TOP > 趣味・レジャー >飛行機免許の手続き手順> 趣味・レジャー目次へ

 
飛行機の免許
飛行機など運転を取得する手続き
航空機など運転を取得する手続き 航空機など運転を取得する手続き
  自分で乗る飛行機の免許の取り方。仕事では無く自分の趣味で飛行機に乗りたい方の為に必要な手続き方法をキチンと理解しておきましょう
航空機など運転の手続き 航空機など運転を取得する手続き
.
自家用飛行機とは 自家用飛行機など運転を取得する方法
自家用飛行機など運転を取得する費用  
 

.
自家用飛行機とは

飛行機など運転を取得する

自家用飛行機とは

 

 

自由にフライト出来る自家用飛行機の免許とは


自家用飛行機と言えば小型の飛行機です。

旅行などに行くときに利用する羽田空港などから離陸するジャンボジェット機とは違い店員数も制限される小さな飛行機の事です。

日本各地には小型の飛行機を利用できる小さな空港が沢山あるのです。

  • 小型飛行機は商用つまり仕事として利用することもありますが
  • 趣味や楽しみでフライトを楽しんでいる方が沢山いるのです。

小型飛行機の特徴

  1. 航路が決められているのでは無くフライトできる利点
  2. 自分で自由に航路を決めて楽しめる事が出来ると言う特徴がる
  3. 自動車道路の様に渋滞がない大空を飛べます

つまり、プライベートに楽しめることが出来るのも自家用飛行機の最大の特徴です。

 

自家用飛行機の操縦士は、単純に考えて自動車の一般的な免許と似ています。

つまり

  1. 航空会社などで仕事での使用などはできませんが
  2. 個人の趣味として自由に操縦フライトすることができます。

自家用飛行機の免許さえ持っていれば飛行クラブに所属し共有した小型飛行機のフライトを楽しんでいる方々も多く存在しています。

 

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

航空機など運転を取得する手続きページ

 



自家用飛行機など運転の方法

航空機など運転を取得する

自家用飛行機の免許取得方法

 

 

日本で飛行機の免許を取得する方法

  1. 自衛隊で航空学生として学び取得
  2. 航空大学に入学し取得
  3. 航空会社で働きながら取得
  4. 民間の航空スクールで取得

 

フライトするのに必要なもの

  1. 操縦士技能証明証
  2. 航空身体検査証明書
  3. 航空無線免許

上記の3つが必要になります。

 

パイロット資格

  • パイロットは国土交通省航空局(JCAB)から発給される証明書
  • 航空従事者技能証明書(操縦士技能証明書)を持つ必要がある
  • 所持していなければ、航空機を操縦することができない
  • パイロットライセンスは生涯有効なライセンスで更新制度はない

 

受験資格

自家用操縦士技能証明書に必要な資格は、下記のとおりです。

  1. 航空力学
  2. 飛行機の性能と重量
  3. 航法
  4. AIM
  5. 航空法規
  6. 航空気象
  7. 航空計器
  8. 無線交信など
  • 総飛行時間トータル 17歳以上40時間以上
  • 内訳↓
  • 単独飛行 10時間以上
  • 同乗教育飛行 20時間以上
  • (夜間の離着陸)
  • 野外飛行 5時間以上
  • 270km以上の距離と途中2回以上の着陸、単独操縦を最低1回以上)
    • 上記のフライト時間が要求されます

 

航空身体検査書


航空身体検査書とは

  1. 航空局に指定された航空身体検査指定機関で受診できます。
  2. 航空身体検査に合格すると航空身体検査書が発行されます。
  3. 航空身体検査を毎年合格する必要がある
  4. 視力は各眼裸眼または矯正で0.7以上必要
    • 第2種航空身体検査書
    • (有効期限 1年間)

 

航空無線免許

航空無線免許とは、地上の航空管制機関と交信できる免許です。

  • つまり、航空管制機関と飛行の許可を受けながらフライトします。
  • その為に航空無線の免許が必要になります。
    • 自家用操縦士の方は航空特殊無線技士の免許です。
    • 事業用操縦士の方は航空無線通信士の免許です。

取得方法

  • 航空特殊無線技士は講習会で取得する
  • 航空無線通信士は国家試験で受験し取得する
  • 国家試験は、年に2回〜3回程度実施される

 

海外での受験方法

  • 学科試験はFAA学科試験
  • (基本的に英文・英語)
  • スチューデントパイロットサフィスティケイティッド免許を取得
  • (仮免許)
  • 教官とフライト訓練
  • 教官によるオーラル指示で最終試験
  • ライセンス取得

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

航空機など運転を取得する手続きページ

 



自家用飛行機の航空機など運転を取得する費用
航空機など運転を取得する

自家用飛行機の免許費用

 

 

 

自家用飛行機の免許取得

  1. 日本での取得
  2. 海外で取得

日本又は海外で取得する方法があります。

 

日本で自家用飛行機の免許

一般的に航空スクールに入学します。

  1. 入学金・・・・10万〜20万
  2. 飛行訓練・・450万〜600万
  3. 座学訓練・・20万〜40万
  4. 教材教育・・5万〜10万
  5. 免許取得まで約100時間以上

日本での自家用飛行機の免許費用

スクールによって費用は異なりますので注意ください。

  • 約500万円〜700万円くらい

 

海外(アメリカ)での自家用飛行機の免許費用

一般的に航空スクールに入学します。

  1. 入学から取得まで・・・・約100万〜180万円
  2. 訓練飛行時間・・・・約60時間〜70時間
  3. 訓練期間・・・・約1カ月〜2か月間
    • 基本的に英語と英会話です

海外での自家用飛行機の免許費用

食費や滞在費トータルで考えます。

  • 約130万円〜200万円くらい

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

航空機など運転の手続きページ

 



  
ココがPOINT
ココがPOINT

飛行機の免許取得は費用的に低く抑えて取得する場合は海外がお勧めです。但し英語力や言語はすべて英語になりますので注意ください。日本国内での取得は習得時間までも長く費用も高めです。
スポンサード リンク

ココがPOINT
航空機など運転を取得する