TOP > 仕事 > 有給休暇の繰越手続き > 仕事の目次へ

 
自分の公休日を先延ばしする手続き
自分の公休日を先延ばしする手続き
自分の公休日を先延ばしする手続き 自分の公休日を先延ばしする手続き
  有給休暇を繰越して貰う時とは?有給休暇の繰越は当たり前のことなのか?働く労働者は繰越した有給を取得する事が出来るの?など。ここで有給休暇繰越の手続きについてシッカリ理解しておきましょう。
自分の公休日を先延ばしする手続き 自分の公休日を先延ばしする手続き
.
自分の公休日を先延ばしする手続きとは 自分の年次公休日を先延ばしする手続きの義務
自分の公休日を先延ばしする手続きの消化順番?
 
.

自分の公休日を先延ばしする手続きとは
自分の公休日を先延ばしする手続き

有給休暇繰越とは

 

 

有給休暇を取得する

有給とは、簡単に言えば会社を休む際に、会社に有給申請する事で、その休んだ日の日給が支給されると言うものです。

 

有給休暇を取得しない場合

  • 年次有給休暇と言うのは、労働者与えられる当たり前の有給休暇です。

では、その当たり前である有給休暇を取得しなかった場合はどうなるのか?

 

まず、覚えて貰いたい事

有給休暇は法律

  • 有給休暇は法律で定められている労働者が取得できる義務です

つまり、当たり前に取得できる有給ですが、取得していない労働者が多くいると言うのも現実なのです。

 

では、消化しきれていない有給休暇は

そもそも、有給休暇は繰越して消化して良いのか?

答えから言えば、有給休暇は繰越せるのです。

  • つまり、消化しきれずに余っている有給休暇を翌月もしくは必要な時に、まとめてでも刻みでも取得する事が出来ます。

 

会社の就業規則

もしも、就業規則などに、有給休暇の記載が無い場合は、必ず会社に問合せしてくださいね。

納得のいくような回答を得ることが大事です。

これは、後にトラブルにならない様にする為の事前対策でもありますからね。

 

 

・仕事手続き目次へ行く

自分の公休日を先延ばしする手続きページ

 



自分の年次公休日を先延ばしする手続きの義務
自分の公休日を先延ばしする手続き

年次有給休暇の繰越の義務

 

 

有給休暇の権限

有給休暇は労働者に与えられた権利です。

 

会社の就業規則の要項

会社の就業規則に有給休暇の繰越の事項も明記されています。

  • その事項に、繰越は労働者の都合の為、認めない。

などと記載があったら、もし、この上記の様な記載事項があったらどうしたら良いか?

 

有給休暇の繰越要件

有給休暇の繰越の要件は法律で決められています。

  1. 会社に勤務し始めてから6年6ヶ月以上経過すると最大で20日
  2. また、その有給休暇は2年間の有効が認められる

つまり、繰越は2年間まで与えられた権利として会社に申請できるのです。

 

有給休暇の繰越に応じない

有給休暇の繰越に応じて貰えない会社は

  • 労働基準法に違反しているので無効となります。

つまり、労働者の権利が守られているので、有給休暇が与えられるのです。

 

 

・仕事手続き目次へ行く

自分の公休日を先延ばしする手続きページ

 



自分の公休日を先延ばしする手続きの消化順番?
自分の公休日を先延ばしする手続き

有給休暇の繰越の消化順番?

 

 

 

有給休暇の繰越しの有効性

  • 有給休暇の繰越の有効は2年です。
  • つまり、有給の繰越の時効は2年と言う事になります。

有給休暇の繰越の消化順番は重要

例えば

手続き続男さん勤続10年(1年11ヶ月前の消化しきれていない有給がある場合)

  • 会社に繰越した有給取得、消化の申請をした。
  • 会社は承諾した。

重要ポイント

どの時の有給を消化するかが重要です。

  1. 例えば、1年11ヶ月前の有給から消化されるのであれば
  2. 有給は無駄なく消化されて行きますね。

しかし、

  1. 新しい有給から消化されてしまうと
  2. 1年11ヶ月前の有給分は2年で時効を迎え無駄(損)にする事になります。

では、有給休暇の繰越し消化の決まりなどは存在するのか?

 

・有給休暇の繰越消化順番の概要

労働基準法の有給の繰越消化順の概要

  • 実は、労働基準法には、繰越した有給休暇の消化順番の記載はありません。
  • つまり、会社既定の有給繰越しの規定に従って手続きを行う形となります。

 

会社既定の有給の繰越要項がある場合

  • 会社の就業規則に従って有給休暇繰越しの消化を進めます。

会社既定の有給の繰越要項が無い場合

  • 労働者が有給休暇繰越しの消化の順番を決めて良い事になっています。

 

会社の就業規則を確認

有給休暇の繰越についての規定を確認する事

もしも、就業規則に

  1. 繰越の消化は新しいものから消化する事
  2. 新しい有給休暇から随時消化して行くものとする

上記の様な記載がある場合は、古い有給休暇は消化しきれずに時効を次々と迎える羽目になります。

つまり、非常に勿体無い事になってしまうのです。

有給休暇が消化できないのは、お金と知りながら捨てている様なものと一緒です。

 

会社の承諾

基本的に有給休暇は労働者の権利で作られていますので、会社の承諾を求める必要は無いのです。

 

有給休暇の目的

  • 有給の目的
  • 有給の利用
  • 有給の活用
    • 有給は、あくまでも労働者が自由に使って良い休暇なのです。
    • 有給は静養の為にだけ使うなどと言うルールはありません。

 

つまり、有給をどの様に使うかは自由なので理由を会社に言う必要も本来ないのですよ。

 

会社の権限

また、会社は有給を取得させてあげてるなどと言う権限は無く、労働者に休暇の取得をさせ、更に賃金を支払う義務があるのです。

  • 労働者の有給休暇を想定した人員を完備する必要がある。
  • 労働者の有給休暇日に業務に支障がある場合は別日に変更を要求できる。
  • 有給休暇の変更日は迅速にかつ速やかに行う必要がある。

 

 

・仕事手続き目次へ行く
 
自分の公休日を先延ばしする手続きページ

 



ココがPOINT
ココがPOINT

有給休暇は知らずの間に溜まってしまった。という方も実際に少なくありません。有給は労働者が当たり前に主張できる権利休暇です。特別、繰越した有給だから取得はダメなどと言う事はありえません。あなたに与えられた有給休暇ですので、心配などせずに会社に有給繰越し消化申請してみましょう。
スポンサード リンク

ココがPOINT
ココがPOINT