TOP > 仕事 > 不当解雇時の手続き > 仕事の目次へ

 
不当に退職を求められた時の手続き
不当に退職を求められた時の手続き
不当に退職を求められた時の手続き 不当に退職を求められた時の手続き
  突然の解雇いったい何故?一方的に解雇通知書を渡され不当に扱われた時はどうするの?など。ここで不当に解雇退職を求められた時の手続きについてシッカリ理解しておきましょう。
不当に退職を求められた時の手続き 不当に退職を求められた時の手続き
.
不当に退職を求められた時の手続きとは 不当に退職を求められた時の慰謝料など請求方法
不当に退職を求められた時の訴え方法
 
.

不当に退職を求められた時の手続きとは
不当に退職を求められた時の手続き

不当解雇とは

 

 

解雇されるの?なぜ?

普段の日常生活、そして毎日の仕事をごく当たり前の様に遂行する中、突然の出来事が起こる。

そうです。

  • 会社の人事や上司に突然呼び出され解雇の宣告を受けてしまった。

または手渡された紙を見ると解雇通知書と書いてあった。

 

突然の解雇に驚くばかりですね。

 

解雇された事に納得できるなら、それで解決し終わりです。

※会社が従業員を解雇できる場合は必要に迫られている時です

  • 簡潔に言えば、従業員を雇っている能力が無い会社
  • つまり、このまま従業員を確保し続けると倒産する

上記の様うな会社しか認められていません。

 

それであっても

  • 解雇されたことに、納得など出来ない。
  • 本当に妥当なのか?
  • 不当解雇ではないのか?

では、突然に宣告された解雇にどの様に対応する。

 

理不尽な解雇なら許すことは出来ない。精神的な傷みを解決に導きたい。

  • 不当に扱われた処分であるなら訴える事は出来るの?

 

そうです。

もし、不当に扱われた理不尽な要求の処分であれば、慰謝料を請求する事ができます。

なぜ、慰謝料請求できる?

  • 会社は簡単に従業員を解雇出来ない様に法律で決まっているのです。
    • 解雇の適用に妥当性があるのか。
    • 解雇理由が解雇者に適用されるのか。

理由が当てはまらず、不当に行われたものであるなら、慰謝料請求する理由になるのです。

 

明らかに不当と思われる解雇理由

  • 女性の労働者に対する卑劣な解雇
  • 例えば、(結婚、妊娠、出産産休中)を理由に解雇された
  • 感情的な会社の理由で解雇された
  • 例えば、(怠慢、遅刻、欠勤、態度、顔つきなど)を理由に解雇された
  • 勤務の成績を理由で解雇された
  • パート、アルバイトは、いつでも解雇できるとの理由で解雇された

上記などの理由は完全なる違法解雇に当たるのです。

 

 

・仕事手続き目次へ行く

退職を求められた時の手続きページ

 




不当に退職を求められた時の慰謝料など請求方法
不当に退職を求められた時の手続き

不当解雇の慰謝料など請求方法

 

 

 

やはり、納得が出来ない、不当に扱われ人間不信や心の傷み精神的な苦痛を伴って苦しんでいる。

その代償として慰謝料を請求したいです。

 

訴える時に必要になる書類など

  • 証拠を集める事
  • 雇用契約
  • 就業規則
  • 賃金の規定、賞与や給与の明細
  • 解雇通知書
  • 解雇理由証明書
  • 解雇時のやり取りメモや録音

需要な書類

  • 解雇通知書は、会社が解雇の請求をしている証拠として大事です。
  • 解雇理由証明書は、不当に扱われたかを見抜く証拠として大事です。
  • 就業規則は、解雇理由に該当するのかを見抜く証拠として大事です。

 

慰謝料など請求の種類

  1. 慰謝料の請求
  2. 損害賠償の請求
  3. 職場への復帰を望む
  4. 生活できる手続きの上で退職

会社に請求する方法は4種類

 

1.慰謝料の請求

解雇された後、今までの未払い賃金や慰謝料の請求をする。

  • 不当な解雇の意思を伝えるものです。
  • 不当な扱いに賃金の支払いを求める。
  • 更に慰謝料を請求する。

当然、不当な処分をされたのですから、職場への復旧を求めるのです。

しかし、実際に職場に戻るのも気まずく、復旧は行わない方がほとんどなのです。

 

2.損害賠償の請求

解雇された後、損害賠償や慰謝料の請求をする。

  • 不当な処分による場合
  • 違法性がある解雇の場合

職場への復旧は行わず、徹底的に会社と争う場合に行います。

この場合は、全ての損害の請求が出来るのです。

 

3.職場への復帰を望む

  • 不当な処分の意思を伝えるものです。
  • 解雇理由証明書の交付を求める

また、内容証明郵便で会社へ通知する。

  1. 内容は、働き続ける意志があるんだ。と
  2. 書面に強調した文章にして通知すること。

※労働審判に、不当解雇、職場への復旧を申立る。

 

4.退職後に生活できる手続きの上で退職

  • 会社へ不当な解雇の意思を伝えるものです。
  • 前向き話し合いのもと、良条件での退職を求める

解雇予告手当の請求や退職金の金額交渉、解雇からの賃金支払い、有給の請求、失業保険の条件など。

※上記を交渉や話合いの上で良条件にして貰い、退職後の生活を安定させ次の職場を見つける。

 

 

・仕事手続き目次へ行く

退職を求められた時の手続きページ

 




不当に退職を求められた時の訴え方法
不当に退職を求められた時の手続き

不当解雇の訴え方法

 

 

・不当に扱われ解雇されたら起こす手続き

  1. 労働基準監督署に訴える
  2. 労働組合などに訴える
  3. 弁護士に訴える
  4. 労働審判を申し立てを行う
  5. 訴訟を起こす

 

1.労働基準監督署に訴える

労働基準監督署は、あくまでも相談員的な立場です。

  • つまり、全てが正しい判断をするとは限らないので、その点が要注意です。
  • 相談後の行動は慎重にすること。

 

2.労働組合などに訴える

労働組合は、あなたの代理で会社と交渉して貰えます。様々な事を相談すると良いでしょう。

  • ※会社に労働組合が無い場合は、個人的に入会できる労働組合に加入します。

 

3.弁護士に訴える

弁護士は相談してからの動き出しが非常に早いです。

  • もし依頼した場合は、業務のプロなので、不当な扱いを受けたとされる証拠から会社交渉までバンバン進めて行ってもらえます。

※相談だけでも、話しを聞いて答えを出して貰えます。

 

4.労働審判を申立てを行う

労働審判は、裁判の一歩手前の簡易的な機関です。

  • 会社と従業員の間を保ちつつ解決に導く機関なのです。
  • そこまで会社と争いたくは無いと考えている場合は、労働審判に申し立てる方が良いでしょう。
  • とくに、不当解雇の廃止、職場への復旧を望んでいる場合は労働審判が良いのです。

基本は、代理人(弁護士)をつけますが、自分だけでも申立て出来ます。

※労働審判でも解決しない場合は、訴訟を起こします。

 

5.訴訟を起こす

簡潔に問題を重要視して、解決をもとめるなら、訴訟を起こすと良いです。

  • 不当に扱われた解雇に損害賠償と慰謝料を請求するのです。
  • 基本は、自分だけでも訴訟申立て出来ますが、裁判は素人には難しいので弁護士に依頼します。

上記が、それぞれ解雇された後に行う訴えの手順と手続きです。

 

 

不当解雇の慰謝料

ごく、一般的な慰謝料として

  • 50万円〜
  • 100万円くらいとなっています

上記の様な慰謝料となりますが、時と場合により、更に高額になる場合もあります。

また、損害賠償の額も、事案によっては大きくその額が異なって来ると言う事になります。

 

 

・仕事手続き目次へ行く
失業手当の給付の条件
 
退職を求められた時の手続きページ

 



ココがPOINT
ココがPOINT

解雇されたら、突然の事に驚きますが、その後の生活もあり精神的に落ち込んでなどいられませんね。もし解雇されたら、そんな時こそ冷静に対処する事で良い結果が得られることも多くある事を頭に入れて置くこと。
スポンサード リンク

ココがPOINT
ココがPOINT