TOP > 仕事 >NPO助成金の手続き > 仕事の目次へ

 
必要な資金を助けて貰えるNPO制度
必要な資金を助けて貰えるNPO制度手続き
必要な資金を助けて貰える制度手続き 必要な資金を助けて貰えるNPO制度手続き
 

NPO助成金とは、どの様な助成金?社会の為に貢献する特定に定められた活動を行うNPOのための助成金です。ここでNPO助成金の手続きをシッカリ勉強していきましょう。

必要な資金を助けて貰えるNPO制度手続き 必要な資金を助けて貰える制度手続き
.
必要な資金を助けて貰えるNPO制度 NPO助成金や支援
NPO助成金申請と設立  
 

.
必要な資金を助けて貰える制度
必要な資金を助けて貰える制度

NPO助成金とは

 

NPOの概要

NPOとは、簡単に言えば非営利団体や組織団体ということです。

非営利なので、営利を目的としていません。

つまり、NPOは利益分配は出来ない団体のことです。

 

社会の活動において、ボランティア活動や福祉や教育そして環境や文化、国際協力など、様々な分野で社会に貢献する活動を行うことを目的にすること。

また団体の中には、法人格を持たず活動している場合もありますが、公共機関を利用する場合に、団体名で開設など行うことができないので注意が必要です。

 

  • つまり、法人名で登記を済ませてNPO法人になる必要があります。

法人名での、社会活動や社会実績を積み上げることで、益々社会からの信用を獲得し、その名を大きくすることができます。

NPO法人のメリット・免除や助成

  • 印紙税減免
  • 公的施設の利用料の減免
  • 会費減免
  • 寄付金減免
  • 助成金
  • 補助金

上記の様な助成金や補助金が、支援を受ける事ができるのです。

 

・仕事手続き目次へ行く

必要な資金を助けて貰える制度手続きページ

 



NPO助成金や支援
必要な資金を助けて貰える制度

NPO助成金や支援金

 

 

助成金や支援資金の活動

  • 助成金
  • 補助金
  • 会費
  • 寄付金
  • 収益活動・事業収入

上記の様な資金集めが基本となっています。詳細は↓下記を参考にしてください。

 

  • 助成金
    • 特定の事業や活動をサポートするために提供されるを支援で、支援団体に申請した後、審査を受ける必要があります。申請した活動内容が決定され 認められた活動事業の遂行の支援として資金の提供がされます。

 

  • 補助金
    • NPOの公益活動に対して、一般的に国や地方自治体から交付されるのが補助金です。特定の事業の推進、公益の増進などの促進の活動に給付されます。補助金なので返金する必要が無い資金で、特定の事業に対して交付されます。

 

  • 会費
    • NPOは会員制の活動を行います。会員は企業や市民などで定期的な月額会費などを募って貰えますので、安定した資金源になります。多くの会員を集める事でより安定した収入源の一つになり使用使途も幅広くなるのです。

 

  • 寄付金
    • 定期的に入るものでは無いので不安定な収入になります。寄付金協力者から賛同を得る必要があるので内容や詳細など用途や活動の経過を公開する必要があります。また、特定の事業や活動などに決められた寄附金は使用使途が限られてきます。

 

  • 収益活動・事業収入
    • 本来あるべき事業活動を行う為に、資金調達を行う為の活動です。例えば物品の販売収入やサービスや労力提供による収入など、非営利法人だから利益を求める行為はいけないと言う原則はありません。

 

 

 

・仕事手続き目次へ行く

必要な資金を助けて貰える制度手続きページ

 




NPO助成金申請と設立
必要な資金を助けて貰える制度

NPO助成金申請と設立

 

 

 

NPO法人の設立計画期間

NPO法人設立は、法人会社設立と同じだろなどと、比べてはいけません。

法人の会社設立の様な感覚でいたら準備と申請の間にあまりにも大変さに諦めてしまいます。

 

つまり、非常に手間と時間がかかると言う事ですね。

  • つまり、申請してから決定事項する要項が非常に多い事。
  • 書類作成を行う書類の量の多さ。

その他の準備

  1. 設立認証
  2. 登記手続
  3. NPO法人書類

 

計画の提出から設立期間

  • 計画開始日から、通常一般の人(無知識)がNPO法人を設立するには数か月間は必要。
  • 法務などのプロに依頼する場合は1ヵ月くらいです。

 

NPO法人設立提出先

事業所管轄の法務局になります。

 

 

NPOの助成金の申請要件

  • NPO法人格であること

申請の提出書類

  • 企画書
  • 活動歴
  • 事業収支予算書
  • NPOの貸借対照表
  • 収支決算書の書類

上記の提出義務があること。

 

助成金の目的意識

  • 助成金を申請理由
  • 助成金を申請目的
  • 助成金を申請する事業の重要性
  • 事業の将来性
  • 事業の継続性

上記の目的意識を明確にし、助成金の申請をする必要があります。

 

NPOの助成金申請

NPOの助成金の申請は狭き門となりつつあるのです。NPOを立ち上げる法人も多くなる一方で助成金を提供する方は減少していると言うのが実情でしょう。

助成金の提供者は、活動実績や信頼を勝ち取るNPOの実績が高く評価され助成対象となっていますし、また申請するNPO法人も、活動内容や企画に沿った助成金を探し申請をし続けると言う事になっています。

 

 

・仕事手続き目次へ行く

必要な資金を助けて貰える制度手続きページ

 



ココがPOINT
ココがPOINT

NPO助成金の給付は、NPO法人にとって避けては通れない大切な助成金ですね。しかしその助成金申請に困難をきたす事態になっているのも事実です。ただ、そうは言っても助成金の給付側も目的に沿ったNPO法人には提供したいと言うのが本音です。つまり助成金を提供される計画づくりが大事になることを頭に入れて置いてください。
スポンサード リンク

ココがPOINT
ココがPOINT