TOP > 仕事 > 宅地建物取引主任者の手続き > 仕事の目次へ

 
宅地建物の取引主任者が必ず必要になる不動産に関して宅地建物取引主任者の手続き
不動産に関して宅地建物取引主任者の手続き
不動産に関して宅地建物取引主任者の手続き 不動産に関して宅地建物取引主任者の手続き
  国家試験の中で最大規模の資格試験です。受験者数は増加し毎年20万人弱を数える。不動産景気のバロメーターとの見方もあります。試験会場は全都道府県に置いている総数は197会場にもなります。宅建に興味がある場合は、この機会に宅建の仕組みを勉強しておきましょう。
不動産に関して宅地建物取引主任者の手続き 不動産に関して宅地建物取引主任者の手続き
.
宅建取引主任者の業務と役割 宅建の受験日や受験方法
宅建の合格後の就職方法
 
.

宅建取引主任者の業務と役割
宅地建物の取引主任者が必ず必要になる不動産に関して宅地建物取引主任者の手続き

・宅建取引主任者とは

 

宅建取引主任者の業務と役割

宅地建物取引主任者とは、不動産に関してのあらゆる知識を網羅しなければならない資格で、不動産業にとってはなくてはならないスキルであり資格です。

 

不動産業務に関して言えばこのスキルさえあれば、特に優遇されることもあり、是非とも取っておきたい資格でもあります。

 

では、実際の宅地建物取引主任者の役割とはどういったものなのでしょうか。

特に、土地・建物の売買契約の時や賃借時に、重要事項を説明することなどが主な業務です。重要事項は35条書面とも言います。

 

不動産売買に関しては、法律などを交えた書面への購入者の理解が必要なのです。

ですから、一定以上の不動産に関する知識を持った資格者が説明し、購入者がちゃんと理解・承諾したうえでの売買契約が望ましいのです。

 

  • 宅地建物取引主任者は
  • この書面を、購入者の前で読み上げ、その紙面に書かれた条項の意味を具体的に説明し責任の所在を明らかにして、署名・捺印をします。
  • 取引主任者の資格は国家試験により定められます。

 

また、資格修得には条件があり、宅建試験に合格後、実務経験が2年以上必要です。

 

ただ、実務経験がなくても、登録実務講習をすることで、免除となります。

この講習には通信講座や、終了試験などがあります。

 

  • また、この免許には有効期限があり、5年と決められています。
  • 5年後には、法廷講習が行われ、それを受けなければなりません。

 

これらのいろいろな条件をクリアして、やっとこの資格を手に入れることができるのです。

また、自分で起業する場合にも、有効な資格でもあります。このスキルのメリットは女性でも資格を取れることです。

 

最近は、女性が宅地建物取引主任者の講習を受けたり、独自に学んだりする例も増えているようです。

 

また、ご自分で不動産業を企業しようと思われる場合でも、一番必要な資格でもあります。

つまり、会社を設立する前に、この資格を習得する人も多くいます。

 

  • この資格をとるためには、専門の学校や通信講座を受けることが早道です。
  • 参考書もたくさん出ていますが、それよりは専門的な学び方をされたほうが早く習得することができます。

 

  • 資格の学校や通信講座を探すためにはネットなどの情報を調べてみることです。
  • 中には、無料の体験コースなどもありますので、自分に合った学習ができるのかどうか確かめることもできます。
    • また、日程など都合のよい時を選べるコースもあります。

 

このように、女性や男性を問わず取れる資格のひとつですが、スキルを持つことで、さらにステップアップしたいものです。

 

・仕事手続き目次へ行く

宅地建物の取引主任者が必ず必要になる不動産に関して宅地建物取引主任者の手続きページ

 



宅建の受験日や受験方法不動産に関して宅地建物取引主任者の手続き
宅建手続き宅地建物の取引主任者が必ず必要になる不動産に関して宅地建物取引主任者の手続き

・宅建の受験日や受験方法

 

宅建は正式名称を宅地建物取引主任者といい、宅地建物取引業法によって定められている国家資格です。

それも受験者数は20万人を超える、国内最大規模の国家資格と言ってよいほどです。

宅建の受験日は年1回、10月第3日曜日実施なのが通例です。

 

合格発表は

通例受験日の45日後なので、日付は毎年変動しますが概ね11月の最終週から12月の初週の水曜日に該当します。

 

宅建の受験方法については毎年官報で実施の公告が行われ、それによって受験申し込み書の受付期間や受付方法、受験手数料などが判明します。

  • それに基いて、宅建の試験申し込みを行う必要があります。

以前は受験申込書の提出は郵送だけだったのですが、最近ではインターネットを通じて試験の申し込みができるようになっています。

ただし、インターネットを利用した申し込みの場合には、受付期間の期日が郵送よりも先に締め切られるため、勘違いによって受験できなくなることのないように注意が必要です。

 

宅建受験申込書の受付期間は例年7月上旬から始まるので、受付が開始されたら早い段階で受験申込書の提出を済ませておくべきです。

また、宅建試験の実施については、財団法人不動産適正取引推進機構に委託されています。

  • 国家資格だからといって、国の機関が試験まで実施するわけではありません。

 

試験会場については、すべての都道府県に用意されているため、受験のために他県まで足を伸ばす必要はありません。

このあたりは受験者数が他の資格試験よりも多いという宅建の特徴と関係があるようです。

 

試験会場は住んでいる都道府県によって指定されるので、県境に住んでいる人はむしろ遠方の試験会場に配置される可能性もありますが、多くの場合は他の資格試験よりもアクセスしやすい会場が用意されていると思われます。

 

宅建試験の受験資格については、性別や学歴はおろか年齢や国籍の制限もありません。

したがって、義務教育中の学生であっても資格試験を受検することは可能です。

ただし、実際に宅地建物取引主任者として登録するためには実務経験が2年以上必要とされているため、義務教育中の学生が試験に合格して資格を取得したとしても、すぐに登録することは事実上困難です。

 

宅建の試験内容については、宅地建物取引業法施行規則によって定められており、宅建の受験希望者はそれらの範囲を勉強しておく必要があります。

  • 試験形式はマークシート記入方式で、合格点数は30点台半ばで推移しています。
  • 合格率は概ね16%前後となっています。

 

受験者の母数が多いために合格者の絶対数こそ多く見えますが、資格試験の合格率としてはむしろ低い部類に入ります。

 

・仕事手続き目次へ行く

宅地建物の取引主任者が必ず必要になる不動産に関して宅地建物取引主任者の手続きページ

 



宅建の合格後の就職方法不動産に関して宅地建物取引主任者の手続き
宅地建物の取引主任者が必ず必要になる不動産に関して宅地建物取引主任者の手続き

知っておきたい宅建の手続き

 

・宅建の合格後の就職方法

不動産関係の仕事に就くうえで非常に有利になる宅建の資格ですが、このような宅建試験を受けて仕事に有効活用するためには、不動産関係の職業に就職して働かなければなりません。

 

  • そのような宅建の合格後の就職方法については
  • 宅建試験を受けた人の中で宅建に合格して不動産関係の会社や職業などに就職した人達の話を聞くことが、就職の方法についての情報を知る上でもっとも有効的な手段です。
  • しかし、そのような人材が身近に存在すると言う状況はそうそう多くはありません。
  • つまり、宅建の試験の合格後に不動産関係の職業への就職を幅広く探し計画的に就職方法を探さなければなりません。
  • 宅建の合格後の方が、むしろ困難かもしれません。

 

そのような場合に有効活用できる方法としては、インターネットなどでそのような宅建の資格を有効活用して不動産関係のお仕事に就職する為の、さまざまな方法に関する情報を収集するという方法があります。

 

このような方法は最近ではインターネット上にさまざまな有益な情報が存在しているので、その情報の中から不動産関係に就職するために有利になる情報を多く探し、就職時に活用することが重要なポイントとなっていきます。

この重要なポイントとなる情報は、最近では宅建資格の情報サイトなどが増え始めているため、そのような宅建の資格に関する情報を取り扱っているサイトから情報収集するという方法も、現代の多様化した就職状況に合致した不動産関係の職業の探し方であると言えるのです。

 

また、不動産関係のお仕事に関するさまざまな職業に転職する際

  • 宅建の資格をはじめとする不動産関係や建築関係の資格やスキルと言うものはとても有利に働きます。
  • つまり、このような宅建の資格をあらかじめ習得しておくことによって、不動産関係のお仕事に関係する職業への就職転職に関する活動がスムーズに効率的に進んでいくのです。

 

これからの日本社会においては、不動産関係や建設関係の業界が更に潤っていくと予想されている。

つまり、不動産関係や建設関係の業界への就職は、これからの日本の未来において、最も期待のされている職種一つなのです。

  • 不動産関係や建設関係の職業に就職する際に有利になるためにも
  • 宅建の合格後の就職方法も予め知っておく必要性があります。

 

・仕事手続き目次へ行く
宅地建物の取引主任者が必ず必要になる不動産に関して宅地建物取引主任者の手続き
 
宅地建物の取引主任者が必ず必要になる不動産に関して宅地建物取引主任者の手続きページ

 



Topics Topics Topics
 

宅建合格率を上げる為に。

 
  HP アビバの宅建講座 参考ページへ行く aviva.co.jp/宅地建物の取引主任者が必ず必要になる不動産に関して宅地建物取引主任者の手続き  
Topics

 



ココがPOINT
ココがPOINT

宅建資格は不動産業界への就転職に有利な切り札であるのは間違いない。取得できれば大変心強い資格になります。ただ試験範囲が広く法律問題も多いので、初学者はなかなか大変なものです。また、この資格を持っている方は、ファイナンシャルプランナーやマンション管理士、行政書士などを狙っている受験者も多く、宅建は、国家資格では人気の資格でもありますので、まずはここから受験する人も多くいます。 不動産という特殊なジャンルを扱うからこその優位性を活かし、さまざまな企業で活躍できる、それが宅地建物取引主任者の資格なのです。
スポンサード リンク

ココがPOINT
ココがPOINT