になりますね。

お金が苦しい厳しい深刻な場合も含め、市区町村での母子家庭の福祉や支援受給などあるか?問い合わせする事。

 

3.仕事を見つける

離婚後の仕事の働き方も今まで通りにはいきませんね。

  • 子どもが小さい場合は、仕事をしていなければ保育園にも入園出来ません。

仕事が決まっていない場合

  1. 最寄りのハローワークに行きます。
  2. シングルマザーの方なら母子家庭での仕事や働き方を相談し仕事を紹介して貰います。
  3. また、シングルマザーで仕事を見つけるのも厳しい現代なので、より多く仕事の幅を広げ探すことが必要になります。

つまり、至急の仕事確保です。

 

4.子どものこと

子どもは親を選べません、また親が離婚する事になったら、どちらかに一方について行く事になります。

子どもが引越しする場合

  1. 環境問題や生活スタイルの変化など精神的影響などを考えてあげる必要があります。
  2. また、夫婦が離婚すると氏名の問題が発生しますので、苗字のことも考える必要があります。
  3. 子どもが小さい場合は保育園の確保や学童の確保などの必要があります。

 

5.氏の問題

子どもの問題の時にも、少し触れましたが、離婚すると苗字をどうするのか?と言う問題になります。

氏が変わる事でのデメリットがあるのか?

  • また、何かと手続きや行なわなければならない変更が多くあるのか?
  • 生活に支障があるのかなどを慎重に考え決める事が得策と言えます。

 

 

・家庭生活手続き目次へ行く

手続きページ

 



後に行うべき変更手続き
後の手続き

離婚後に行うべき変更手続き

 

離婚したら変更すべき届出手続きは早急に行う事

    1. 引越した場合の転居届や転入、転出の届出
    2. 住民票の変更手続き
    3. 実印の変更手続き
    4. 不動産や居住の名義変更手続き
    5. 水道光熱費などの名義変更手続き
    6. 子どもの転校や転入手続き
    7. 国民年金の変更手続き
    8. 国民健康保険の変更手続き
    9. 郵貯や銀行口座の名義変更手続き
    10. 保険関係の名義変更手続き
    11. 身分証明などの氏名、住所変更手続き
    12. 郵便局の転送サービス
    13. NTTやスマホ電話の支払いや住所変更手続き


この様に、離婚後の変更手続きが沢山あります。

また、母子家庭で子どもの支援や手当の受給手続きなどを行う場合

  • 上記の変更手続きを行っていない場合は、母子家庭の受給申請が出来ない事も多くあります。
  • つまり、離婚したら新たに届出しなければ、何も始まらないと言う事です。

しばらくは、慌ただしくなりますが至急変更手続きを行ってください。

離婚後の問題

離婚後に養育費の問題や慰謝料の請求の問題など困った場合

個人的にはどうする事も出来ませんね。

そんな場合は調停に相談を持ち掛けるか、専門家に相談する事をお勧めします。

 

もしも、専門家に相談したいなどお考えの方は、弁護士の相談方法など弁護士無料相談の←手続きを参考にすると分かり易いと思いますよ。

 

・家庭生活手続き目次へ行く

手続きページ

 



ココがPOINT
ココがPOINT

離婚後に運命が変わったと言う人がいますね。離婚した後により良い人生や生活を歩きたいと思うのも自分次第です。つまり離婚したのも最終的には自分の意思です。離婚後の人生を良くする為に明るく前向きに楽しくなると信じて毎日を歩んでくださいね。
スポンサーリンク

ココがPOINT
ココがPOINT