TOP > 仕事 > セクハラ対応の手続き > 仕事の目次へ

 
接触や性を連想させる嫌がらせ対応と対策
接触や性を連想させる嫌がらせ対応と対策
接触や性を連想させる嫌がらせ対応と対策手続き 接触や性を連想させる嫌がらせ対応と対策手続き
  えっ?これはセクハラなの?常習的に行われる行為だけど、相手はセクハラしていると思っているのか?一方的に行われるセクハラは、受けている人は苦痛と悩みでしか無く、とても理解できない事だと思っているのです。ここでセクハラされた時の対策の手続きについてシッカリ理解しておきましょう。
接触や性を連想させる嫌がらせ対応と対策手続き 接触や性を連想させる嫌がらせ対応と対策手続き
.
接触や性を連想させる嫌がらせ対応と対策とは 接触や性を連想させる嫌がらせ対応と対策の手順
接触や性を連想させる嫌がらせ対応と対策の訴え方法
 
.

接触や性を連想させる嫌がらせ対応と対策とは
接触や性を連想させる嫌がらせ対応と対策

セクハラとは

 

 

セクハラ?

セクハラとは、セクシュアルハラスメントの略語なのです。

どう言う行為がセクハラと言うのか。

  • セクハラに厳密な定義が無いと言う事です。
  • しかし、セクハラを受ける本人が嫌悪感を感じたらセクハラ行為と言う事になります。

簡単に言えば

  • 職場の上司や同僚などによる接触または性を連想させる言葉など
  • 近所やサークルなどの男女が集まる場所で異性から受ける接触または性を連想させる言葉など

つまり

  • 異性からの強引な接触
  • 性を連想させることば
  • つまり過激な行動や言動

 

セクハラと思っていないケース

  • 異性との接触
  • スキンシップ
  • 親しみの行動
  • 会話の中の言葉
  • 人間関係の良好の証

など、その個人によってセクハラだと思う感覚は違います。

また、セクハラを行う者

  • セクハラを行っているつもりは無い場合も多くあります。
  • つまり、人間関係が上手にいく為のスキンシップだと勘違いしているケースです。

 

その様なことが、日常的に行われている事に驚くばかりですね。

 

セクハラの分類

  1. 身体にセクハラ
    • (触ったり、なでたり、接触行為など)
    • (直接、身体に触れて来るなど)
  2.  

  3. 精神にセクハラ
    • (性を連想させる、言葉の姓行為)
    • (パンツの色や形を聞く、どんな体位が好きなのなど)
  4.  

  5. 見せるセクハラ
    • (姓写真、性のアピール服装、目で見せる行為)
    • (性的なアピールを見せつけるなど)
    •  

  6. 仕事のセクハラ
    • (昇給、昇進、特権でセクハラ強要する行為)
    • (地位を利用し、それを理由に性的な行為を迫るなど)
  7.  

上記の様なセクハラ問題が多く寄せられているのです。

  • つまり、相手が不快に感じたり、嫌悪感を持つものはセクハラとなります。

 

あなたが、該当するセクハラのパターンと一致したら、それは立派なセクハラ行為を受けている事になるのです。

 

つまり、セクハラを受けていると理解できたら、やるべき事があると言っているのです。

  1. 泣き寝入りやそのままでは、どんどんセクハラがエスカレートする可能性が高いのが特徴とも言えるのです。
  2. セクハラのお蔭で、自分の環境がめちゃくちゃになってしまった。
  3. つまり、セクハラを改善しなくては毎日が辛く悲しい日々を送り続ける事になるのです。
    • いいですか、手続きネットを信じてセクハラ対応の対策を実行してください。

 

組織の職場や部署

職場は仕事を行う場所、しかし、複数の人が集まり成り立っている組織です。

その組織は、必ず縦社会となっており先輩後輩または上司部下、目上目下と言う枠になっています。

その組織の中で行われるセクハラ。

  • そのセクハラの意識が異性の感覚または先輩後輩または上司部下、目上目下の感覚の違いがあるのも事実なのです。

例えば

セクハラを受ける方

  • 個人差があるのが事実です。
  • 冗談で言い返せることが出来る人。
  • 同じ行為でも気にせずに受け流せることが出来る人。
  • 怖さで何も言えなくなってしまう人。
  • また、とても辛く、常に恐怖を覚える人。
  • 嫌悪感でしかない人。

 

セクハラを行う方

  • 悪意を持って行っている方も多くいます。
  • 立場や権限を利用し卑劣な者、つまり姓の強要する者。
  • しかし、大事なスキンシップやコミュニケーションだと思っている。
  • 相手も何も言わないので、これが好きなのだよ。
  • また相手も喜んでいると、大きな勘違いを本気でしている人もいます。

では、そんな感覚の違いがあるセクハラにどの様に対応して行くのか?

 

・仕事手続き目次へ行く

接触や性を連想させる嫌がらせ対応と対策手続きページ

 




接触や性を連想させる嫌がらせ対応と対策の手順
接触や性を連想させる嫌がらせ対応と対策

セクハラ対応の手順

 

 

 

やっぱり怖い

  • 普段からセクハラを受けている人は、またされると恐怖心で一杯になります。
  • また、今度は無理やり何かされるのではと、警戒心と怖さで消極的になります。

つまり

  • また、性を強要される
  • 触られる頻度が増えて来た
  • 言葉がドンドン激しくなって来た
  • 見せつける部位が変わって来た
    • つまり、セクハラがエスカレートしてきている恐怖心。

会社を辞めたい

セクハラに悩み続け会社を辞めたいという方も多くいます。

ですが、

  1. 次に転職できるか?
  2. 転職先でも同じことがあるのでは?
  3. など様々な考えが頭を巡りますね。

であるなら、現会社で改善策を講じてみるのが先決です。

近所づきあいを辞めたい

プライベートの環境の中にもセクハラは存在し近所や集りを辞めたいと思っている人も多くいます。

  1. しかし、近所で村八分になってしまうのでは?
  2. よからぬ噂を流されるのでは?
  3. 結局、付き合わず顔を合わさずに生きていく事など出来ないし?
  4. やはり、同じように悩みますね。

 

 

セクハラは何処で起きている

セクハラの原因はどこ。

  1. 先輩や上司、目上の人や立場の上の人などが問題
  2. 会社の社長が問題
  • 1.先輩や上司、目上の人や立場の上の人などが問題
    • この様な場合は、会社自身も知らないケース、また近所の方々も気付いていないケースが多く、改善策があります。
  • 2.会社の社長が問題
    • この場合の打開策はターゲットの社長のみ
    • この様な場合は転職や退職を視野に裁判で訴える事も十分考えられます。

セクハラの対応

友人に相談

友人は親身に聞いて貰えますが、その立場や状況を見ていないので、やはりどこか理解して貰えなかったりしますね。

  • また、そんな人は無視したらいいよ。とか
  • そんな人、簡単にあしらってしまえばとか
  • やられたら殴っちゃえばとか
  • 私なら、気にしないと思うよとか
  • あまり気にしないでと言われる事も多く
  • 気にしないで済めば何も問題などは起きないのです。

やはり、当人でしか分からない辛く苦しい現実がそこにあると言う事なのです。

 

1.近所の話しやすい同性の人

  1. 自分の話しやす人に応援をお願いするのです。
  2. つまり、不快で悩んでいること、集まることが恐怖に感じていることなどを素直に相談する。
  3. 自分が受けている行為に注目して貰う。

行為がセクハラであると判断

相談者もセクハラと判断した場合は

  • その方と一緒に注意や忠告
  • 嫌がっていると言う事を明確に伝え話して貰う事が良いのです。
    • つまり、セクハラ相手に対して、行為が不快に感じていると知らしめる。
    • つまり嫌に思っていたんだと理解させるのです

 

 

2.同僚や先輩

同僚や気の合う先輩に相談する。

  1. つまり、自分が日々受けているセクハラを理解して貰っている同僚や先輩に相談し打開策を探る事。
  2. 上司だけの問題なら同僚や先輩と一緒に会社に訴えて貰うなどをお願いする。

また、同僚や先輩も立場上の問題で、その事実を証明して貰えないケースもありますが、それは仕方がない事です。

あなたも、怖い様に同僚や先輩も怖いので、そこは理解してあげてくださいね。

 

3.会社に伝える

セクハラが部署や組織ぐるみの行為または上司などのセクハラの場合など

  1. 社長や上層部に直接に伝えに行く事です。
  2. その時に、シッカリとアポイントは取り時間を作って貰う事。
  3. 日々行われるセクハラで嫌な思いや会社を辞める事まで考えているなど訴える。

セクハラの対応策をいち早く講じて貰える会社は多くありますので安心して会社に伝えましょう。

さらに効果的なのは、証拠となるものを持っていくのです。

例えば

  1. セクハラを受けていると証言して貰える同僚や先輩
  2. セクハラを受けている録音や録画など

つまり、その様なものが有る事で、会社が即刻解決したケースは多くあります。

 

4.セクハラ行為の相手

セクハラを行う相手に直接、伝える。

  • この対応は勇気のいる事ですが、とても効果的です。

セクハラを行う者は

  • 悪気が無い場合もある
  • 自分のことを好いていると思っている
  • 自分とのコミュニケーションと思っている
  • 相手も嬉しいと感じている
  • 人間関係がスムーズに行くと思っている
  • その様な事が受けると思っている
  • その様な事が相手も大好きだと思っている
  • その様に思っている人がほとんどだからです。

つまり、あなたと上手く行っていると思っているのです。

だから

あなたが面と向かって言う事で次の日からピタリとセクハラが無くなるケースが非常に多く報告されています。

  • 何故?触るのか?
  • 何故?性器物などを見せるのか?
  • 何故?性的な言葉を使うのか?
  • その様な事は今後一切やめてください。
    • とにかく、大きな声で堂々とハッキリと伝える事。
    • 自信なさげに言うのは逆効果となる。
    • 笑いながら言うのはもっとダメ絶対にNGです。

※同僚や先輩または知り合いに、直接セクハラ相手に伝えた時に、何かあったらカバって応援して欲しいと伝えておくと良い。

 

セクハラが改善しない

上記の様な方法でも改善出来ない場合

  • 法的な処置で改善する方法があります。
  • つまり、上司や会社またはセクハラ相手を訴えると言う事になります。

 

会社の社長からセクハラ

  1. 社長などから受けるセクハラは、まさに卑劣極まりない行為と言えます。
  2. 立場や権利を利用つまり悪用して姓的な行為または強要する行為は犯罪です。
    • その場合は対策方法は一つ法的に訴えるのです。

 

但し、この打開策は最終的な方法となり、あなたが会社を退職する覚悟の上で行うと言う事になりそうです。

 

 

・仕事手続き目次へ行く

接触や性を連想させる嫌がらせ対応と対策手続きページ

 




接触や性を連想させる嫌がらせ対応と対策の訴え方法
接触や性を連想させる嫌がらせ対応と対策

セクハラの訴え方法

 

 

セクハラが解決しない場合

  • セクハラ相手の問題で、何をしても拉致の開かない場合は社会的に訴える方法があります。
  • また、会社の社長など地位を利用する者の場合は、呑気にしている場合ではありませんね。

人権侵害の行為を許すわけにはいきません。

つまり、法的に訴えるのです。

例えば、セクハラが上司だけの問題としても結局は会社への訴えと言う事になります。

  • つまり、会社は退職覚悟で訴訟を起こすと言う考えで行ってください。

 

訴える前に用意するもの

ただ単に訴えたとしても、誰も取り合って貰えません。

  1. つまり、あなたがセクハラを受けていると言う証拠が必要なのです。
  2. その証拠が無ければ、第三者に相談しても、動きたくても動きようがありませんね。

 

セクハラ証拠

あなたはどの様なセクハラを受けているか?証拠となる物を確保する必要があるのです。

  1. 日々行われるセクハラ日記
  2. 何処でどの様にセクハラを受けたか
  3. 誰から受けているのか
  4. どの様な行為なのか
  5. セクハラ相手の詳細
  6. 承認や証拠となる目撃人物

以上の様な事を詳細に説明できる事。

つまり

徹底的な証拠

セクハラを受けている事が分かる物証など

  1. セクハラの写真
  2. 録音や録画
  3. 医師の診断書など

セクハラは、日々エスカレートして行くので、時として強引な手口となる場合もあり身体に影響を与える行為もあり得ます。

その様な時は、迷わず医師の診断書を貰ってください。

 

セクハラを受けたら起こす手続き

  1. 労働基準監督署に訴える
  2. 労働組合などに訴える
  3. 弁護士に訴える
  4. 労働審判を申し立てを行う
  5. 訴訟を起こす

 

1.労働基準監督署に訴える

  • 労働基準監督署は、あくまでも相談員的な立場です。
  • つまり、全てが正しい判断をするとは限らないのですが、会社へ圧力や指導も行って貰えます。

2.労働組合などに訴える

  • 労働組合は、あなたの代理で会社と交渉して貰えます。様々な事を相談すると良いでしょう。
  • ※会社に労働組合が無い場合は、個人的に入会できる労働組合に加入します。

3.弁護士に訴える

  • 弁護士は相談してからの動き出しが非常に早いです。
  • もし依頼した場合は、法律のプロなので、不当な扱いを受けたとされる証拠から会社交渉までバンバン進めて行ってもらえます。
  • ※相談だけでも、話しを聞いて答えを出して貰えます。

4.労働審判を申立てを行う

  • 労働審判は、裁判の一歩手前の簡易的な機関です。
  • 会社と従業員の間を保ちつつ解決に導く機関なのです。
  • そこまで会社と争いたくは無いと考えている場合は、労働審判に申し立てる方が良いでしょう。
  • とくに、職場への通常の復旧を望んでいる場合は労働審判が良いのです。
  • 基本は、代理人(弁護士)をつけますが、自分だけでも申立て出来ます。
  • ※労働審判でも解決しない場合は、訴訟を起こします。

 

5.訴訟を起こす

  • 簡潔に問題を重要視して、解決をもとめるなら、訴訟を起こすと良いです。
  • セクシュアルハラスメントの行為に損害賠償と慰謝料を請求するのです。
  • 基本は、自分だけでも訴訟申立て出来ますが、裁判は素人には難しいので弁護士に依頼します。

上記が、セクハラを受けた後に行う訴えの手順と手続きです。

 

 

セクハラの慰謝料

ごく、一般的な慰謝料として

  • 50万円〜
  • 300万円くらいとなっています

上記の様な慰謝料となりますが、時と場合により、更に高額になる場合もあります。

また、損害賠償の額も、事案によっては大きくその額が異なって来ると言う事になります。

 

 

・仕事手続き目次へ行く
接触や性を連想させる嫌がらせ対応と対策
 
接触や性を連想させる嫌がらせ対応と対策手続きページ

 



ココがPOINT
ココがPOINT

セクハラされると、生きて行く生活にも影響を与え精神的に障害がでたりもします。不安で毎日眠れない日も続いたりもします。セクハラ相手はそんな事を一切知らずに呑気にしているのです。つまり、そんな時こそ冷静に対応する事が良いのです。応援する味方をつける、つまり手続きネットもそうですが必ずいると言う事です。
スポンサード リンク

ココがPOINT
ココがPOINT