TOP > 年金・保険 > 火災保険加入の手続き

 
火災保険加入の注意法
加入の注意法
.
手続き 手続き
  マイホームを手に入れたり、アパート、マンションに住んだ時の火災保険加入は無頓着に加入している人は少なくないのではないでしょうか? 火災保険は、一見複雑に見えますが、実はそれほど難しくはありません。賢い保険の加入のための火災保険を見直すために、それぞれのケースに合わせた必要な手続きをきちんと理解しておきましょう。
手続き 手続き
.
思わぬ火災にの手続き方法 目的に合わせた火災保険の必要性  

.
思わぬ火災にの手続き方法
思わぬ火災に

火災保険加入の手続き

火災保険は、火災によって生じる損害はもちろんですが、契約の内容によっては地震や落雷、台風、雪、盗難、車両の衝突などの損害保険が付属するものもあります。

※火災が起きた時の消防活動、消火作業のために行った注水での水濡れ損害、延焼防止のための破壊活動や、消防避難などの際に生じた破損、汚損も火災による損害となりますので覚えておきましょう。

 

・注意!一般的な火災保険は、地震が原因による火災は対象外になっています。

もし、地震が原因による火災にも対応したい場合は、火災保険と地震保険を合わせて加入する必要があります。

その他にも、風・水・雪害といって、風や洪水や雪といった自然現象で家を損害または失ってしまった場合など補償の対象にならないケースも存在します。

その為の地震、台風、水害など自然災害、日常災害の補償組み合わせも多く存在しています。

 
一般的には以下の4種類、目的に別けられるのが一般的です。
  • 住宅物件
 住居のみに使用される建物
  • 一般物件
 住宅・工場・倉庫物件以外のすべての建物
  • 工場物件
 一定規模以上の工場作業所・事務所・屋外設備
  • 倉庫物件
 倉庫業者の倉庫建物保管貨物

 

トップヘ戻る


目的に合わせた火災保険の必要性

思わぬ火災に

目的に合わせた火災保険

コーポ、アパート、マンション住まいの方の保険

  • 入居者ご自身の家財再購入費用や修理費用の保険
  • 借り部屋に損害をあたえてしまった場合の大家への損害補償
  • 隣人への損害に対する補償
  • 自分の家財をベースに大家さんへの賠償責任、日常生活中の賠償責任、災害時の費用保険を選びましょう。賃貸期間に合わせて保険期間を設定するのが一般的です。

 

団地やマンションにお住まいの方の保険

  • 団地保険とは、専有部分と家財に基本補償を付けます。
  • 民間のマンションや公団などの耐震構造で造られた、共同住宅の建物や家財を補償する保険で、一般的に割安な保険料になっています。

 

新築にお住まいの方の保険

  • 住宅火災保険、住宅総合保険、新型火災保険の3種類の保険があります。
  • 住宅火災保険というのが、一般的に言われる火災保険のことで、火災の他に落雷や風、ひょうや雪などによる被害が対象となっています。
  • これに、家財の損害や水漏れなどが、補償される特約がついているのが住宅総合保険です。

 

地震保険を同時加入したい方の保険

  • 住居専用の建物、家財なら保険金額の50%まで地震保険をつけることが出来ます。事業用物件の場合は、お住まいの地域によって加入を制限されている場合があります。
  • 地震保険は火災保険に付帯するものが一般的であり、地震保険に加入するためには火災保険に入る必要があります。
  • ※地震保険のみの保険は現在ありません。
  • 地震保険の補償限度額は「建物5000万円まで、家財1000万円まで」国と民間が協力して設定しているものであり、保障内容は一律である事を覚えておkましょう。

 

お店の火災保険を加入したい方の保険

  • 店舗の業種や経営によって保険種類、保険料が違います。
  • また建物の構造や外壁、屋根、建材などの職種によっても保険料クラスが決まるのが一般的です。
  • 店舗用の火災保険は基本的に火災に対する補償をカバーする保険で、商品や設備の補償は追加補償として追加していきます。

 

空き巣や泥棒対策に加入する方の保険

  • 現金やキャッシュカードなどの財産盗難、家電製品の盗難・破損は家財保険が対象です。
  • 総合補償タイプの保険を選ぶと良いでしょう。

 

貯蓄型火災保険に加入する方の保険

  • 積立型の火災保険を選ぶと良いでしょう。毎年掛け捨てするよりも補償保険料は安くお得な保険といえます。

地震保険の加入の手続きは手続きネット内の地震保険加入の方法を参考にして下さい。

 

手続きページ

1位口コミ
Topics Topics Topics
 

思わぬ火災に

「家計のプロ」ファイナンシャルプランナー
ファイナンシャルプランナー(FP) とは火災保険加入や資産運用の知識が豊富な家計のプロです。
もしも、あなたがFPにお願いするとしたらどこに頼めば良いのか考えた事があるでしょうか。

火災保険見直しは当然ですが、1社の火災保険商品に偏ることなく幅広い保険やライフプランをご提案します。
保障が足りないまたは多すぎるなどの問題点を気軽に相談できるのは嬉しい所でしょう。

 
  HP  生命保険ドットコム http://www.seimeihoken.com/  
Topics

ココがPOINT
手続きポイント

地震保険は地震や、噴火、津波等により発生した損害を補償しますが、これは火災保険では補償できません。
地震保険から保険金が支払われる時は、火災保険が支払われませんし、反対に火災保険金が支払われる場合は、地震保険からはお支払いは有りませんので補足として覚えておきましょう。
スポンサード リンク

手続きポイント
手続きポイント下部

年金・保険のカテゴリ


・年金関係
年金
厚生年金加入 定年退職後の年金 退職の年金 退職
・保険関係
保険
国民健康保険 介護保険 生命保険 終身保険 学資保険火災保険 地震保険 地震
・仕事の保険
仕事
労災保険 労災保険の請求 使用労災手続き 労災
・医療費
医療
医療費控除 その他の助成など
・その他 その他の助成など
老人クラブ助成金