TOP > 仕事 > 退職勧奨の手続き > 仕事の目次へ

 
離職を受けた場合の手続き
勧奨を受けた場合の手続き
離職の勧めを受けた場合の手続き 離職の勧めを受けた場合の手続き
  退職勧奨され退職を求められた時の手続き方法、会社にどの様に対応するか?退職をしなければならないのか?など。ここで退職勧奨を勧められた時の手続きについてシッカリ理解しておきましょう。
離職の勧めを受けた場合の手続き 離職の勧めを受けた場合の手続き
.
勧奨を受けた場合の手続きとは 勧奨を受けた場合
勧奨を受けた後の行動
 
.

勧奨を受けた場合の手続きとは
勧奨を受けた場合の手続き

退職勧奨とは

 

 

解雇される?

普段何気なく、毎日の日常そして仕事をして行くごく当たり前の中、突然の出来事。

 

会社が従業員を辞めさせる場合

  • 懲戒解雇
  • 諭旨解雇
  • 諭旨退職

そして、解雇という形では無く、従業員に自主退職を促す方法

それが

  • 退職勧奨です。

 

会社にも厳格なルールが存在する

従業員に解雇を求める場合は、厳格な決まりがあるため会社の一方的な意見や勧めで解雇などは出来ないのです。

つまり、会社側は従業員に自主的に辞めて貰いたい、出来れば自分から退職届を提出する様に仕向けたいのです。

 

退職勧奨を受ける場合

この退職勧奨を会社から受けた方は、会社からすると会社を辞めても良いと思う人、もっと簡潔に言えば会社を辞めて貰いたい人と言う事です。

但し、辞めて貰いたくても理由も無く辞めさせる訳にも行かないので、合意を求め雇用契約の解除の勧めを行うのです。

 

退職

退職させたくても出来ないと言う事は、つまり、退職の優先権は従業員側にあるのです。

 

・仕事手続き目次へ行く

勧奨を受けた場合の手続きページ

 




勧奨を受けたら
勧奨を受けた場合の手続き

退職勧奨を受けたら

 

 

退職勧奨を勧められても

  • 従業員側は、この退職勧奨をに応じる義務はないのです。

会社側からすれば、取りあえずの所、退職の勧めや誘導なので、労働者は会社に意思をハッキリ示す事。

 

つまり、会社が辞めさせたいと思っても、この答えに応じるのは、あなた自身ですあなたが決めるのです。

 

 

退職を進められた時の対処方法

  • もう一度、就業規則を確認する
  • 会社との退職勧奨の内容などメモもしくは録音する
  • 会社の退職提案に納得できない場合は退職を拒否する
  • 会社の退職を進める理由に理解できない場合は退職を拒否する
  • 働き続けたいと伝える
  • 納得できない場合は退職願は提出しない
  • もしも退職関係の書類を提出した場合は取り消し請求する

辞職を強く勧められた時

  • 明らかに解雇をチラつかせる様な言葉が出た

 

再度、就業規則の確認をする

  1. 解雇を進める理由として、どの行動や行為が該当するのか。
  2. 解雇を進める理由を書面で交付して貰う事。

 

  • ※解雇には正当な理由が必要になるのです。
    • 退職を進める会社側の提案には正当な理由が必要になるのですね。

 

退職の提案に納得できないときは、退職は嫌だと意思表示し退職するつもりはないと、ハッキリ伝えます。

 

 

・仕事手続き目次へ行く

勧奨を受けた場合手続きページ

 




勧奨を受けた後の行動
勧奨を受けた場合の手続き

退職勧奨を受けた後の行動

 

 

・退職勧奨を受けてからの行動が大事

会社は、なるべくなら退職して貰いたいと考えています。

それは、退職勧奨を受けた時点で明らかですね。

もしも、会社を辞める意志が更々無いのであれば、自棄(やけ)になってはいけませんよ。

 

また、会社のその流れに付き合ってはいけない、合わた行動をしてはいけないと言う事です。

例えば

  1. 職届届の提出
  2. 退職金の請求
  3. 退職に伴う行動など

上記の3つの行動は、完全に自分が会社を辞める前提で動いている行動ですね。この様な行動は会社の思うつぼなのです。

つまり、自分から積極的に退職をするような行動をしないと言う事。

例えば

  • 頭にきたり
  • 面倒くさい
  • もう嫌だ
  • こんな会社いたくない
  • 退職金貰って辞めてやる

この様に考えるのも無理はありません。

でも、退職金を貰って辞めてやる。にも自分から積極的に話を切り出してはいけない。

それも、退職行動の一つになるからです。

 

会社の退職勧奨は

  • ※会社が退職を促進することは罰にはならない。罰則規定は無いのです。
  • 会社違反です。という方がいますが、別に退職を促進させても何の違反ともなりません。

退職勧奨される問題点

では、退職勧奨をされた場合はどの様にすると良いでしょう。

 

退職勧奨を伝えられた時には、とくに注意を。

  • うなずかない
  • 納得できないものにハイと言わない
  • 嫌なものは嫌とハッキリ言う
  • 分からないものは黙っている

上記の様にする事を守ってください。

 

その後の行動

  • 言われた事を自分なりに改善する努力
  • 会社に自分の改善点など提案する
  • 打開策を見つける努力をする

この様な問題は解決しなければならない事です。

あなたも、中途半端なままでは、会社にいても何か落ち着きが持てないですし、仕事も集中出来なくなってしまいますね。

つまり、少々辛い事かも分かりませんが、会社とどの様に向き合い解決するか、自分で決めなくてはいけませんよ。

会社への対応

  • 会社に残りたい
  • 会社で頑張りたい
  • 会社を見返したい

上記の様に考えるのであれば、会社の求める人材に近づかなければいけませんね。

つまり、逆に言えば会社の求めている人材となれば退職勧奨はされないと言う事ですね。

 

退職勧奨で辞める決断

退職を決断した場合は、何も問題ありません。

退職金などを前向きに話し合い合意の上で退職届を提出したら良いのです。

 

しかし、

  • 退職勧奨で、強引に退職を迫られ退職届を書いてしまった。
  • 解雇理由も無いのに、解雇を迫られ退職してしまった。

上記の退職のケースは、後で撤回や訴訟などは、非常に難しいのが現実です。

  • つまり、本当に退職勧奨されたのか?
  • どうして?退職届を提出したのか?
  • 密室での退職勧奨なので立証するのが困難なのです。

 

だから、何度も言いますが自分からの退職する行動はダメですよ。

 

※補足

どうしても納得が行かない。

対処の方法としては専門家に相談する事が早いですね。

 

 

・仕事手続き目次へ行く
勧奨を受けた場合の手続き
 
勧奨を受けた場合の手続きページ

 



ココがPOINT
ココがPOINT

突然、退職を求められたら、戸惑うのは当然です。しかし、そんな時こそ冷静に何故?退職を求められたのか?など自分を見つめ直し会社と話し合うと良い結果が得られることも多くある事を頭に入れて置くこと。
スポンサード リンク

ココがPOINT
ココがPOINT