TOP > 税金 > 相続税の手続き

 
亡くなった方の手続き
亡くなった方の手続き
手続き 手続き
 

相続税は、亡くなった方や、遺言によって財産を取得したときに生じる税金です。しかし、取得した財産が一定額以下であれば、相続税は必要は無く、申告の必要性もありません。一通りの税金内容や手続き方法などをしっかり勉強しておきましょう。

手続き 手続き
.
死んだときはとは 死んだ時の改正でどうなったか?
死んだ時の節税方法
 


.
死んだ時とは
死んだ時

相続税とは? 何故?税金で取られるのか。

 

相続税で税金が取られる理由

相続税とは?と聞かれると、親から子で財産を受け継ぐことを指すものでありますが、そこには税に関する根深い問題が潜んでいます。

「何故?税金で取られるのか。」という素朴な疑問の答えとしては、社会全体における貧富の差を少しでも減らすという活動が背景にあるというように捉えるのが賢明です。

 

国費を調達するために、税金のシステムが投入されるようになってから、今日まで来ているため、相続税に関する問題はこのときに決められたのです。

 

さらに、取りやすい状況の事柄を優先して税金を搾取していくという考えが蔓延して、誰にでも訪れる「死」というものをそれに充当させたという考えもあるのです。

 

国の発展を支えるには、国民から何らかのかたちで税を徴収していくことが必要にもなっているため、これからも相続税という存在が存在し続けるのです。

今のうちに最低限の知識を知っておいて、いざというときにスムーズな作業ができるようにしておくことも大切です。

 

 

・税金お金手続き目次へ行く

手続きページ

 



死んだ時の改正でどうなったか?
死んだ時

相続税の改正 相続税の改正でどうなったか?

 

相続税の改正で課税対象者が増えます。

平成25年度に相続税の改正が行われました。

この改正は平成27年1月1日以降に適用されることになります。

 

一番重要な事は、この相続税の改正でどうなったか?ということです。

現在の法律の下では、相続税を支払っている人はあまりいません。

しかし、この改正後はより多くの人が相続税を支払うことになります。

 

具体的には、課税される金額が引き下げられます。

相続税を考えるときには、まず一番最初に課税対象になるかどうかを考えます。

 

財産を残して亡くなった人がいるから必ず相続税を払うことになるとは限らないのです。なぜなら、残された財産に対して一定額が控除されるからです。

具体的には、現在は5,000万円までと法定相続人一人につき1,000万円までが控除されます。

法定相続人とは、基本的には亡くなった人の配偶者や子供のことですが、もし配偶者や子供がいなければ、父母が法定相続人になります。

父母がいないときには、祖父母、祖父母がいなければ兄弟姉妹が法定相続人となるのです。

 

一人につき1,000万円と言う考え方ですから、例えば奥さんと子供一人がいれば、法定相続人は二人になります。

この場合、5,000万円に2,000万円を足して7,000万円が控除されます。

つまり、残された財産が7,000万円を超えていなければ、相続税の支払いを考える必要がなかった訳です。

これが平成27年1月1日以降は、3,000万円と法定相続人一人につき600万円までが控除されることになります。

 

それでもかなりの金額が控除されます。

しかし、時代背景と共に物価が値上がりし始めもします。一時期よりも不動産や株も価格が上昇したりします。

子供のいない配偶者の場合、控除額は3,600万円ですから、株や土地などの財産を合計すると相続税の対象になる可能性は高くなります。

 

平成27年からは、この控除額の引き下げだけでなく、実際の税率も高くなっていますが、一人当たりの課税対象額が2億円を超えるときにだけ税率が引き上げられています。

従って、こちらのほうは対象者がかなり少なくなります。

 

実際の税率を計算するときに混乱しやすいのが、人数の問題です。

一番最初に考える控除額は全体から差し引くのでわかりやすくなっていますが、税率を当てはめるときには、一人当たりの分け前で計算します。

 

例えば1億円の財産が残されたとします。相続する人が一人ならば6,400万円から税率は30パーセントだとわかります。

しかし、相続する人が5人ならば、1億から3,000万円と一人当たり600万円が控除されて4,000万円となります。

税率を見るときには、一人当たりの額を当てはめますから、4,000万を5で割って800万円が対象額となります。

1,000万円以下は税率10パーセントですから、一人当たり80万円、全体として400万円の相続税を納めることになります。

 

遺言書の作り方についてはコチラを参考にして下さい。

 

・税金お金手続き目次へ行く

 
手続きページ

 



死んだ時の節税方法
死んだ時

相続税の控除は? 相続税の対策方法 具体的な相続税の節税方法

 

相続したからといって必ず相続税がかかるという訳ではなく、相続財産が一定額を超えることによって、はじめて相続税という税が発生します。

 

相続税の控除は?どういったものなのでしょうか。

それは、一定額以内であれば相続税が発生しないことで、これを「基礎控除額」といいます。

基礎控除額の計算の仕方は、【1,000万×法定相続人の数+5,000万】で求められます。


  例えば、夫が亡くなり、法定相続人が妻と子供3人だった場合には、1,000万円×4人+5,000万円=9,000万円となり、この9,000万円が基礎控除額となります。

夫の財産から、葬儀費用や借金を差し引いた課税財産価格が、総額9,000万円を超える場合には、相続税が課税されることになります。

9,000万円以下であれば、非課税ということになり、申告の必要はありません。

 

ちなみに、相続税の申告の必要のある人は、100人亡くなって4〜5人の割合だといわれています。


つぎに、相続税の対策方法について、ご紹介します。

原則として相続税は、相続が開始したことを知った翌日から10か月以内に、申告して現金で納付するように決められています。

一度に多額の現金が必要になるために、先祖から受け付いた土地家屋を手放すという話を、聞かれたことがある方もいらっしゃるでしょう。なので、相続税をできるだけ少なくする節税方法は、いろいろと行われています。


具体的な相続税の節税方法をご紹介する前に、大変重要なポイントが2つあります。

それは

  1. 「すべての遺産の明細と総額を把握して、財産目録の作成をすること」と
  2. 「相続人全員の遺産分割の合意」という2つです。

特に、遺産分割の合意がない場合には、税務署への申告を行うことができません。

 

まずは、遺産がどれくらいあって、どのような割合で分割するのかについて、相続人全員で話し合い、合意しておかなければいけません。

 

なお、ここでいう節税方法とは、税務上で決められたことを守って、合法的に行うことが大前提となります。法の網をくぐるような方法や、脱税とはあくまでも異なります。


相続税対策の主なものとしては

  1. 「相続開始前に行なう贈与を利用する方法」
  2. 「現金を主に不動産に変える方法」
  3. 「相続開始後に行なう方法」

の3つに、大きくは分けられます。

 

贈与に関しては、財産を無償で相手に与えることで、相手もこれを承諾した時に成立するものです。

贈与税の基礎控除を利用したり、贈与税の配偶者控除を利用する節税方法となります。

 

また不動産に変えることに関しては、いくつかの節税対策がある中で、この方法が節税効果が高いことが知られています。

なぜかというと、預貯金や現金は、その金額に対して相続税がそのまま計算されますが、不動産に関しては時価ではなく評価額を元にして計算されるためです。

 

 

・税金お金手続き目次へ行く

具体的な手続き
手続きページ

 

ココがPOINT
ココがPOINT

相続税の納税は、相続の開始があったことを知った日、つまり通常は、亡くなった日の翌日から10ヶ月以内に管轄の税務署に対して行います。申告の期限までに申告する事。遅延の場合は本来の税金以外に加算税がかかります。更に利息に当たる延滞税がかかりますので注意してください。
スポンサード リンク

ココがPOINT
ココがPOINT