TOP > 趣味・レジャー >プロサッカーの手続き> 趣味・レジャー目次へ

 
プロのサッカー
プロのサッカー手続き
サッカー手続き サッカー手続き
  Jリーグの選手になる夢を叶えたい。プロサッカーの選手になって活躍を志す方にサッカー選手になる為に必要な手続きや手順と方法をキチンと理解しておきましょう
サッカー手続き サッカー手続き
.
プロサッカーとは サッカー選手になる為の基本
プロサッカーを目指す別れ道  
 

.
プロサッカーとは

プロのサッカー

プロサッカー選手とは

 

 

 

現在のサッカー選手の公式人数

  • 日本全体で約96万人です。
  • Jリーグ選手は約1400人弱です。
  • J1リーグ選手は550人弱です。

プロサッカーはJ1J2J3それぞれクラス別で争われる

クラス別で戦い勝利数などで昇格が決められている。

  • J1:18チーム
  • J2:22チーム
  • J3:13チーム

試合数

J1での1年間で試合をする数

  • J1リーグで約30試合
  • ナビスコカップで約6〜12試合
  • 天皇杯で約1〜6試合

最終12月まで

  • Jリーグは3月から12月までが1シーズンとして戦う

 

Jリーグサッカー選手の契約の種類

  • 契約は3種類あり
  • A契約
  • B契約
  • C契約
    • A契約は
    • J1のチームは15人以上(1チーム25人まで)
    • J2チームは5人以上の選手と契約を結ぶ

A契約の選手

最も年収の高い契約

  1. A契約は年俸に制限はない
  2. 基本報酬は年額460万円以上
  3. 初プロA契約を締結する場合は基本報酬は年額670万円まで制限付き
  4. 2年目以降制限が解除される

 

B契約の選手

  1. A契約以外の選手
  2. 基本報酬は年額460万円を超えてはならない制限付き
  3. 変動報酬がある。
  4. 設定する場合は1試合あたり47,620円以下の制限あり

C契約の選手

  1. 試合出場時間を満たしていない選手
  2. 新卒入団の選手
  3. アマチュア選手
  4. 社員選手がプロ契約を締結する場合など
  5. 基本報酬は年額460万円を超えてはならない。

Jリーグ平均年収

  • J1選手:約1000万円〜2000万円
  • J2選手:約600万円〜800万円
  • トップ選手は億の収入を獲得している

 

厳しい制裁もある

不正行為などあるまじき行為が発覚した場合はクラブチームおよび選手に懲戒処分がある

クラブチームに対する制裁
  1. けん責
  2. 制裁金(最大1億円)
  3. 中立地で試合を開催
  4. 無観客試合を開催する
  5. 試合の没収(得点を3対0として試合没収)
  6. 勝点減(最大15点の勝ち点減)
  7. 出場権剥奪(リーグカップ戦における)
  8. 下位ディビジョンへの強制降格
  9. 除名
個人に対する制裁
  1. けん責
  2. 制裁金(最大5000万円)
  3. 出場資格停止(無期限または最大1年以内の期限付き出場停止)
  4. 公式試合に関わる職務の停止(一定期間、無期限または永久的な公式試合に関わる職務の全部または一部の停止)

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

サッカー手続きページ

 



サッカー選手になる為の基本

プロのサッカー

サッカー選手になる為の基本

 

 

 

サッカー選手になり活躍する為の基本的な考え

サッカーを覚える

  • プロのサッカー選手になるには本物のサッカーを知ることです。
    1. 単にボールをけるだけでは無く
    2. どの様に蹴るのか?
    3. どの様に脚を動かすのか?など
  • つまりプロのサッカー選手になる為の動きです。
  • つまり頭の回転の良さも要求されるのです。

 

サッカー選手の身体になる

  • プロサッカー選手は身体フィジカルが重要です。
    1. 激しいスポーツでもあるサッカー
    2. 相手選手と体当たりする事も多くある。
    3. その度にケガをしていては務まりません。
  • つまり、丈夫な身体、プロで通用する身体を作り上げる為の日々のトレーニングと練習です。
  • プロを目指すのであれば、幼い頃から意識したフィジカルトレーニングが大事になるのです。

 

プロで通用する技術

  • プロのサッカー選手になる為の技術を身に付ける事も重要です。
    1. 技術は今日明日に身に付くことはありません。
    2. 一流プロの真似をする。
    3. 最初は見たままの真似で構いません。
    4. 最終的に出来る様になるまでやることです。
  • 日々の努力と忍耐による練習や目標に向かって努力を積み重ねること。
  • 個個の個人で才能だったり実力は違うものですが、それ相応の実力が身に付くまで努力すると言う気持ちと精神が必要になります。

 

実力と経験は比例

  • 小さい町の大会から始まっても良いですが、全国レベルの大会や、それに相応しい実力を持った選手が出る大会などに積極的に参加する。
    1. また、可能であれば、日本トップ選手や世界のサッカーを見て練習に参加させて貰うなど。
  • つまり、経験があれば実力も付くし武器になる
  • また、その様な有名な選手が集まる場所にはスカウト人や目利きの人も多くいるのも事実です。

 

精神力で目指す

  • メンタルはスポーツの世界においても、何かを目指す人にとって重要なものです。
    1. このメンタルつまり精神力が無ければ何をやってもうまくは行きません。
    2. つまり、精神力で負ける様なら初めからプロなどの世界は目指さない事を勧めます。
  • つまり、メンタルはどの世界においても切っても切れない大事な要素である。
  • プロの過酷なサッカー選手になりたいと思うなら、尚更強くそして何があっても諦めない強いメンタルが要求されるのは当然のことなのです。

 

資金力

  • どの様な事を行うにも、無料で出来ると言う事は無い。
    1. ある程度の経費は必要になるのは覚悟することです。
  • つまり、どんな習い事をするにも月謝を支払うように
  • プロのサッカー選手を目指すなら、身体作りや遠征費、習得費用など最低限必要になる資金が、必ず必要になることを覚悟する。

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

サッカー手続きページ

 



プロサッカー選手を目指す別れ道
プロのサッカー

プロサッカー選手を目指す別れ道

 

 

 

プロのサッカー選手を目指す道はパターンがある

  • 有名な高校または大学からプロへ
  • Jクラブなどのジュニアクラスから昇進してプロへ
  • Jクラブの入団テストを合格してプロへ

有名な高校または大学からプロへ

  • Jリーグのプロの契約は拘束が厳しくない。
    1. つまり、高校や大学で活躍した選手は自由にプロ契約が出来るシステムになっているのです。
    2. つまり、プロのスカウトの目に留まり声をかけられれば自由に契約しても構いません。

スカウトして貰うために

スカウトの目に留まるにはどうしたら良いか?

  1. 高校など進学する時は全国大会に出場出来る様な高校へ進学を目指すこと。
  2. つまり、全国レベルの大会で無ければ、スカウトも見に来ると言う事は少なくなります。
  3. 逆を言えば全国大会レベルになれば多くのスカウト目に自分をさらすことが出来ると言う事になります。
  • また都道府県別の代表に選抜されるなど実力を身に付け目立つことが求められるのも事実です。
    • 高校であろうと大学であろうとスカウトの目に付くような光るプレーが出来れば期待も大きく膨らんで行きます。

必ず、Jリーグのスカウトは、大きな大会には視察に来ます。

  • 大きめな大会がある時は貪欲にプレーし目立つことが需要と肝に銘じてください。

但し目立つだけではだめです。プロの目はごまかせません。

 

Jクラブなどのジュニアクラスから昇進してプロへ

Jリーグのクラブは幼い頃からプロ育てるためのジュニアクラスを持っています。

  1. 小学生以下(ジュニア)
  2. 中学(ジュニアユース)
  3. 高校(ユース)
    • 幼い頃から、サッカーに溶け込み慣れていく事で自然と英才教育が受けられて行きます。
    • 幼い頃は実力もさほど変わりませんので、その時により鍛錬し鍛えて抜きに出る事も大事です。

また、ジュニアクラスからジュニアユースと昇格する事を目標におき、ジュニアユースからユースに昇格をする。

  • ユースで実力を磨きさらに上位の位置づけにいる事でプロ契約が近くなります。

ジュニアユースまたはユースでプロ契約ができずに大学へと進む。

  • ですが、どこで本人が開花するか?
  • 実際分かりませんが、必ずやって来た事が花開くことがあります。
    • そのチャンスをつかむ事が出来るか?出来ないか?も実力なのです。

ただ諦めない事が大切だと何度も言っているその通りなのです。

 

Jクラブの入団テストを合格してプロへ

  • セレクションでプロのサッカー選手へ。

サッカーには一般応募は無い。

ではどうする?

  1. サッカー関係者の紹介や
  2. 過去のプレーや映像などが参考条件になる。

実力やプレーに興味を持って貰えば、セレクションに呼ばれテストを受ける事が出来ます。

  1. セレクションで契約となった場合は本格的な実力のみです。
  2. 実力一つで上にあがっていかなければいけません。
    • つまりテスト生としての入団で、Jリーガーになった訳ではありません。

その後プロとして通用すると認められた場合のみプロ契約でき、年俸などの話になるのです。

  • 練習生と言ってもプロの卵です。
    • そこで、どこまでの実力が発揮できるのかが勝負です。

 

本格的契約後はプロへ

  • Jリーグプロデビュー

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

サッカー手続きページ

 



  
ココがPOINT
ココがPOINT

プロのサッカー選手になるには厳しく長い年月をサッカーに費やします。ただし1度プロ契約すると実力次第でグングン年収は上がっていき平均1000万円となります。Jリーグ選手で億の収入を獲得している選手も数人います。
スポンサード リンク

ココがPOINT
ココがPOINT