TOP > 仕事 > 解雇予告手当の手続き > 仕事の目次へ

 
会社を辞めてと言われた時の手当とは
会社を辞めてと言われた時の手当と手続
会社を辞めてと言われた時の手当と手続き 会社を辞めてと言われた時の手当と手続き
  解雇予告手当をご存知だろうか?会社は解雇の通知をするには事前に何日前までと言う決まりがあります。その決まりに沿った労働者対応する事が法的に義務付けられているなど。ここで解雇を求められた時の手続きについてシッカリ理解しておきましょう。
会社を辞めてと言われた時の手当と手続き 会社を辞めてと言われた時の手当と手続き
.
会社を辞めてと言われた時の手当とは 会社を辞めてと言われた時の手当が支払われない場合
会社を辞めてと言われた時の手当の金額
 
.

会社を辞めてと言われた時とは
会社を辞めてと言われた時とは

解雇予告手当とは

 

 

30日前ルール

  • 解雇には通常、解雇の予告が必要なのです。

 

解雇予告とは

会社が労働者を解雇しようと思った場合

  • 「それでは貴方は明日から会社に来なくても良いですよ」

クビですから。などと言われることは無いと思います。

そこにはシッカリとルールがあります。

 

それが、予告のルールで、労働者には少なくとも30日前には解雇することを通知する必要があるのです。

つまり、30日の余裕を持って予告しておけば、労働者の身の振り方など考える余裕も生まれると言う事です。

 

もしも、30日前に解雇予告が無かった場合

  • 会社は30日分以上の平均賃金を支払うと言う法的な義務があるのです。

 

それが解雇予告手当です。

 

  • しかし、労働者は実際には30日など短すぎて、あっという間に過ぎ去ってしまうものです。

解雇予告を受けた労働者は、とても慌ただしい日々を過ごすことになるのです。

 

※解雇予告手当を貰えば解雇できる

会社から一方的に解雇予告手当が振り込まれた。この場合は解雇されてしまうの?

いいえ、実は違います。

会社が労働者を解雇できるのは、それなりのシッカリとした理由が必要になると言う事です。

つまり、労働者は会社を辞めたく無い場合、会社に解雇理由書の交付を求め復職の意志をハッキリ伝えるのです。

 

 

 

・仕事手続き目次へ行く

会社を辞めてと言われた時の手続きページ

 




会社を辞めてと言われた時の手当が支払われない場合
会社を辞めてと言われた時とは

解雇予告手当が支払われない場合

 

 

 

全ての人に解雇予告手当が支払われるのでは無い

  • 当然ですが会社の事業継続がされなくなった時
  • 労働者の故意による過失が有った時
  • 日雇いの労働者(1ヵ月以上継続雇用は支給)
  • 2ヶ月以内の期間を定めた労働者(規定以上の継続雇用は支給)
  • 4ヵ月以内の季節労働者(規定以上の継続雇用は支給)
  • 試用期間中の労働者(14日を超えて働いてる場合は支給)

 

解雇を宣告された時の迅速対応

  • 大切な事は、解雇理由書の交付を会社に請求する事です。
  • 解雇理由書の請求は会社と争う前に宣告された後すぐに請求します。

 

解雇予告手当が未払い

  • 解雇宣告から30日以内に辞めさせられた場合
  • 会社は解雇予告手当の支払い義務がある

 

正当に解雇予告手当を貰う

  1. 解雇理由として、どの行動や行為が該当するのか。
  2. 解雇理由を書面で交付して貰う事。
  3. 解雇予告手当の支払いを請求を書面で郵送する。

 

続いて労働基準監督署へ

  • 労働基準監督署へ解雇予告手当が未払いと訴える事。
    • 労働基準監督署へ未払いの申告書を提出
    • 手数料は0円

労働基準監督署の役割

  • 会社に解雇予告手当を至急支払うよう指導し場合によっては勧告もして貰えます。

労働基準監督署に行く場合は、解雇通知書などをあれば持って行きます。

 

 

・仕事手続き目次へ行く

会社を辞めてと言われた時の手続きページ

 




会社を辞めてと言われた時の金額
会社を辞めてと言われた時とは

解雇予告手当の金額

 

 

・解雇予告の通知義務から30日

会社は解雇予告から30日の間は解雇予告手当の支払い義務がありますので必ず支払われます。

つまり

解雇の日付が4月30日の場合

  • 3月31日に解雇通知した場合(30日前の解雇予告なので解雇予告手当0円)
  • 4月10日に解雇通知した場合(20日前の解雇予告なので解雇予告手当10日分)
  • 4月15日に解雇を告げる場合(15日前の解雇予告なので解雇予告手当15日分)
  • 4月30日に解雇を告げる場合(当日の解雇予告なので解雇予告手当30日分)

 

解雇予告手当の金額

  • 支払額は平均賃金の1日分×30日となります。
  • 3ヶ月の月額給与平均値で算出します。

 

例えば、手続き続男さん、即日解雇された「毎月給与25万円の場合

  • 「毎月25万×3ヶ月=75万円」
  • 「75万円×90日(3ヶ月)=8,333円」
  • 8,333円×30日=約249,000円

支給額は約249,000円になります。

上記の様に、当日に解雇宣告されその日に辞めさせられたなどの場合でも必ず、解雇予告手当は貰えることになっているのです。

 

※賃金総額3ヶ月分

  • 役職手当
  • 役員手当
  • 残業代

上記も賃金総額に含まれます。

 

 

・仕事手続き目次へ行く
会社を辞めてと言われた時とは
 
会社を辞めてと言われた時の手続きページ

 



ココがPOINT
ココがPOINT

退職を求められたら、解雇予告手当が発動します。つまり解雇宣告の日に解雇をされたら30日分の給与が発生する事と同じ意味合いです。 もしも不当に扱われた場合は必ず請求する事です。
スポンサード リンク

ココがPOINT
ココがPOINT