TOP > 日常 > 過払い金請求の手続き > 日常手続き目次へ

 
過払い請求
過払い請求方法
過払い請求手続き 過払い請求手続き
  過払い金とは、本来支払う必要がない、貸金業者に支払い過ぎたお金のことです。借入期間が5年以上で金利が18%を超える場合は、過払い金が発生している可能性が非常に高いです。 払い過ぎを取り戻す手続きを知りたい方は、ここでシッカリ勉強をしておきましょう。
過払い請求手続き 過払い請求手続き
.
過払い金請求について 過払い金請求メリットとデメリット
過払い金の計算方法  
 

.
払いすぎた金利について

過払い請求過払い金請求の手続きについて。

昔、消費者金融からお金を借りており、すでに完済しているという人は、払いすぎた金利を取り戻せる場合があります。

それを、過払い金請求と言います。

これは、個人でも出来る?

  • 個人でも行えるのです。
  • しかし色々な書類を用意しなくてはいけないうえ
  • ちゃんとした金利で計算し直すなど、面倒なことが多いのも事実です。

 

そのため、多くの人は、弁護士に過払い請求の手続きを依頼します。

  • また、現在お金を借りている場合で、「怪しい」と思った場合も弁護士に相談すれば、過払い請求手続きを行うことができます。

 

過払い金請求の流れは、簡単です。

まずはじめに、弁護士に依頼した場合

  1. 弁護士から各消費者金融に「受任通知」と言うのが配達されます。
  2. この時点で、現在借入がある方の場合は、返済及び取り立てをストップさせることができます。
  3. ※ここで、注意が必要なのが「個人では何の権限もない」と言うことです。
  4. 弁護士が送るから効力があるのであって、個人では意味がありません。
  5. そして、受任通知が配達された後
  6. 利息制限法という法律で定められた金利に戻して、本来払うべき金額の算出に移ります。
  7. この時点ですべて、弁護士が行ってくれるので個人で行う必要はありません。
    • ただ、業者から取引履歴が開示されるまで1か月から3カ月程度かかってしまうため、算出に時間がかかります。
    次に

弁護士事務所から業者に対して「過払い金返還請求」という請求書が、配達されます。

  • そのあとに、弁護士と業者が電話もしくは書面で、交渉を行います。
  • ここでは、「返還日」と「金額」について話し合います。

合意書

  1. 一連の流れがの合意が得られれば、合意書を取り交わすのです。
  2. また、場合によっては合意しない場合があります。
  3. そうなりますと、裁判で争うことになります。
  4. 裁判には、和解もしくは判決という形で決着が付きます。

特に、依頼者側がすることはありませんので、弁護士にお任せします。

 

  • これは、あくまでも一例であり、弁護士事務所によって対応方法が変わります。
  • ある場所は、証拠等を集めて即時提訴というスタイルを取っていたりしています。

もし、借り入れ中の方が、このような形を取られた場合

  1. 過払い金は還ってこないでその後の利息に充当される場合があります。
  2. 又は、還ってきて今後は利息を支払わなくてもよいという形で、合意する場合もあります。

 

過払い金請求と言うのは、消費者に認められた正当な権利です。

  • 「何かされるのではないか」という心配はいりません。

 

なぜなら、正当な権利は、行使するために存在しているからです。

 

 

・日常手続き目次へ行く

過払い請求手続きページ

 



過払い金請求メリットとデメリット
過払い請求

過払い金請求メリットと過払い金請求デメリット。

 

過払い金請求メリットと言えば

  • 不当な利率で利息を徴収されていた場合、返還請求を行う事により、お金が戻ってくる事です。
  • 分割払いなどで戻ってくる事はありません。

多額の過払い金が発生していた場合は

  • まとまったお金が手元に戻ってくるのです。

借金がある方は

  • 返還請求を行って戻ってきたお金で借金の繰上げ返済を行う事も出来ます。
  • 過払い金請求を行って、借金を帳消しに出来た方も多いですし
  • 借金の負担を小さく出来たという方も多いのです。

 

 

過払い金の利息

  1. 利息制限法で定められている利率を越えて徴収されたお金の事を指します。
  2. 利息制限法で定められている利率を超えて、徴収されていたお金は、不当利益となります。
    • 不当利益ですから、本来受取ってはならないお金を徴収して、金融機関は儲けをだしていた事になります。
    • 不当利益ですから受取れる権利もないので、返還しないといけないのです。

 

金融機関が、よほどの財政難に陥ってない限り、返還請求を申し立てれば、きちんと取り戻す事が出来ます。

 

時効が怖い

  • 時効が存在しますから、金融機関との取引が終了している方は、注意が必要です。
  • 金融機関との取引が終了して10年以上経過してしまうと、時効が成立してしまうのです。
  • 時効が成立してしまうと、弁護士や司法書士を通して手続きを行っても、返還請求を行う事が出来ません。
  • また、返還請求を行う権利すらなくなってしまいます。

 

過払い金請求にはメリットしかない、などと思っている方も多いのですが、残念ながらデメリットもあります。

 

過払い請求デメリット

借金を完済していて、既に金融機関との取引が終了している方は問題あえいません。

しかし、現在も消費者金融と取引があるという方

  • 過払い金請求を行うと、信用情報機関に金融事故情報が登録されてしまいます。
  • いわゆるブラック扱いになってしまいます。

 

ブラック扱いになってしまうと

  1. 新たな借入契約を行なう事は出来ません
  2. キャッシング利用はもちろん、ローンの利用も出来なくなってしまいます
  3. 一定の期間が経過すれば、利用出来るようになります。
  4. しかし、過払い金請求を申し立てた金融機関や、そのグループ会社などからは信用情報機関の事故情報が抹消された後も取引を行なう事は出来なくなってしまう可能性が高くなります。

 

つまり、過払い金請求デメリットも、きちんと把握した上で、手続きを行うかどうか見極めなくてはならないのです。

 

事故情報への登録はデメリットとなってしまいますが、借金の負担を軽くする事が出来、生活が少しでも楽になるのであれば、メリットの方が多いと言えます。

 

 

・日常手続き目次へ行く

請求手続きページ

 


過払い金の計算方法

過払い請求あなたの過払い金はいくら?過払い金の計算方法でそれがわかります。

キャッシングや消費者金融の利用などを行っていた経験があるというときには、過払い金について計算しておくようにすると、お得ですし正当な手続きとすることができます。

過払い金の計算方法は

  • シンプルなもので、本来の利息に合わせて計算を切り替えるというものです。

 

複利計算をする

  1. 複利計算は、元本に利息分をかけ合わせた後に、
  2. 月々の返済金を引いていくというように計算していきます。
  3. 返済金額がそのようであったということを前提に行うというときには
  4. 元本と利息を足した分に月々の利息をかけ、当月分を差し引くというようにしていきます。
  5. それを繰り返してゼロになったところで終了となります。
  6. つまり、そこから先については過払い金であるということが計算できます。

 

支払いが終了していないというときにも、現時点での残りの金額が変わってくるため、そこにかかる利息も変化します。

元本が大きいほど月々にかかっていく複利による利息も増えていくということになるので、元が少なくなれば再増加する借金分についても減っていくということになるのです。

  1. 手元に支払いの控えなどがあれば、電卓などを用いてすぐに計算することができます。
  2. 支払いの控えなどがないというときには、当初の契約書から利息の割合を取り出し、今までに支払った金額と照らし合わせてみるとよいです。

 

 

計算が終わったところで、あなたの過払い金はいくら?

 

それまで支払っている金額が大きければ大きいほど、実際に適用した時の落差が激しくて驚かれるはずです。

  1. 返済中であると思っても、実は返済終了していたというような状況になる人もいるはずです。
  2. その場合には精算をすればもう支払いをしなくてもよいのです。

 

  1. また、ゴールについてもかなり縮まってくるはずです。
  2. まだ支払中であるという場合にも、それまでと比べるとかなり道のりが短く感じてくるようになります。

 

達成する位置が見えてくると、行動についても意思をもって行いやすくなるということがありますから、金額をしっかりと確定しておくことが大事です。

 

 

過払い金の計算したら

  • しっかりと計算したら、その時に使っていた書類などと共に金融会社に行って返還請求をするとよいです。

 

裁判所の判例により

  • それらの手続きをするために行った場合には金融機関は速やかに対処をするようになっています。

 

  1. 法律や金銭についての手続きをすることに自信がないというときには
  2. 法律相談などを通して専門家に弁護士依頼しておくと、解決しやすくなります。

 

・日常手続き目次へ行く

過払い請求手続きページ

 



 


ココがPOINT
ココがPOINT

自分にも過払い金があるかも?と思った方は、信頼できる法律家に相談する事が早道と言えるでしょう。自分で取り返すという方法もありますが?過払い金で経営も、危うくなってしまった貸金業界では、相手が素人だと分かると開き直るケースもあります。結果、悪質な業者の中には履歴を開示してくれない、ということもよくあることです。専門家に頼るほうが確実な方法なのです。
スポンサード リンク

ココがPOINT
ココがPOINT