TOP > 年金・保険 > 地震保険の手続き

 
災害の補償範囲や加入の注意法
災害の補償範囲や加入の注意法
.
災害の補償範囲や加入手続き 災害の補償範囲や加入手続き
  大規模地震対策特別措置法にもとづく警戒宣言が発令された時から一定期間(当該警戒宣言に係る地域内のみ)地震保険加入はできません。 つまり、各都道府県の各地で警戒宣言が発令された場合は、一定期の間は地震保険には加入できません。賢い保険の加入のための火災保険を見直すために、必要な手続きをきちんと理解しておきましょう。
災害の補償範囲や加入手続き 災害の補償範囲や加入手続き
.
災害の補償範囲や加入とは? 災害の加入の補償範囲  

.
災害の補償範囲や加入とは?
災害の補償範囲や加入

地震保険とは。

 

地震によって住宅が倒壊や、壊れたり、燃えてしまった場合、火災保険の加入だけでは補償されないのはご存知ですか?

例えば。地震の影響をうけて住宅が燃えたとしても原因が地震の場合は、火災保険では補償してもらえません。

  • だからこそ地震保険への加入が必要となるのです。

 

  1. ※ また、地震保険は地震保険単独での契約できません!
  2. 必ず火災保険とセットでの契約となる事になります。

※また、火災保険の契約時に地震保険の契約をしなかった場合でも、火災保険期間の途中から地震保険に加入することもできますのでご安心ください。

 

・地震保険の対象は?

  • 居住用の建物(専用住宅)や店舗兼住宅に使用される建物(併用住宅)になります。
  • 住宅用家財道具・生活用動産(但し自動車や価額が30万円を超える高額な貴金属・宝石、美術品等は含まれません)

 

・地震保険の保険金額は?

  • 保険金額は、火災保険の保険金額の30%〜50%の範囲内で定められ、限度額は建物5,000万円、家財は1,000万円までが設定の限度となります。

火災保険加入の手続きは、手続きネット内の火災保険加入の方法を参考にして下さい。

 

・年金保険手続き目次へ行く

災害の補償範囲や加入手続きページ

 


 

災害の加入の補償範囲

災害の補償範囲や加入 ・地震保険の補償範囲

 

火災保険では補償されない損害を補償します。

  • 地震により住宅が破損、壊れた場合
  • 地震により住宅が倒壊した場合
  • 地震により住宅火災に見舞われた場合
  • 地震により住宅が津波に飲み込まれ流された場合

自分の家財をベースに大家さんへの賠償責任、日常生活中の賠償責任、災害時の費用保険を選びましょう。賃貸期間に合わせて保険期間を設定するのが一般的です。

 

地震補償の範囲は建物の全壊、半壊、一部損害で変わります。

  • 住宅を全壊してしまった場合⇒保険金額の100%(時価が限度)が支払われます。
    ( 住宅の損害額が、その建物の時価50%以上となった場合、または焼失、流失した部分がその建物の延床面積の70%以上となった場合)
  • 住宅を半壊してしまった場合⇒保険金額の50%(時価の50%が限度)が支払われます。
    ( 住宅の損害額が、その建物の時価20%以上50%未満となった場合、または焼失、流失した部分がその建物の延床面積の20%以上70%未満となった場合)
  • 住宅の一部を損傷してしまった場合⇒保険金額の5%(時価の5%が限度)が支払われます。
    ( 住宅の損害額が、その建物の時価3%以上20%未満となった場合、または床上浸水もしくは地盤面より45cm を超える浸水を受け、半損までにならない場合)

 

地震補償の範囲は家財の全壊、半壊、一部損害で変わります。

  • 損害額が家財の時価の80%以上の場合⇒保険金額の100%(時価が限度)が支払われます。
  • 損害額が家財の時価の30%以上〜80%未満の場合⇒保険金額の50%(時価が限度)が支払われます。
  • 損害額が家財の時価の10%以上〜30%未満の場合⇒保険金額の5%(時価が限度)が支払われます。

また、最初の地震発生日から3日(72時間)以内であれば、何度余震が起きても1回の地震と見なされます。

 

つまり、最初の地震で半損となり、3日以内の余震で全損した場合は全損としての扱いで保険金が支払われます。

 

・年金保険手続き目次へ行く

災害の補償範囲や加入手続きページ

 


1位災害の補償範囲や加入
Topics Topics Topics
 

災害の補償範囲や加入 災害の補償範囲や加入地震保険と同時に考えたいのがその他保険や資産運用です。知識が豊富な家計のプロあなたにとっての幸せな生活を送るための人生設計を多角的にアドバイスしてくれたらどうですか?生命保険ドットコムの保険商品に偏ることなく幅広い保険やライフプランを提案し保障が足りないまたは多すぎるなどの問題点を気軽に相談できるのは嬉しい所でしょう。保障の組み合わせプランなど、プロの視点を一度参考にしてみては。

 
  HP 無料保険相談 参考ページへ行く www.hokennomadoguchi.com医療保険ほけんの窓口  
Topics

ココがPOINT
災害の補償範囲や加入手続きポイント

地震保険は国と損害保険会社が協力してリスクを負担する保険となっています。原則として保険会社が違っても補償内容は同じとなっています。しかし地震保険も自由化の対象商品になり、地震保険の補償を手厚くする保険会社も出てきました。補償を手厚くしたい方はそのような特約を考えると良いでしょう。
スポンサード リンク

手続きポイント
災害の補償範囲や加入手続きポイント下部