TOP > 日常 > 手紙の書き方 > 婚約報告の手紙やお礼の書き方>手紙の目次へ

 
相手に伝える書き方
相手に伝える書き方
手続き 手続き
  手紙を書く上で大切な事は心を込めて書くと言う事が前提になります。順序やマナーは確かに存在しますが、心がこもっていなければ決して相手に伝わる文章は書けないと言う事です。ここでシッカリ手紙の書き方について勉強をしてください。
手続き 手続き
.
報告 報告 報告
 
報告

婚約報告
相手に伝える書き方

婚約報告の手紙の書き方

 

 

 

文例

 

拝啓 春近しとはいえ、雪も深くつもり肌に冷たく感じられますが、ますますご健勝にてお過ごしのこととお慶び申し上げます。

 

さて、私たちは○○学校時代に同じ部活動のバスケの仲間として知り合い、○○年にわたり交際を続けてまいりましたが、このたび婚約いたしました。

 

 

これも○○先生ならびに皆様が温かく見守って頂いたお陰と、心から感謝しております。
式は来春を予定しております。

 

日取りが決まり次第、あらためてご報告ご案内を申し上げます。つきましては御出席いただければ幸いでございます。


これからもどうぞよろしくお願いします。

                             

                                   敬具

 

 

 

 

文例2

 

拝啓 

吹く風が刺すように痛く感じられるようになりましたが、ますますご健勝にてお過ごしのこととお慶び申し上げます。

 


さて、私たちは○○で知り合い、その後順調に○○年にわたって交際を続けてまいりましたが、このたび婚約いたしました。これも皆様の暖かい心とお励ましのお陰と、心から感謝しております。
式は○○を予定しております。

 

 

日取りが決まり次第、あらためてご報告ご案内を申し上げますので、御出席いただければ幸いです。
末筆ながらますますのご多幸とご健康をお祈り申し上げます。



敬具

 

手紙の目次へ行く

 
手続きページ

 



婚約祝いの書き方

相手に伝える書き方

婚約祝いの手紙の書き方

 

 

文例

 

婚約おめでとうございます。心から祝福申し上げます。

 

話しによりますと○○年越しの交際が実を結んだとありました。これもひとえに、お二人の変わらぬ愛情の深さの勝利です。

 

 

 

お二人の御両親もお喜びのことでしょう。

挙式は来年初夏とありましたね。ぜひ出席させていただきます。

式やその他の準備に御多忙な日々と思いますが、くれぐれもお体には御自愛ください。

 

 

晴れやかに佳き日をお迎えになられますようお祈り申し上げます。

 


末筆ながらますますのご多幸とご健康をお祈り申し上げます。

 

 

 
手続きページ

 



報告書き方
御婚約祝いのお礼の書き方

御婚約祝いのお礼の手紙書き方

 

 

文例

 

このたびは私たちの婚約に際しまして、お心のこもったお便りをお送りいただき、誠にありがとうございます。
○○さんの心遣いに心も温かくなり、ますます頑張って前へ進める勇気が湧きました。

 

 

心より感謝いたしております。

 


短文で申し訳ありませんが、取り急ぎお手紙のお礼まで。

 

 

 

文例2

 

このたびは私たちの婚約に際しまして、お心のこもった素敵な贈り物をお送りいただき、本当にありがとうございます。

ペアの湯飲み茶わんは二人で朝を迎えるのが楽しくなるようなワクワク感に包まれました、思わず感嘆のため息をついてしまいました。

 

 

新居で使うのが、今から楽しみにしております。

まずは取り急ぎ婚約祝いのお礼まで。

 

手紙の目次へ

手続きページ

 
ココがPOINT
ココがPOINT

自分の気持ちを手紙に変えて相手に伝えると言う事は、決して簡単な事ではありませんね。しかし、手紙を送ると言う行為は貰った側も、わざわざ手紙で気持ちを伝えてくれた。と言う感動を与える行為であると言う事を決して忘れてはいけません
スポンサード リンク

ココがPOINT
ココがPOINT