TOP > 家庭生活 > 不倫で離婚の手続き > 家庭生活の目次へ

 
不倫され別れる場合
不倫され別れる場合の手続き
手続き 手続き
  離婚理由が不倫です。離婚を決意した理由が不倫。離婚する為に必要な手続きや注意など。ここで不倫で離婚の流れをしっかり理解しておきましょう。
手続き 手続き
.
決意させる不倫 理由が不倫と確証
分かれる場合手続き  
 
.

決意させる

不倫され別れる場合 離婚を決意させる不倫

結婚した当時から、冷め切っている夫婦など、そういるものではありません。

結婚初期は、とても仲睦まじく愛し合う二人ですが、突然の急変ぶり。

  • 結婚生活が長い短いは関係なく、あからさまに態度が変わる場合があります。

人間誰しもそうですが、仕事のストレスや環境で面白くない事もありますが、明らかにそのような事での態度では無い。

やはり、夫婦だからこそ分かる、相手の異変ですね。

 

  • そんな時、些細な言い争いから突然言われる離婚しよう。

 

相手の態度の変化ぶりに、離婚を言われるのでは?と思ってはいたが、つい言われるとショックですね。

離婚の言葉

離婚と言われる心当たりは全くない

  • 離婚など、まったく言われる理由が見当たららない?
  • こちらには、一切非が見当たらない。

 

コチラに非が無く離婚を言われた場合は、薄々あなたも感づいていると思いますが不倫ですね。

 

不倫だと予測したら

今ままで、相手が取って来た行動や言動のつじつまがピタリと一致しますね。

今までの予測は大当たりです。

予測通りなのだから、焦ってはいけませんよ。

  • むしろ、こんな時ほど、更に冷静に判断し、相手の行動や出方を観察する必要があります。

何故?

  • 今後のあなた、そして子どもがいたら、子どもの為にも、ココで冷静に第二の人生を考えるのです。

 

 

不倫の場合の相手の離婚理由

  • 仕事を頑張りたい
  • もう冷めてしまった
  • 前から思っていた
  • 結婚は不向き
  • 結婚は荷が重すぎる
    • 感ずかれていても、不倫とは絶対に言えず、他に理由が見当たらない。
    • つまり、不倫とは言えず仕方なく理由を付けている事が多いのですね。

この様な理由は、浮気もしくは不倫が原因の場合が大半を占めていると断言できます。

 

 

・家庭生活手続き目次へ行く

手続きページ

 



理由が不倫と確証
不倫され別れる場合

離婚理由が不倫と確証

離婚と決断したら、やるべきことが多く出て来ますので、一つ一つ消化して行くのです。

 

離婚する理由が大切

相手が離婚を急がせるのは、揉めたくない、複雑にしたくない、大きくなる前に別れたい。

  • つまり、嘘不倫を隠し通して、離婚を急ぎ迫って来るケースが大半なのです。
    • しかし、相手のペースや嘘まやかしに騙されてはいけませんよ。

 

不倫した相手の頭の考え

  1. 不倫での離婚は慰謝料が高額になる
  2. 不倫がバレると、離婚がスムーズに思い通りに進まない
  3. 話しが、こじれてしまっては大変な事態になる

つまり、自分の事を棚に上げて、優位にしたいが為の嘘理由を言い続けるのです。

 

離婚理由が不倫と確定したら

  1. 相手が不倫だったら、やっぱりなと思います
  2. 一時は、辛く、精神的にも弱くなります
  3. 今までの生活の時間を返してほしくなります
  4. 怒りとは違う恨みに似た感情が込み上げます
  5. 言いなり離婚は絶対にしないと決めます

つまり、離婚理由が不倫と突き止めもせずに、相手の思いのままに別れてしまえば何もないただの離婚で解決です。

離婚後に、あなたは何の為の結婚生活だったのか?と心から思うがモヤモヤは晴れず悔いが残るだけです。

 

しかし、離婚理由が不倫となれば話は急展開するのです。

 

不貞行為は離婚訴訟を起こせる

  • 一般的に罪を犯した相手へ離婚訴訟を起こすのが基本形です。

例えば

相手が、不倫をしていたなどの場合、当然の如く頭にも来ますし、頭が真っ白になる事だってあります。その後、冷静さを取り戻し、離婚訴訟するとなるのです。

 

離婚訴訟、逆の例

不倫したり浮気したり、不貞行為した者は、はやく離婚したいと思っている方が大半だと思いますが、、、、

自分に非がある者から離婚訴訟する場合は、中々通常は認められ無いのが現実。

つまり自分が勝手に招いたことで事態を起こし、今度は自分都合で別れますなどと、ムシが良すぎる好き勝手は許さないと言う事です。

 

 

・家庭生活手続き目次へ行く

手続きページ

 



別れる場合の手続き
別れる場合

不倫が原因の場合の離婚手続き

相手が不倫と確証したら

  • 配偶者と不倫相手の両方に、損害賠償、つまり慰謝料を請求できるのです。

つまり、あなたが精神的に苦しんだ代償として、二人に請求でき貰えるお金のことです。

 

慰謝料の請求条件

  • 相手が不貞行為を起こした原因で、夫婦の関係つまり婚姻関係が破綻した。
  • 慰謝料請求をする場合は、夫婦生活が破綻状態になった事が必要。
  • 例えば、家庭内別居や長期別居、セックスレスなど

 

離婚調停や訴訟する

  1. 相手に不倫をされたなど、耐え難い屈辱や感情に揺れ動くと思います。
  2. この様な場合、十分に離婚理由になるのです。
  3. だから調停や訴訟をします。

しかし、ちょっと待って

調停や訴訟に出るのは

  • 不倫されたので
  • 頭にくるから
  • だけで良いのですか?大切なことを教えます。

 

それは慰謝料です。

  • 自分の思い通りの慰謝料の金額を請求したい。
  • 相手の不倫行為の償い金を支払って貰いたい。
  • できるだけの高額慰謝料です。
  • ココが1番の目的です。

上記の様に思ったら、不倫の証拠つまり確証が必要なのです。

 

その他の離婚条件も

  • 離婚の条件提示も忘れてはいけませんよ。
  • 子どもの養育費や財産分与、年金分割に別けられるもの全てです。
  • 不倫の代償は高いのです。妥協はダメですよ。

 

不倫の証拠集め

  • 電話、メール、LINE、手紙、会話、密会、現場など様々なシチュエーションでの
  • 録音、録画、写真、記録、日記など
  • 確実に証拠として提出する必要があります。
  • つまり、証拠が無いと事実の認定が出来ないと言う事になるのです。


不倫の証拠があれば

  • 相手の不倫によって精神的にダメージと損害を被った
  • 辛い日々の毎日を送り続け精神的に疲労困憊である

不倫の証拠により、上記の様な症状であることが実証される事が大事なのです。

つまり、不倫をしていた事実が、証拠として実証される事で、損害賠償責任を負う必要が出てくると言う事なのです。

 

不倫の証拠が無い

  • まず、証拠がなければ実際に不倫していたか?実証出来ません。
  • つまり、証拠が無ければ判断のしようが無く、慰謝料も貰えません。

不倫の証拠を集めること

  • 相手の不倫の証拠を集める事から始めます
  • 電話、メール、LINE、手紙、会話、密会、職場、現場など様々なシチュエーションでの
  • 録音、録画、写真、記録、日記など
  • また、調査員や探偵なども有効に使うと良いでしょう。
  • 最近では、比較的リーズナブルな価格で引き受けて貰える事務所もあります。
  • つまり、不倫現場など、そのシチュエーションを証拠として持つ必要があります。
  • その現場を押さえるのは素人には中々難しいと考えるからです。

慰謝料

  • 不倫の平均的な慰謝料は100万円〜500万円です。

精神的な損害に対する代償です。

 

高額慰謝料を目指す為に

  • 高額な慰謝料を目指す為に欠かす事の出来ない存在がいます。
  • それが、専門家の存在です。

専門家選び方

  1. 大事な事を教えます。
  2. もし専門家を探している、あなたが女性なら
  3. 必ず、離婚専門に扱う、女性の弁護士を探す事
  4. ココは確実に探し出してください。必ず地域に居ますから。
  5. そこが大きなポイントですからね。

 

高いか安いか

精神的ダメージの代償金が高いか安いかは、あなた次第となりますが、絶対に許すことが出来ない場合は上限いっぱいまで妥協しない事です。

もしも、専門家に相談したいなどお考えの方は、弁護士の相談方法など弁護士無料相談の←手続きを参考にすると分かり易いと思いますよ。

 

・家庭生活手続き目次へ行く

手続きページ

 



ココがPOINT
ココがPOINT

不倫が理由で離婚する場合、何年の間、騙され続けていたのだろうか?その代償と償いをして貰うまで、絶対に許す事など出来ない。優位に事態を進める為には、専門家に早めの相談も重要で必要なのです。
スポンサーリンク

ココがPOINT
ココがPOINT