TOP > 仕事 >小規模事業者持続化補助金の手続き > 仕事の目次へ

 
会社を持続させる為の小規模事業者持続化の手続き
会社を持続させる為の小規模事業者持続化の手続き
会社を持続させる為の小規模事業者持続化の手続き 会社を持続させる為の小規模事業者持続化の手続き
 

小規模事業者持続化補助金とは、どの様な助成金?会社経営の向上を目的とした事業主の補助金制度です。ここで小規模事業者持続化補助金の手続きをシッカリ理解していきましょう。

会社を持続させる為の小規模事業者持続化の補助金の手続き 会社を持続させる為の小規模持続化の手続き
.
小規模事業者持続化補助金とは 小規模事業者持続化補助金の申請方法
小規模事業者持続化補助金の対象と金額  
 

.
小規模事業者持続化補助金とは
会社を持続させる為の小規模事業者の手続き

小規模事業者持続化補助金とは

 

 

補助金の概要

事業を行う上で必要となるのが、販路などの開拓に取り組む為の費用ですね。

例えば、チラシ作成の費用であったり、または商談会などへ参加するための運賃など、経費は馬鹿になりませんね。

その様な、資金は会社には持ち合わせが無いが、どうしたら良い。

つまり

  • その様な事業主が販路開拓のために、チラシ作成やポスティング、ホームページ制作の他、お店のバリアフリーや店舗改修など、幅広い用途に活用できるのが、小規模事業者持続化補助金なのです。

 

小規模事業者持続化補助金の新規補助金申請率

新規で申込む補助金の申請者は75%にもなります。

補助金を申請した事業主の使用割合

  1. 「チラシやカタログなどの作成・配布」の方が約40%
  2. 「ホームページの作成・改良」
  3. 「設備などの導入」
  4. 「店舗の改装・改修など」

上記に掲載した使用目的となっています。

 

 

・仕事手続き目次へ行く

会社を持続させる為の小規模事業者の補助金の手続きページ

 



小規模事業者持続化補助金の申請方法
会社を持続させる為の小規模事業者持続化の補助金の手続き

小規模事業者持続化補助金の申請方法

 

 

申請の仕方

経営計画書

  • 商工会議所の経営指導員と「経営計画書」を作成する。

 

商工会議所の経営指導員と一緒に作成するのです。

経営計画書を作成する

  • 今までの事業を見直し
  • 計画的な経営
  • どんぶり勘定の見直し
  • 棚卸など在庫の見直しなど

この補助金の目的は、今までの事業を見直す事ができる。

また、これまで経営上の細かい数字など一切把握せず、経営を続けてきた事業主の方も多くいます。

つまり、どんぶり勘定で、その場しのぎ経営の事業主です。


その様な方が補助金の申請をきっかけに、経営計画を作成する事で経費削減方法や経営の新たな仕方などが理解できるのです。


何もしてこなかった事業主には逆に大きな強みとなって返って来るのです。

事業主にとって経費削減が出来る事は、経営上の利益にダイレクトに繋がるのです。

また、補助金申請の為の計画書づくりは、上記に述べたように、商工会議所の職員も一緒に計画を考えて貰えます。

つまり、補助金申請でつまづく事が無く、申請が出来ると言う事です。

 

 

・仕事手続き目次へ行く

会社を持続させる為の小規模事業者持続化の補助金の手続きページ

 




小規模事業者持続化補助金の対象と金額
会社を持続させる為の小規模事業者持続化の補助金の手続き

小規模事業者持続化補助金の対象と金額

 

 

補助金の対象者

  • 製造業その他の業種に属する事業を主たる事業主
  • 個人事業主
  • 法人事業主
  • 常時使用する従業員の数が20人以下
  • 卸売業、小売業、サービス業(※宿泊業・娯楽業を除く)に属する事業主は従業員の数が5人以下

 

 

小規模事業者持続化補助金の額

補助率 補助対象経費の3分の2以内
補助上限額 50万円。
100万円(雇用増加、処遇改善、買い物弱者対策)。
500万円(連携する小規模事業者数による)。
  • 50万円→販路開拓であれば取り組み内容を問わず、補助上限額は50万円。
  • 100万円→雇用の増加や従業員の処遇改善を目的とする事業主、または、移動販売などによる買い物弱者対策を行う事業主。(商品を届けるために使う軽トラックやバイクの購入費用など)
  • 500万円→複数の事業者が連携して販路開拓に取り組む共同事業社に、上限額500万円を補助。共同事業への参加が1事業者増える事に補助上限額が(50万円又は100万円)

 

公募期間

  • 第1次受付締切
  • 毎年2月下旬ごろ〜3月下旬ごろまで
  • 第2次受付締切
  • 毎年2月下旬ごろ〜5月下旬ごろまで

 

補助金問い合わせ

全国商工会連合会になります。

 

・仕事手続き目次へ行く

会社を持続させる為の小規模事業者持続化の補助金の手続きページ

 



ココがPOINT
ココがPOINT

販路拡大やお客様の流れなどを構築する事は向上を目指す事業主にとって必須項目でもあり大事な肝の部分でもあります。小規模事業者持続化補助金は、そんな事業主の手助けとなる制度です。発展や向上を目指す支援金として支給されるので、積極的に取り入れる事を頭に入れて置いてください。
スポンサード リンク

ココがPOINT
ココがPOINT