TOP > 日常 > 手紙の書き方 > 病気や事故の励ましや返信の手紙の書き方>手紙の目次へ

 
病気や事故の励ます手紙の書き方
病気や事故の励ます手紙の書き方
病気や事故の励ます手続き 病気や事故の励ます手続き
  健康を害し病気や怪我をした方は心も落ち込んでしまう方が少なくありません。そんな方に励ましな慰めの手紙を書く事は大切な事です。前向きになれる手紙を書くように心がけましょう。また手紙を受けたら迅速に返信する様にしましょう。ここでシッカリ手紙の書き方について勉強をしてください。
病気や事故の励ます手続き 病気や事故の励ます手続き
病気や事故の励ます
病気や事故の励ます 病気や事故の励ます 病気や事故の励ます
 
病気や事故の励ます

病気や事故の励ます手紙の書き方
病気や事故の励ます手紙の書き方

病気や事故に励ましの手紙の書き方

 

 

 

文例

突然の事故と聞きましたが、容態はいかがでしょうか。

その後、入院とお聞きしましたが経過はどの様ですか。ご家族の皆様も、さぞや心配しご心痛、いかばかりかと拝察いたします。

気だけは落としのないよう、お心を強くお持ちになってください。しばらく入院と伺っております。また精密な検査も行う予定だとか、直ぐにでもお見舞いに伺いたいですが症状が安定されたころにお伺いしたいと存じます。

私で良ければお力になりたいと思っておりますので、ご遠慮なくお伝えください。
一日も早いご回復を心からお祈り申し上げます。取り急ぎ書中にてお見舞い申し上げます。

 

 

 

文例1

突然の事故と聞き驚きましたが、容態はいかがでしょうか。

その後、入院とお聞きしましたが現在の経過はどの様ですか。ご家族の皆様も、さぞや心配しご心痛、いかばかりかと拝察いたします。

今回は不運だとしか言いようの無い貰い事故で災難でしたね。くれぐれも無理をしない様に静養ください。また気だけは落としのないよう、お心を強くお持ちになってください。しばらく入院と伺っておりますが、仕事面は安心してお任せ下さい。

直ぐにでもお見舞いに伺いたいですが精密な検査も行う予定だとか、症状が安定されたころにお伺いしたいと存じます。

私で良ければお力になりたいと思っておりますので、ご遠慮なくお伝えください。
一日も早いご回復を心からお祈り申し上げます。取り急ぎ書中にてお見舞い申し上げます。

 

 

 

文例2

突然の入院と聞きましたが、容態はいかがでしょうか。

その後の症状の経過はどの様ですか。ご家族の皆様も、さぞや心配しご心痛、いかばかりかと拝察いたします。

病気は気力が一番だと伺っておりますので、気だけは落としのないよう、お心を強くお持ちになってください。○○さんの事だからその辺は心配していませんが。

しばらく入院と伺っております。仕事の方も心配でしょうが今は身体が大事ですし身体が資本です。今後、精密な検査も行う予定だとか、直ぐにでもお見舞いに伺いたいですが症状が安定されたころにお伺いしたいと存じます。

私で良ければお力になりたいと思っておりますので、ご遠慮なくお伝えください。
一日も早いご回復を心からお祈り申し上げます。取り急ぎ書中にてお見舞い申し上げます。

 

 

 

文例3

入院されたと聞きましたが、容態はいかがでしょうか。

先日お会いした時に病気について何の話も出なかったので驚きましたが、その後の経過はどの様ですか。ご家族の皆様も、さぞや心配しご心痛、いかばかりかと拝察いたします。

○○さんは人に気を遣う方なので心配かけまいと黙っていたのですね。気だけは落としのないよう、お心を強くお持ちになってください。病気は気力が一番大切だと言われています。またしばらく入院し精密な検査も行う予定だとか、直ぐにでもお見舞いに伺いたいですが症状が安定されたころにお伺いしたいと存じます。

私で良ければお力になりたいと思っておりますので、ご遠慮なくお伝えください。
一日も早いご回復を心からお祈り申し上げます。取り急ぎ書中にてお見舞い申し上げます。

 

 

手紙の目次へ行く

 
病気や事故の励ます手続きページ

 



病気や事故の励ます手紙の書き方

病気や事故の励ます手紙の書き方

励ましのお手紙に返信 手紙の書き方

 

 

 

文例

 

先日は、御丁重なお手紙を送って頂きまして、誠にありがとうございました。
平素、心強い励ましやお気遣いの言葉をおかけいただき誠に嬉しく思います。

温かく接してくださる○○様のお気持ちは何よりも力になります。

さて○○様からの○○病のお話しについてですが、経過は良好ですが、しばらく精密な検査を行い悪性などが見つかり次第処置を行う予定となっております。病気は気力が大事です。気持ちだけは負けずに持っておりますので安心して下さいね。

また、こちらの医院へお出かけくださるとのこと。

毎週、○曜日の午後○時くらいは何も無く病室で退屈しております。もし来て頂けるなら他人行儀なことは言わずに、お気軽にお越し下さい。お待ちしております。

 

 

 

文例1

この度は、心温まるお手紙ありがとうございました。

お手紙を拝見しているうちに、また感動と嬉しさが同時にこみ上げて感激もひとしおでございます。

夫婦二人の静かな毎日を送っています中、この様な温かい心遣いは誠に嬉しい物ですね。

さて、○○の病気の事ですが、しばらく入院が必要になりそうです。また今後様々な検査が行われる予定となっておりますのでご面会も叶わぬ状況です。

また、近いうちにお越し下さると言う事で誠に楽しみにして待っておりますが、検査終了などのご報告をさせて頂きますのでよろしくお願いいたします。末筆ながら、○○様のますますのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

 

 

 

文例2

このたびは、誠に素敵なお手紙をいただき、ありがとうございました。こうしてお気遣いもらえることを、とても幸せに感じています。

他行事やお付き合いで、何かとお忙しい毎日ではございましょうが、ご自愛ください。

さて突然の○○事故の事ですが、私自身もまさか自分がと言う思いで動揺しております。また両足を複雑骨折しましたので、しばらくは車いすと入院が必要になりそうです。ただその他は元気で十分に動かす事ができるのでご安心ください。

また、こちらに出向いて下さると言う事でお会いできますことを誠に楽しみに待っております。 末筆ながら、○○様のますますのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

 

 

 

 

文例3

先日は私共に、素敵なお手紙をいただき誠に有難うございました。
お心遣いにとても感激し胸が熱い気持ちでいっぱいになりました。
私共は誠に良き友人や近隣の方々そして家族に恵まれたと感謝の念は尽きません。

さて、○○病の事ですが隠していた訳ではありませんが、体力や体調が少しずつ悪くなってきたのは事実です。最近は歩くのも疲れが出る状態で自分自身も限界を感じ病院入院を余儀なくされました。

また、しばらく検査が続き集中治療となる予定ですので、せっかくこちらに出向いて下さると言う事ですが先生とも相談の上またご連絡させて貰いますので申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。。

末筆ながら○○様のご健康ご活躍を心からお祈り申し上げます。
またお会いできるのを楽しみにしています。書中を持ちまして失礼いたします。

 

 

 

文例4

拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

さて、この度は私共に、ご丁寧なお手紙を賜りまして、誠にありがたくお礼申し上げます。

今年は還暦を迎え、嬉しいと思う反面、もうそんなに長く生きたのかと時の速さに驚く次第です。

さて、○○病のご心配をおかけしまして申し訳御座いません。私自身もまさかと言う感じですが年には勝てないのかと少し弱気になってしまいます。ただ病は気からと言う諺がありますので気だけは強く持つように心がけます。

今後、長期入院になる予定ですが、今は集中検査が続くそうなので、○○様がせっかく会いにきて頂けると言う事ですが集中検査が終了時点でまたご連絡差し上げますのでしばしお待ち下さい。


末筆ながら○○様のご健康ご活躍を心からお祈り申し上げます。
またお会いできるのを楽しみにしています。書中を持ちまして失礼いたします。

敬具

 

手紙の目次へ

 
病気や事故の励ます手続きページ

 


 
病気や事故の励ます
病気や事故の励ます

病気や事故に遭遇した方への励ましの手紙はとても勇気付けられるものです。是非力を与える手紙の書き方をしましょう。また励ましを貰った相手への手紙お返事は必ず忘れずにお返ししましょう。
スポンサード リンク

病気や事故の励ます
病気や事故の励ます