TOP > 税金 > 課税証明書の手続き > 税金お金手続き目次へ

 
税金の手続き
税金の手続き
手続き 手続き
 

課税証明書とは発行や交付の方法や証明書が必要になる手続きなど。収入証明書や所得証明と同じ働きをする課税証明書の交付の手続き方法などをしっかり勉強しておきましょう。

手続き 手続き
.
税金とは? 税金が必要になる時
税金の取得の発行の手続き
 


.
税金とは?
課税

課税証明書とは?

 

 

 

収入の有る無しの証明を行う事が目的。

収入を公的書面で調べる時に必要になるのが課税証明書です。

また、実施の収入も分かる事から収入証明書や所得証明書とも言います。

収入が無いと言う事を伝え扶養に入る証明としても使います。

 

課税証明書に記載される収入証明の期間

前年度の1月1日〜12月31日までの収入が記載。

 

発行を行う場所

市区町村役場で発行手続きを行う住民税の課税金額の証明書の事です。

 

 

・税金お金手続き目次へ行く

手続きページ

 



必要になる時
課税

課税証明書が必要になる時

 

 

 

具体的な目的としては、収入の有る無しを証明する時の手段として活用する事が1番多い用途です。つまり、最も信頼できる公的な証明書なのです。

 

  • 子どもを保育園に入園させるための証明書
  • 配偶者が扶養家族になる為の無収入の証明書
  • ローンや金銭借用申し込みの収入の証明書
  • クレジットカードデビットカード申し込みの収入の証明書
  • 賃貸物件など家を借りる時の収入の証明書など

必要とする業者または相手に収入がありますよ。と知らせることが目的と考えてください。

 

 

・税金お金手続き目次へ行く

 
手続きページ

 



課税の取得の発行の手続き
課税

課税証明書の取得の発行の手続き

 

 

 

発行手続きの時に必要となる持参する物

 

  1. 印鑑
  2. いずれかの1点持参する→(運転免許証、写真付住民基本台帳カード、パスポート在留カード、特別永住者証明書、身体障害者手帳)
  3. いずれか2点持参する→(健康保険証、年金手帳、社員証)
  4. 課税証明書発行の手数料(数百円)

 

 

課税証明書の発行手順

 

  1. 管轄の市町村役場の窓口にて
  2. 市町村役場で申請書に記入したものを提出
  3. 発券窓口にて手数料と引き換え終了

 

申告する場所を間違えない

課税証明書は1月1日時点において居住地の市町村役場で発行されるのです。

つまり、その年の間に違う市町村へ引越しをした場合は前居住地まで課税証明書の交付手続きに行く必要がありますので注意ください。

 

1番最新の課税証明書の取得

毎年、6月以降に最新の課税証明書が発行準備されますので、最新の物が欲し場合は6月以降に手続きに行ってください。

尚、6月前は2年前の課税証明書になりますので注意ください。

 

 

 

・税金お金手続き目次へ行く

手続きページ

 



ココがPOINT
ココがPOINT

課税証明書の交付は、本人で無くても受け取る事が出来ます。当然ですが収入や個人情報の記載がありますので、簡単にとはいきませんが、課税証明書を発行する本人の同意の上での委任状があれば発行可能なのです。
スポンサード リンク

ココがPOINT
ココがPOINT