TOP > 趣味・レジャー >ボートレーサーの手続き> 趣味・レジャー目次へ

 
競艇のボートレーサー競艇選手になる為の方法
競艇のボートレーサー選手になる為の方法
競艇のボートレーサー競艇選手の為の方法の手続き 競艇のボートレーサー選手になる為の方法の手続き
  ボートレーサーになる夢を叶えたい。競艇選手になって活躍を志す方にボートレーサーになる為に必要な手続きや手順と方法をキチンと理解しておきましょう
競艇のボートレーサー選手になる為の方法の手続き 競艇のボートレーサー選競艇手の為の方法の手続き
.
競艇のボートレーサー選手になる為の方法のルールとは ボートレーサーになる為の受験資格
競艇のボートレーサー選手になる為の方法やまと学校に入校試験  
 

.
競艇のボートレーサー選手になる為の方法のルールとは

競艇のボートレーサー競艇選手の為の方法

競艇のルールとは

 

 

競艇は6艇のボートで争われる

レースに出場できるボートは6艇で、番号と色が決められている。

  • 1号艇=白
  • 2号艇=黒
  • 3号艇=赤
  • 4号艇=青
  • 5号艇=黄
  • 6号艇=緑

競艇選手のレース内容

競艇選手はスタートラインを通過し、最初のターン(第1ターンマーク)そして次のターン(第2ターンマーク)を順番に旋回する。

  • 1周が600mのレースコースを3周(つまり1,800m)する。
  • 早い競艇選手から入着順位を決定する。

 

競艇選手のレーススタート

  • フライングスタート方式を採用
  • つまり、決められた時間内にスタートラインを通過する方法。
  • スタートラインは0秒〜1秒の間に通過する事
  • 0秒〜1秒以外はすべてフライングで失格となる

競艇選手のレースグレード

ボートレースのグレード(格付け)

最も高いのはスペシャルグレード(SG)と言い。このレースを出廷出来る事が競艇選手の夢と言っても良い最高レベル。G1は、原則としてA1級レーサーしか出廷できない。

  1. SG・年8回開催/賞金2500万円〜
  2. GT・年35回開催/賞金が450〜1,000万円
  3. GU・年8回開催/賞金400万円
  4. GV・年30回開催/賞金100万円〜
  5. 一般戦・365日毎日開催/賞金64万円〜

最終グランプリまで

  • ボートレース選手は、1月から12月までが1シーズン
  • 年末に獲得賞金上位18位までの選手(レーサー)でグランプリレースが行なわれシーズンが終わる
  • グランプリ優勝賞金/1億円

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

競艇のボートレーサー競艇選手の為の方法の手続きページ

 



ボートレーサーになる為の受験資格

競艇のボートレーサー競艇選手の為の方法

ボートレーサーになる為の受験資格

 

 

 

ボートレーサー試験に合格し、ボートレーサー養成学校へ

競艇選手の応募資格

  1. 年齢/15歳以上30歳未満
  2. 学歴/中学校を卒業していること
  3. 身長/175cm以下
  4. 体重/男子47kg以上57kg以下、女子42kg以上50kg以下
  5. 視力/両眼とも裸眼で0.8以上(コンタクト・フェイキックIOL「有水晶体内レンズ」手術は不可)
  6. 弁色力/強度の色弱でないこと
  7. 聴力/その他/選手養成訓練を行うのに支障のない者
  8. その他/禁錮以上の刑に処せられた者及びモーターボート競走法に違反して罰金以上の刑に処せられた者などは応募資格は無い

 

競艇選手の応募手続き

  • 一般試験の受験者は、下記の書類等を募集期間内に提出する
  • 提出は最寄の支局または支部に提出
  • 北海道および東北地区は、やまと学校養成課に提出する

 

  1. 受験申請書に必要事項を記入
  2. 身体検査表
  3. 身体検査表の同意書
  4. 写真2葉/募集期間内撮影(縦4p×横3p、正面上半身で脱帽のもの)
  5. 受験手数料/3千円を受験者本人名義で指定口座に振り込みする
  6. ※振替払込請求書兼受領証を受験申請書受付票の裏面に糊で貼付する
    • 提出された応募書類等の返還されない。
    • 個人情報については適切に管理し、入学試験以外での使用はされない。
    • 受験手数料の返還は募集期間を過ぎて、振り込まれた場合を除き、変換されない。
    • 一般試験受験者で第1次試験合格者の場合
    • 第2次試験受験手数料6千円
    • 第2次試験合格者は第3次試験受験手数料3千円が必要になる。
    • 一般試験受験生で、ボートレース場が応募者数に応じて決定したスポーツ推薦者の候補として、人物試験を受験する者は、別途スポーツ成績を証明する書類等を提出する。

 

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

競艇のボートレーサー競艇選手の為の方法の手続きページ

 



競艇のボートレーサー選手になる為の方法やまと学校に入校試験
競艇のボートレーサー競艇選手になる為の方法

やまと学校に入校試験

 

 

 

競走会支部に受験申請書を受け取りに行く

  • 受験申請書は都道府県の各支部に置いてあります。

 

身体検査

  • 受検資格証明
  • 身体検査は受験申請書と一緒に同封すること
  • 身体検査表で受験資格要件を満たしていること
  • 身体検査は最寄りの病院など検査をすること
  • 提出期限を守ること
  • 期限を過ぎた場合は受理しない
  • 一次試験受験費を振り込む

 

1次試験

  • 学科試験
  • 体力測定
  • 合格/不合格通知は電話もしくは郵送される
  • 合格者は2次試験受験費を振り込む

 

2次試験および3次試験

  • やまと学校(福岡)で2次3次試験を含め4泊5日の試験がある

2次試験

  1. 体力検査
  2. 適正検査
  3. 作文を60分以内
  • 2次試験の合格発表は、試験4日目の朝に発表する
  • ※2次試験不合格者は、4日の発表と同時に解散となる
  • 続いて4日目に3次試験が行なわれる

 

3次試験

  1. 人物検査
  2. 身体検査
  3. 合否の通知は約2週間後に郵送で届く

見事合格した者

  • 合格した者は小型船舶免許2級を取得する
  • 簡単な問題なので取得は楽にできる
  • やまと学校からの入学案内が郵送される
    1. 入学までに校歌とモーターボート体操を覚える
    2. トレーニングメニューに沿って基礎体力を付ける

やまと学校入学

  • 4月1日生徒
  • 10月1日生徒

やまと学校訓練

  • ボートレーサーになる為の訓練は1年間
  • 卒業は3月生徒と9月生徒

卒業後プロへ

  • B2級としてプロデビュー

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

競艇のボートレーサー競艇選手になる為の方法の手続きページ

 



  
ココがPOINT
ココがPOINT

ボートレーサー(競艇選手)になるには厳しく過酷な訓練が待っています。つまりボートレーサーは一度事故を起こせば生死を分ける事になります。やまと学校はボートレーサーの安全養成ともなっているから厳しいのです。
スポンサード リンク

ココがPOINT
競艇のボートレーサー競艇選手になる為の方法