TOP > 仕事 > 有給休暇の買取り手続き > 仕事の目次へ

 
自分の公休日の手続き
自分の公休日の買取り手続き
自分の公休日の買取り手続き 自分の公休日の買取り手続き
  有給休暇は、買い取って貰えるものなの?また買取りは義務化されているのか?働く労働者に与えられる有給を消化出来ない場合はどうしたら良いかなど。ここで有給休暇の買取り手続きについてシッカリ理解しておきましょう。
自分の公休日の買取り手続き 自分の公休日の買取り手続き
.
自分の公休日の買取り手続きとは 自分の公休日の買取り手続き定義
退職時の自分の公休日のの買取りは?
 
.

自分の公休日の買取り手続きとは
自分の公休日の買取り手続き

有給休暇の買取りとは

 

 

会社が有給を買い取る

有給とは、簡単に言えば会社を休む際に、会社に有給申請する事で、その休んだ日の日給が支給されると言うものです。

  • 有給休暇は、労働者が会社に勤務してから勤続期間が規定以上に達した場合に休暇が与えられる。

つまり、労働者に与えられた権利です。

 

有給休暇は法律

  • 会社既定の就業規則の有給条件に目を通す事
  • 有給休暇は法律で定められている労働者が取得できる義務です

 

 

有給休暇の余り

有給休暇が余ってしまったけど、何か良い対策は無いのか?など考えている方々は非常に多いと思います。

そもそも有給休暇を買い取って貰う事は可能なのか?では買い取って貰うにはどの様にすると良いのか?

 

  • また、会社は有給休暇をどの様に対応して貰えるのか?
  • そして、その有給休暇の買取りの方法はどの様なものか?など

 

注意

有給休暇の適用期間

  • 有給休暇は時効が有る
  • 有休休暇は、2年で権利が消滅し時効になる

有給休暇に時効があると言う事を知らない人も多くいます。

  • 労働者に与えられた権利です。

有効に活用し消化する事をお勧めします。

 

・仕事手続き目次へ行く

自分の公休日の買取り手続きページ

 



自分の公休日の手続き定義
自分の公休日の買取り手続き

有給休暇の買取り定義

 

 

有給休暇義務

会社はある一定の要件を満たす労働者に有給休暇を与える義務があり、与えなければいけません。

有給休暇の買取り義務

有給休暇を労働者に与える事が義務なら、有給休暇に労働者を働かせてはいけない。

  1. 有給休暇に賃金支払いをする替わりに働いて貰う事は違法です
  2. 有給休暇の買取りの義務は会社には無いのです

つまり、

労働者が有給休暇の取得願いを申し出た場合

会社は、休暇を与えず、その分のお金を労働者に支払い解決する行為は違法になります。

 

有給休暇の買取りの要件は存在しない

つまり、会社には労働者の消化しきれない有給休暇に対する買取り義務は存在しないと言う事です。

また、会社が買い上げの要求する事は違法になると言う事です。

 

 

・仕事手続き目次へ行く

自分の公休日の手続きページ

 



退職時の自分の公休日は?
自分の公休日の買取り手続き

退職時の有給休暇の買取りは?

 

 

・有給の消化お願い

有給休暇は労働者に与えられた権利ですから会社はその要求に応じなければなりません。

 

退職時の有給休暇の残日数30日の場合

例えば

手続き続男さんが、退職する時に30日分の有給休暇が残っている場合

また、3月末日で退職を希望

  • 例え1
    1. 3月末日で30日分の有給休暇の買取りを要求
    2. 日給1万円X30日分=30万円を要求
    3. 会社は買取り義務は無いので応じる必要は無い
  • 例え2
    1. 3月末日で30日分の有給休暇の消化を要求
    2. 会社には出勤せずに、実質4月まで会社在籍となり
    3. 30日分の消化後に退職となる
    4. 会社は有給休暇の義務があり応じなければ違法となる

つまり、労働者が有給休暇の買取り要求する場合は、有給休暇をお金で解決する事にシフトするのではなく、有給休暇を消化しその日数分の対価を会社に要求する様に目を向ける事が良いでしょう。

つまり、会社もその消化要求に応じない場合は違法と言う事になってしまうので、当然労働者の要求が認められるのです。

 

有給休暇の買取りと消化

実際に、有給休暇の買取りは出来ないが、消化させるのは良い。

つまり、有給休暇の消化も実際には買い取っているのと同じ事になりますね。

しかし、賃金で有給休暇と交換と言う事は原則としてダメと決められています。

 

有給休暇の消化期間

  • 会社に出勤しなくても良い
  • 有給消化日数分、会社在籍扱い
  • 有給消化期間に有効活用
  • 有給休暇は最大で、多い方は40日にもなるのです
    • もしも、転職を希望の場合は有給休暇消化期間に迅速に行動する
    • 有給休暇消化期間に会社勤務時には出来なかった事を行う

 

上記の様に、有給の消化期間を、どの様な目的に使用するかは労働者の自由なのです。

 

 

・仕事手続き目次へ行く
 
自分の公休日の手続きページ

 



ココがPOINT
ココがPOINT

有給休暇の買取り義務は会社には無いですが、労働者の有給休暇の消化要求には応じる義務が会社にはあります。労働者が当たり前に主張できる権利でもありますので、心配などせずに会社に有給消化の申請をしてみましょう。
スポンサード リンク

ココがPOINT
ココがPOINT