TOP > 日常 > 手紙の書き方 > 人柄を訪ねる手紙や返信の書き方>手紙の目次へ

 
人柄を訪ねる知りたい手紙の書き方
人柄を訪ねる知りたい手紙の書き方
人柄を訪ねる知りたい手続き 人柄を訪ねる知りたい手続き
  現代において人と出会うスピードはドンドン上がっていますが、今日初めて知り合った方の人物像はどうなのか?などお尋ねしたいことは多くあります。そんな時に活用くださいね。また手紙を受けたら迅速に返信する様にしましょう。ここでシッカリ手紙の書き方について勉強をしてください。
人柄を訪ねる知りたい手続き 人柄を訪ねる知りたい手続き
人柄を訪ねる知りたい
人柄を訪ねる知りたい 人柄を訪ねる知りたい 人柄を訪ねる知りたい
 
人柄を訪ねる知りたい

人柄を訪ねる知りたい手紙の書き方
人柄を訪ねる知りたい手紙の書き方

人物像や人柄を訪ねる手紙の書き方

 

 

 

文例

○○さんご無沙汰しております。

このたびは○○さんに折り入ってお願いがございます。

実は、○○さんもよくご存じの○○様とお見合い縁談のお話が舞い込んで来まして、突然の事に少々戸惑っております。○○さんは学生自分からの旧友と伺いました。

つきましては、○○様の人柄や詳細を知っている限りで構いませんので教えて頂けないでしょうか。何分○○様の事は何も分かっておらずお返事を出したくても出しようが御座いません。

この様なお願いごとで恐縮ですが、是非ともよろしくお願い致したくお手紙を差し上げた次第です。

○○さんがお友達と聞きまして安心した気分なのは間違いありません。お手すきの時にでも構いませんのでお返事を是非よろしくお願いします。

もし私にアドバイスなど御座いましたら遠慮なくお申し付けください。

末筆ながら、○○さんのこれからのご健康を心よりお祈り申し上げます。

 

 

 

文例1

○○さんお元気ですか。

唐突ではございますが、この度私のお見合い縁談の話が持ち上がりました。

以前に○○さんにお会いした時に話しておけば良かったのですが、お手紙で申し訳ありません。

実はお見合いお相手の方は○○の○○様で○○さんもよくご存じの方と伺っております。

私は○○様の事はあまり良く理解していないですし1回集まりの会を行った時に面識し短時間ですが話したくらいです。

つきましては、○○様の事をもう少し情報として知っておきたいと思いますので、○○さんに○○様の事を事前に伺っておこうとお手紙を差し上げた次第です。

事前にこのようなことをお尋ねするのは気が引けますが、私も相手の方の情報が全くないので、縁談の話を受けるかどうか決めかねているのです。どうぞお手すきの折りにでも、お返事いただければ幸いです。

また、近いうちに一度お会いしたいですね。

末筆ながら、○○さんのこれからのご健康を心よりお祈り申し上げます。

 

 

 

文例2

○○さんお元気ですか。

この度○○さんに折り入ってお願いがございます。

実は○○様について○○さんに少しお話しを聞きたいと思いお手紙を差し上げた次第です。

今回、私共の主催する○○会に突然ですが○○様が入会したいと言って来ました。○○会は面識が無い方などは入会出来ないシステムになっておりますので、事前に○○さんの事を伺いたいと思った次第です。

つきましては、○○さんが知っている限りの情報や感じたままの○○様の事を伺わせて貰ってかまわないでしょうか。この様なお願いで恐縮ですが、よろしくお願い致します。

また○○さんにお時間があれば、募る話も御座いますので一度お会いしお話しでもしたいですね。○○さんともご無沙汰が続いていますので。

○○さんの都合に合わせて、是非ご連絡を頂けたら幸いです。

末筆ながら、○○さんのこれからのご健康を心よりお祈り申し上げます。

 

 

 

文例3

○○さんご無沙汰しております。

この度○○さんに折り入ってお願いが御座います。

実は仕事で新たな仕事を通じて○○様と仕事をすることになったのですが、仕事はとても繊細でチームワークを求められる事から事前にある程度○○様の事を知っておきたいと思い○○様の事を知っていると言う○○さん聞いてみようと言う事でお手紙を差し上げた次第です。

○○さんこの様なお願いで申し訳無いのですが、チームワークを大切にする仕事だけに事前に○○様の事を把握しておきたいと言う事をご理解ください。

○○さんのお手すきの時にで構いませんのでお返事頂けましたら幸いで御座います。

また○○さんに時間のご都合などありましたら、一度お会いして、ゆっくり話しでもしたいですね。

私はいつでも構いませんので是非ご連絡を頂けました嬉しく思います。

末筆ながら、○○さんのこれからのご健康を心よりお祈り申し上げます。

 

 

手紙の目次へ行く

 
人柄を訪ねる知りたい手続きページ

 



人柄を訪ねる知りたい手紙の書き方

人柄を訪ねる知りたい手紙の書き方

問い合わせお手紙に返信 手紙の書き方

 

 

 

文例

 

先日は、ご丁重なお手紙を送って頂きまして誠にありがとうございました。
また、心強いお気遣いの言葉をおかけいただき誠に嬉しく思います。

○○様から事前にお話しを伺わせて頂きまして助かりました。結果としましては、全て順調に進んでおります。

また○○様の事を事前把握できたことで人間関係もスムーズにお互いが進むことが出来ていますことに感謝いたします。

また、こちらへお出かけの際は是非お立ち寄りください。

末筆ながらご報告させて頂きます。○○さんのご健康とご幸福を心よりお祈り申し上げます。

 

 

 

文例1

この度は、心温まるお手紙ありがとうございました。

お手紙を拝見しているうちに、また感動と嬉しさが同時にこみ上げて感激もひとしおでございます。

さて、先日お問い合わせ致しました。○○様の○○の件で御座いますが、○○さんの事前情報が大変に役に立ち人間関係に置きましても、とてもスムーズに築く事が出来ています。

これも○○さんが良きアドバイスとお手紙を送ってくれたお蔭と感謝の念で一杯で御座います。もしお手紙で情報を頂いて無かったら、ここまでの関係は築けていないと感じます。

また、近いうちにこちらにお越し下さると言う事で誠に楽しみにして待っております。

末筆ながら、○○様のますますのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

 

 

 

文例2

このたびは、誠に素敵なお手紙をいただき、ありがとうございました。こうしてお気遣いもらえることを、とても幸せに感じています。

○○様も何かとお忙しい毎日だとは思いますが本当にありがとうございます。

○○様のお人柄は、○○さんのお手紙に書いてあった通りその物ですね。とても気持ちの良いさっぱりとしたお人柄で好感度が非常に高いです。

これも全て○○さんが事前に良き情報を教えてくれたお蔭と感謝いたしております。今後も良きパートナーとして末永く続けていけたらと考えています。

また、こちらに出向いて下さると言う事でお会いできますことを誠に楽しみに待っております。

末筆ながら、○○様のますますのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

 

 

 

 

文例3

先日は、わがままな私のお手紙に、素敵な返信のお手紙をいただき誠に有難うございました。
お心遣いにとても感激し胸が熱い気持ちでいっぱいになりました。
私は誠に良き親類そして家族に恵まれたと感謝の念は尽きません。

○○様のお問い合わせの事ですが正直に言いますと○○さんに頂いたお手紙そのものと感じましたが、どうしても生理的に相性と言うべきものでしょうか。ピンと感じるものが無くもう少し考えさせて頂いている次第です。

人柄は○○さんの言う通り素晴らしく、そして何より真面目に取り込む方で感心しております。

また、今後も早い段階で次のステップへ進まなければと思っております。○○様にはお世話になりっぱなしでご無沙汰続きですので一度お会いしたいと思っておりますので、後日ご連絡させて貰いますがよろしくお願いいたします。

末筆ながら○○様のご健康ご活躍を心からお祈り申し上げます。
またお会いできるのを楽しみにしています。書中を持ちまして失礼いたします。

 

 

 

文例4

拝啓 ○○様 お元気なご様子何よりでございます。

この度は私に、ご丁寧なお手紙を賜りまして誠にありがたくお礼申し上げます。

今年は縁にも恵まれ良い年をと思っていますので、期待する中、縁談の話と事前に教えて頂きました○○さんからの情報でお蔭さまでスムーズに現段階におきまして良好に進んでおります。

また、上手く行かなかったら○○さんにご心配をお掛けすると思っておりましたので、今回は取りあえずお互いに意気投合しまして楽しい毎日を送らせて頂いている事をご報告いたします。

また近々○○様がこちらに来て頂けると言う事で楽しみに待っています。


末筆ながら○○様のご健康ご活躍を心からお祈り申し上げます。
またお会いできるのを楽しみにしています。書中を持ちまして失礼いたします。

敬具

 

手紙の目次へ行く

 
人柄を訪ねる知りたい手続きページ

 


 
人柄を訪ねる知りたい
人柄を訪ねる知りたい

どの様な場面においても人間関係を良好に進める為に事前に人物像を把握できることは良い事ですね。知りたい情報は簡潔に書き伝えましょう。またお手紙を貰った相手へのお返事は必ず忘れずにお返ししましょう。
スポンサード リンク

人柄を訪ねる知りたい
人柄を訪ねる知りたい