TOP > 家庭生活 > 離婚慰謝料の手続き > 家庭生活の目次へ

 
別れるお金
別れるお金の手続き
手続き 手続き
  離婚する事になった。離婚慰謝料を請求したいのですが。離婚慰謝料の請求できる場合や請求金額は離婚する理由やケースで変化するって知っていましたか?ここで離婚慰謝料をしっかりと理解しておきましょう。
手続き 手続き
.
別れるお金とは 別れるお金が請求できるケース
別れるお金の請求期間と金額  
 
.

別れるお金とは慰謝料金額

別れるお金 離婚慰謝料とは

離婚慰謝料

離婚する場合、大概のケースとして慰謝料と言う言葉が出て来ますね。

 

皆さんの考える慰謝料の概念は少し違う場合があります。

 

そもそも、慰謝料とはどう言うものなのでしょう。

簡単に言えば、離婚するので私に(僕に)対する損害賠償をちょうだい。

と言う事です。

難しく言えば、精神的または肉体的苦痛を伴っていますので、その苦痛に対する損害賠償を支払ってくださいと言うものです。

つまり、損害賠償を慰謝料と言う形で請求することを言うのですね。

 

慰謝料は当たり前

  1. 慰謝料は必ず貰えるものでしょ?という方が多くいますが決してそんな事はありません。
  2. 慰謝料が支払われない。請求出来ないケースは山ほどあるのですね。

 

離婚慰謝料の定義

  • 精神的または肉体的苦痛を伴った為に離婚するのです。
  • 上記の場合には慰謝料の請求が出来るのです。

 

 

・家庭生活手続き目次へ行く

手続きページ

 



別れるお金が請求できるケース
別れるお金

離婚慰謝料が請求できるケース

離婚する時に請求できる時

離婚する理由が大切と言う事になります。

離婚理由

  1. お互いに会話が無い
  2. 性格や相性が合わない
  3. 共同生活に協力しない
  4. 家庭内別居が長い
  5. 浮気や不倫された
  6. DV暴力被害にあった
  7. 精神的暴力にあった
  8. 同居せず帰って来ない
  9. 夫婦の営みが無い

離婚の理由は上記に掲載した一部ですが、個人的に、まだまだ沢山の理由がありますね。

その離婚理由の中でも全てが請求ができる訳ではありません。

つまり、相手に非がある場合のみ慰謝料の請求が出来る事となっています。

 

慰謝料の請求理由

  1. 浮気や不倫など不貞行為を働いた
  2. DVの被害(心身)など暴力行為を受けた
  3. 共同生活の協力は一切無し
  4. 不仲、セックスレスなどで婚姻関係を維持できない

上記の理由などが請求材料となるのですが、大まかに分けています。各家庭でその理由も随分違うと思いますが参考にしてください。

 

浮気や不倫など不貞行為を働いた

相手に浮気または不倫などが原因で離婚する場合

  1. 浮気した本人および浮気相手にも、慰謝料が請求できるのです。
  2. ただし決められた慰謝料以上の金額は請求できません。
  3. つまり、浮気本人と浮気相手を合わせて慰謝料金額となります。(浮気相手一人で支払っても構いません)

浮気や不倫でも請求できない場合

  • 浮気や不倫の前に、夫婦関係がすでに壊れている場合
  • 不貞相手が婚姻の事実を知らない場合

 

DVの被害(心身)など暴力行為を受けた

肉体的、精神的な苦痛(DV)の被害は年々増加しています。

  • 身体の傷み(殴られた、蹴られた、噛みつかれた)暴力を受けた時
  • 精神的心の傷み(罵倒された、侮辱、屈辱、各種のハラスメント)続けられた時
  • 各種の様々なDVを受けた時

 

共同生活の協力は一切無し

夫婦お互いに、精神的にも経済的にも協力しながら、共同の生活を続けて行くと言う前提があるのです。

その行為を一切無視して非協力的な行為も暴力になるのです。

  • 生活費を一切渡さない時
  • 家出をしむけたり、家に居られなくさせた時
  • 嫌という様々な理由で家に帰ってこない時
  • 夫の無職状態が長く続いている時
  • 妻がやるべき家事を一切しない時
  • 共働きの夫婦の役割分担を一切しない時
  • 共同生活または同居生活をしない時

 

不仲、セックスレスなどで婚姻関係を維持できない

  • 夫婦間の営み性交渉が無くまた拒み続ける時
  • 家族間の不仲を、解決する気も無いまたはしない時

 

 

 

・家庭生活手続き目次へ行く

手続きページ

 



別れるお金の請求期間と金額

別れるお金 離婚慰謝料の請求期間と金額

 

慰謝料の金額は決まっている

  • 慰謝料の金額に設定条件は基本的にありません。

海外のセレブなどの離婚になりますと、桁外れな数億円と言う様な方々もいますが、日本ではあまりその様な高額な慰謝料の例は少ないですね。

一般的には、大体の慰謝料相場と言うものが存在し、その平均値に沿った形での金額が多いようです。

また、結婚年齢や結婚生活の期間など、その他子どもは何人いるのか?なども慰謝料相場に影響を与えるのです。

 

 

離婚理由と慰謝料

  1. 浮気不倫など不貞行為を働いた
  2. DVの被害(心身)など暴力行為を受けた
  3. 共同生活の協力は一切無し
  4. 不仲、セックスレスなどで婚姻関係を維持できない

 

1.浮気や不倫など不貞行為を働いた場合の相場

  • 浮気不倫をされた精神的苦痛やダメージの度合い
  • 浮気や不倫をしていた期間や程度
  • 程度に合った慰謝料相場は100万円〜
  • 500万円となっています。

 

2.DVの被害(心身)など暴力行為を受けた場合の相場

  • 肉体的ダメージ精神的苦痛や度合い
  • 傷害や入院や通院などの程度
  • 程度に合った慰謝料相場は40万円〜
  • 500万円となっています。

 

3.共同生活の協力は一切無しの場合の相場

  • 夫婦の協力性が無く、助け合わ無い度合い
  • 生活費などの支援を行わない度合い
  • 程度に合った慰謝料相場は40万円〜
  • 300万円となっています。

 

4.不仲、セックスレスなどで婚姻関係を維持できない場合の相場

  • 不仲の程度
  • セックスレスの期間
  • 程度に合った慰謝料相場は10万円〜
  • 300万円となっています。

 

慰謝料の請求期間

  • 慰謝料の請求は、離婚が成立した時から3年間で時効となります。
  • つまり、3年間の間に慰謝料の支払いがされない場合は無効となります。

 

補足

慰謝料相場は大体決まっていますが、その相場での慰謝料が思った以上に少なかった場合はどうしますか?

 

慰謝料を破格に釣り上げる

  • 慰謝料を相場以上に釣り上げる事は不可能に近い話ですが、相場上限にする事は可能です。

 

慰謝料相場の上限

  1. とくに、慰謝料請求で大切とされるのが、証拠の押さえと提出です。
  2. 出来る限りの、メモや録音、写真や診断書または記録簿など多ければ多いほど有利に働くのです。
  3. つまり、この部分を面倒くさいと怠ると相場下限となるはめに。

 

専門家に相談

また、慰謝料など専門家に依頼する場合は離婚専門を得意とする専門家に依頼して下さい。

専門の分野に知識を持った方が、後々効果を発揮して頂けますし良かったと感じます。

もしも、専門家に相談したいなどお考えの方は、弁護士の相談方法など弁護士無料相談の←手続きを参考にすると分かり易いと思いますよ。

 

・家庭生活手続き目次へ行く

手続きページ

 



ココがPOINT
ココがPOINT

離婚の慰謝料は妥協したら終わりです。もしも浮気や不倫、DVで裏切られた場合など絶対に慰謝料面で妥協してはいけませんよ。妥協した瞬間に不本意な結果となり終了してしまうと言う事を覚えておいてくださいね。
スポンサーリンク

ココがPOINT
ココがPOINT