TOP > 仕事 > 解雇を求められた時の手続き > 仕事の目次へ

 
離職を求められた時の手続き
退職を求められた時の手続
退職を求められた時の手続き 離職を求められた時の手続き
  解雇(退職を求められた)時の手続き方法や会社に意見する仕方など。一方的に解雇通知書を渡された時はどうするの?など。ここで解雇退職を求められた時の手続きについてシッカリ理解しておきましょう。
退職を求められた時の手続き 離職を求められた時の手続き
.
退職を求められた時の解雇通知とは 解雇宣告や解雇通知書を受けたら
解雇通知後の対応と大事な行動
 
.

離職を求められた時の解雇通知とは
退職を求められた時の手続き

解雇通知とは

 

 

解雇される?

普段何気なく、毎日の日常そして仕事をして行くごく当たり前の中、突然の出来事。

そうです。

  • 会社の人事や上司に突然呼び出され解雇の宣告を受けてしまった。

または手渡された紙を見ると解雇通知書と書いてあった。

 

突然の出来事に頭が真っ白になり、その場では何も言えなかったし何も出来なかった。

そうですね。それがまさに解雇通知と言うものですね。

では、突然に宣告された解雇ですが、どうするの?

 

 

・仕事手続き目次へ行く

離職を求められた時の手続きページ

 




解雇宣告や解雇通知書を受けたら
退職を求められた時の手続き

解雇宣告や解雇通知書を受けたら

 

 

 

退職を進められた時の対処方法

  • もう一度、就業規則を確認する
  • 会社との解雇理由の内容などメモもしくは録音する
  • 会社の退職提案に納得できない場合は退職を拒否する
  • 会社の退職を進める理由に理解できない場合は退職を拒否する
  • 働き続けたいと伝える
  • 納得できない場合は退職願は提出しない
  • もしも退職関係の書類を提出した場合は取り消し請求する
  • 解雇理由の交付をお願いする

解雇を宣告された時

  • 大切な事は、解雇理由書の交付を会社に請求する事です。
  • 解雇理由書の請求は会社と争う前に宣告された後すぐに請求します。

 

就業規則の確認

  1. 解雇理由として、どの行動や行為が該当するのか。
  2. 解雇理由を書面で交付して貰う事。

会社と労働者の雇用問題は長引くケースも少なくありませんし、嫌な思いをする事も多くあります。

また、長引けば争いも発展しますし、解雇理由も後付けでバンバン出て来ます。

その様な事に怯まず、強い心で挑むことが大切になります。

 

  • また、解雇には正当な理由が必要になるのです。
    • 退職を進める会社側の提案には正当な理由が必要になるのですね。

 

退職の提案に納得できないときは、退職は嫌だと意思表示し退職するつもりはないと、ハッキリ伝えます。

 

会社との話し合いに挑む時

必ず、出て来る言葉

  • 言ったでしょ。
  • 言ったつもりは無い
  • そんなつもりで言ってるはずがない

上記の様なやり取りが続きますので、退職の理由などは、書面で請求する事が良いのです。

話し合う時は発言内容のメモや録音です。もしか、専門家に相談する時などに役に立ちます。

 

・仕事手続き目次へ行く

退職を求められた時の手続きページ

 




解雇通知後の対応と大事な行動
退職を求められた時の手続き

解雇通知後の対応と大事な行動

 

 

・解雇宣告を受けてからの行動が大事

会社は、なるべく早く、解雇に踏み切りたく急いでいます。

しかし、もしも継続雇用を望むなら、会社の動きに合わせてはいけませんよ。

 

つまり、会社は順序を立てて労働者が辞めやすい様にセッティングして来ます。

その流れに付き合ってはいけない、合わた行動をしてはいけないと言う事です。

例えば

  1. 職届届の提出
  2. 退職金の請求
  3. 退職に伴う行動など

上記の3つの行動は、完全に自分が会社を辞める前提で動いている行動ですね。この様な行動は会社の思うつぼなのです。

つまり、自分から積極的に退職をするような行動をしないと言う事。

 

解雇の問題となる点

  • 継続雇用
  • 退職金

上記の様な事が、解雇する会社、そして解雇される労働者が1番問題として取り上げる事です。

つまり、継続雇用か退職金のどちらかで問題が解決すると言う事にもなっています。

 

※注意

但し、上記でも掲載の様に、積極的な退職行動はNGダメと言いましたね。

例えば

  • 頭にきたり
  • 面倒くさい
  • もう嫌だ
  • こんな会社いたくない
  • 退職金貰って辞めてやる

この様に考えるのも無理はありません。

でも、退職金を貰って辞めてやる。にも自分から積極的に話を切り出してはいけない。

それも、退職行動の一つになるからです。

 

 

解雇宣告を口頭で言われた時の対応

もし、解雇宣告を直接口頭で言われた場合はどの様にすると良いでしょう。

会社は、みなさんも知っての通り、今までに何百人の労働者を相手に様々な交渉をしてきている。

  • いわば、交渉のプロなのですね。

そんなプロに個人的一人が中々太刀打ちできない!

  • それが現実で、会話の中で上手に退職の方向へ促されて行きます。

そして、ついには自分から退職したと言う事になるのです。

 

※会社が退職を促進することは罰にはならない。罰則規定は無いのです。

会社違反です。という方がいますが、別に退職を促進させても何の違反ともなりません。

 

なので、直接口頭で退職を伝えられた時には、とくに注意を。

  • うなずかない
  • 納得できないものにハイと言わない
  • 嫌なものは嫌とハッキリ言う
  • 分からないものは黙っている

上記の様にする事を守ってください。

 

その後

  • 言われた事を自分なりに勉強する
  • 専門家に相談する
  • 自分で解決する場合は出来る様に調べる

どちらにせよ、解決させていかなければならない問題ですね。

会社とどの様に向き合い解決するか、自分で決めなくてはいけませんよ。

但し、何度も言いますが自分からの退職する行動はダメですよ。

 

※補足

退職金が振り込まれてきた場合

こう言う場合は、厄介な問題です。そのお金を勝手に使う訳にもいきません。

対処の方法としては専門家に相談する事が早いですね。

 

 

・仕事手続き目次へ行く
退職を求められた時の手続き
 
退職を求められた時の手続きページ

 



ココがPOINT
ココがPOINT

退職を求められたら、突然の事に戸惑うのは当然ですし、精神的に落ち込んだあとに、今度は怒りが湧いてきます。しかし、そんな時こそ冷静にする事で最終的に良い結果が得られることも多くある事を頭に入れて置くこと。
スポンサード リンク

ココがPOINT
ココがPOINT