TOP > 家庭生活 > 離婚回避の手続き

 
回避する方法
回避する方法の手続き
回避する方法手続き 回避する方法手続き
  離婚の理由は様々ですが離婚はしたくありません。離婚を迫られた原因はなに?離婚したくない夫や妻の為の離婚を回避する方法など。ここで離婚回避する方法をしっかりと理解しておきましょう。
回避する方法手続き 回避する方法手続き
.
原因はなに? したいと思わせる原因は
したくない回避の方法  
 
.

原因はなに?

回避する方法 離婚したくなる原因はなに?

結婚した時は、お互いに愛し合い離婚なんてと思ったことでしょう。

しかし、お互いに生きて来た環境が違えばアレ?っと思ったりもしますね。

人格が違う他人同士が一つの屋根の下にいるわけですから、一緒に生活している事に息苦しさを感じたりストレスを感じたりも当然しますね。

その様な険悪な生活を繰り返し

  • 次第に、夫婦の関係が益々悪化し
  • まさかと思う時に伝えられる
  • 夫または妻から離婚の話しが出る様になります。

 

離婚を考える理由は

  • 離婚したくない
  • 離婚を回避したい

その様に思うのであれば、相手に離婚したいと思わせた原因を探さなくてはいけません。

 

例えば、単純に夫婦喧嘩が多ければ喧嘩をしない様にする工夫などです。


離婚話しは、いつ来るか分からない、予想もしなかった時に突然出るのが離婚の話しなのです。

離婚回避したければ、何故?離婚したくなったのか原因の追及がカギとなります。

 

 

・家庭生活手続き目次へ行く

回避する方法手続きページ

 



思わせる原因は
回避する方法

離婚したいと思わせる原因は

 

離婚したい原因は何?

  1. 相手が何故?
  2. 離婚を考えたのか?
  3. 徹底的に原因を考えるのです。

例えば

  1. 夫婦喧嘩は何が原因で起こるのか?
  2. 相手の機嫌が悪くなるのはどんな時か?
  3. 一緒に生活している間に何かしらのシグナルの様な物が出ているはずです。

自分には大丈夫な事や些細に感じる事でも、相手にとって重大な問題になっている事は良くある話です。

 

つまり、問題意識がお互いにずれているのです。

  • 相手が別に気にもしていない様子でも、自分にとっては気になる重要な事ってありますよね。
  • つまり、そう言う事の積み重ねが一つ一つ増えて行く場合もあるのです。


悪循環になる

  • 夫婦関係がうまく行かなくなると、当然ですが夫婦喧嘩も増えますね。
  • つまり、最近喧嘩が多いなぁーと感じているあなた、相手も同じように感じているのです。

解決していない

  1. 喧嘩して、解決もせずに終了させるのはとくに良くありません。
  2. つまり、お互いに喧嘩問題を心の中に閉じ込めたまま生活する続けると言う事です。
  3. それが、鬱憤(うっぷん)の原因になり更に積み重なって行くのです。
    • 分かり易い言えば、笑点の座布団が1枚1枚増えて行くようなイメージですね。

それを引き金

  • 険悪ムードが長期化し更に深刻になります。
  • そして、何も話さなくなる状態が続きます。

最初は、1日くらいだったのが、喧嘩も多くなるにつれ3日になり、1週間に、そして1ヵ月となります。

  • ついには、必要な事や物事の伝言だけの会話になってしまうのです。

会話が大事

  1. 夫婦である以上、会話はとても大切なのです。
  2. 喧嘩した場合に、ある程度の解決するまで、話し合うこと。
  3. そして、自分に非があると感じた場合は素直に謝ること。
    • 夫婦だから良いのではなく、夫婦だからこそ誠意を見せなくてはいけないのです。

黙っていて相手の気持ちが理解できるのはメンタリストや超能力者だけです。

言葉にして相手に伝える誠意が大事なのです。

つまり、会話がない事が1番の離婚したいと思う原因になっている事が多いのです。

 

・家庭生活手続き目次へ行く

回避する方法手続きページ

 



回避の方法
回避する方法

離婚したくない回避の方法

相手と離婚したくない為に

  • 離婚したく無いのであれば、努力が必要なのです。
  • お互いの努力は当然です。
  • しかし離婚を迫られているあなたはもっと努力しなければいけないのです。

つまり、離婚回避するカギは、あなたの努力に対して報われる事が多くあると言うことなのです。

補足として

一般的な離婚になり得る理由を教えておきますね。

  1. 浮気、不倫、不貞行為
  2. 悪意の遺棄、協力しない
  3. 精神病を患った
  4. 暴行や虐待、DV
  5. セックスレス、無関心、性交渉拒否
  6. 性格、人格が合わない
  7. 家族関係が不和
  8. 外部活動に夢中

上記が一般的な離婚する人達の理由です。

 

離婚回避する方法

1.離婚話で別居

  1. 夫婦が険悪になり喧嘩が絶えず話し合いにもならない。
  2. また、そんな時に相手から、一旦距離をおこう。
  3. つまり、冷静になる為に別居しようとなるケースが多いのです。
    • つまり、離婚したくないあなたは、別居し一度距離を、おけば夫婦関係が改善するかな?と別居の提案を受入れます。

ポイント

  • しかし、それが逆効果になるのです。
  • 離婚してしまう可能性が大きく上がってしまうのです。
  • 相手は離婚する為に別居を申出ているのです。
  • つまり、相手は別居から調停離婚へと流れが変化して行く事が大半です。
  • 離婚したくない回避したい場合は、絶対に別居の話は受け入れてはいけません。

 

2.男女の関係を意識

  1. 夫婦と言っても、赤の他人です。
  2. 長い間一緒に居ることで錯覚する場合が多いようですが、夫婦である前に男女の関係なのです。
  3. つまり、男、女としての異性を意識する事。

例えば、他人の女性に惹かれること。他人の男性に惹かれること。

そこには異性としての魅力の様なものを感じる為です。

ようするに、付き合い始めた頃の様なフェロモンを出すイメージです。

ポイント

  • 年齢、体系、などで諦める方が非常に多いですが、、、、
  • そこは勘違いです。年齢や体系は魅力には全く関係ありません。
  • 外見の変化やイメージを変える事で心も変化するのです。
  • つまり、魅力とは実は内面から溢れて来るものだと言う事なのです。
  • この様に少しの心の意識で修復できた夫婦は沢山いる事を知ってくださいね。


3.子どもを理由

  1. 子どもは、真っ先に出て来る離婚の話合いと理由ですね。
  2. 会話の多くが子どは可愛く無いの?
  3. 子どもはどうでもいいの?
  4. 子どもの気持ちはどうするの?
  5. など圧倒的に多い言葉なのです。
    • つまり、逆を言えば、子どもがいるからダメと言っているのと一緒です。

相手にとっても子どもが可愛いのは当然ですが、離婚と子どもは別と考えています。

つまり、離婚したい気持ちに変化はありません。

ポイント

  • 子どもが大きくなるまで
  • ○○卒業するまで
  • ○○歳になるまで待っては、逆に長い年月離婚できないんだ。
  • と連想させる為、離婚を加速させることに繋がるのです。
  • 離婚問題は本質の理由をピンポイントで解決する事なのです。

 

4.相手の心を読む

  1. 男心、女心と聞いた事はあるでしょ。
  2. まさに、男は男の心が有り、女には女の心が有るのです。
  3. つまり、相手はどう思いどう考えるのか?と言う事を解く必要があります。

今、相手は何がしたいのか?どうして貰いたいと思っているのか?

ポイント

  • 言葉に出したり、押し付けがましい事は逆効果となります。
  • つまり、態度や表情で伝え言葉は肯定的である事が大事なのです。
  • つまり、相手に態度の変化を感じて貰うだけで修復に前進して行くのですね。

 

5.常に前向き

  1. 離婚する夫婦は、離婚の原因でヒートアップする。
  2. つまり、自分に非が無く相手に非がある事を徹底的にダメ押し
  3. 相手にダメージを与えようとしますが、逆にドンドン距離は離れ溝も深くなります。

つまり

  1. 責めている以上、相手はそんなあんただからだよ
  2. そんな事ばかり言っているあなただから嫌なんだよと思うばかりだと言う事ですよ。

たとえ、相手に非があった場合でも、否定的な意見や責める事を考えているのでは無く、肯定的に考える事なのです。

ポイント

  • 相手が悪い事をした場合でも、肯定的にすること
  • 自分がもっと理解してあげていれば、良かったね。
  • こう言う風にしておけば良かったんだよね。
  • その様に言う事で、相手は自分のした行為を深く考える様になるのです。
  • つまり、相手は自分の起こした行為で、もし自分がされたらと振り返ります。
  • つまり罪悪感が芽生えたら修復が早まる事が多くあるのです。

 

6.ストーカーまがいの行動

  1. 離婚をしたくないばかりに焦りが先立つ。
  2. 離婚したくないと思うほど、感情のコントロールが不可能になります。
  3. 離婚したくないと言う気持ちから、相手に嫌な思いをさせたり
  4. 思ってもいない言動をしたりする事は多くあります。

つまり、相手に対して会えば言葉攻め、電話を何度も必要以上にして、メールやLINEでの文章を長々と送り続ける。

まるで、夫婦の枠を超えたストーカー行為です。

これでは、復縁どころか、真逆の行為で、どんどん離婚を加速させて行くのです。

ポイント

  • 離婚をしたくないなら、尚更その様なストーカー的な行為はNGです。
  • 相手は、既にメールLINEの内容を見ずに削除しているのです。
  • つまり、離婚をしたくないと思ったら、我慢する、相手に伝えたいと思っても冷静に考える。
  • 一旦、待てるようになれば、徐々にその様な行為は改善されて行きます。
  • もし、改善されなければ、離婚の修復は出来ないと思う事。

 

7.最後に

  1. 離婚したく無ければ離婚届に印鑑を押したらダメ最後です。
  2. つまり、離婚とは紙切れ1枚の話ですが、その意味はあなたにとって重大ですね。
  3. もし、修復を望んでいるなら安易な行動や考え、発言や感情、喜怒哀楽などを控える。
  4. より冷静に対応すると言う事が求められます。

 

  • つまり、離婚回避が目的であるのです。
  • それなりの覚悟と長期にわたり修復の努力をする。
  • 努力と言う意識を持って応対して行くと言う事になるのです。

 

もし、それでも不安だったり心配の場合は、離婚の相談や、離婚回避の方法をあなたに合ったアドバイスしますので、手続きネットの離婚相談も是非活用、離婚回避のアドバイスも参考に出来ますよ。

 

もしも、専門家に相談したいなどお考えの方は、弁護士の相談方法など弁護士無料相談の←手続きを参考にすると分かり易いと思いますよ。

 

・家庭生活手続き目次へ行く

回避する方法手続きページ

 



ココがPOINT
ココがPOINT

離婚を考える理由は、人それぞれですし、パターンも違います。もしも離婚がしたくないと考えるなら、冷静に客観的に自分の行動や生活を見つめてください。第三者から見ると鬼になっている可能性もありますので注意を。
スポンサーリンク

ココがPOINT
ココがPOINT