TOP > 趣味・レジャー >レーシングドライバーの手続き> 趣味・レジャー目次へ

 
レーシングドライバー
レーシングドライバー手続き
レーシングドライバー手続き レーシングドライバー手続き
  レーシングドライバーになる夢を叶えたい。レーサーになってF1やGPで活躍を志す方にオレーサーになる為に必要な手続きや手順と方法をキチンと理解しておきましょう
レーシングドライバー手続き レーシングドライバー手続き
.
レーシングドライバーとは レーシングドライバーになる為の資格
レーシングドライバーになるには  
 

.
レーシングドライバーとは

レーシングドライバー

レーシングドライバーとは

 

 

 

F1レーサーの人数

  • 世界で活躍するF1レーサーは、ほんの一握り
  • F1のレースに出場出来る権利を持つレーサーは世界で40人〜50人程度

 

世界で開催するレースの種類

フォーミュラのレース

  • フォーミュラ1
  • インディカー・シリーズ
  • スーパーフォーミュラ
  • GP2
  • GP3
  • フォーミュラ・ルノー3.5
  • A1グランプリ
  • フォーミュラ2
  • フォーミュラ3
  • 国際フォーミュラ3000
  • ユーロF3000選手権
  • Auto GP

その他

  • 全日本GT選手権
  • SUPER GT
  • ル・マン24時間レース
  • デイトナ24時間レース
  • セブリング12時間レース
  • 世界ツーリングカー選手権
  • FIA GT1世界選手権
  • 世界ラリー選手権
  • ラリー・モンテカルロ
  • サファリラリー
  • ダカール・ラリー
  • ジムカーナ
  • バギー
  • ダートなど

世界では様々なレースが開催されている。

世界3大レース

  • インディ500(アメリカ合衆国)
  • モナコグランプリ(モナコ)
  • ル・マン24時間レース(フランス)

 

 

日本開催のレース

F3レースはF1ドライバーへの道

  • 全日本F3選手権
  • F3チャンピオンは、F1への道が開ける
  • ドライバー申請で、F1に参戦できるスーパーライセンスの権利を受けられます。

 

レーシングドライバーは実力のみ

  • レーサーは実力のみ
  • コネやひいきなど存在しない
  • つまり遅ければ脱落する
  • 実力次第で這い上がる世界です
  • その他、高額な費用(経費)が必要です

 

レーシングドライバーの契約

  • レーシングドライバーはスポンサー契約をする
  • つまり、企業などからスポンサーが付くほどの実力を身に付ける
  • スポンサー契約は高額報酬となる

 

レーシングドライバーの収入

レーシングドライバーとして、収入を得て生活が出来るのは、ほんの僅かな人のみ

  1. F1クラスのトップ選手:年間約数十億円の報酬となる
  2. スポンサー契約:数千万円〜数十億円
  3. 賞金は、期待できないほどの賞金額です。
  4. その他CM、テレビ、雑誌などの副収入が入る
  5. 日本国内のトップ選手:数千万円〜億の収入になる

 

レースグレード

  • F3
  • GP2
  • F1

グレードが上がれば、自分に対する評価も上がりスポンサー契約も増えていく。

 

F1王座

  • F1王座は数十億円の収入が入る
  • 有名なミハエルシューマッハの当時の収入:推定200億円

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

レーシングドライバー手続きページ

 



レーシングドライバーになる為の資格

レーシングドライバー

レーシングドライバーになる為の資格

 

 

 

レーサーの出場資格

  1. 国内B級ライセンス
  2. 国内A級ライセンス
  3. 国際(A、B、C級)ライセンス
  4. スーパーライセンス

上記のライセンスを取得する必要があります。

条件

  1. 18歳以上で普通自動車免許を取得している
  2. JAF(社団法人 日本自動車連盟)発行の「競技運転者ライセンス」が必要
  3. サーキット走行の練習に必要、国内B級ライセンス

B級ライセンス取得条件

  1. 18歳以上の普通自動車免許証を持っている
  2. 外国の運転免許証を持っている
  3. JAFの会員
  4. 以上で取得可能です

 

本格的なレースに参戦する場合

A級ライセンス取得条件

  • 国内B級ライセンス取得者。
  • (ラリー、ジムカーナ、ダートトライアル、サーキットトライアルなど、、、)1回以上出場完走している。
  • 公認サーキット証明がある。スポーツ走行25分以上の経験がある者。
  • 国内B級ライセンスが無い者↓
  • (公認サーキット証明がある。スポーツ走行50分以上の経験がある者)

その他の条件

  • 国内A級ライセンス講習会を受講
  • (講義および筆記試験、走行実技試験)

 

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

レーシングドライバー手続きページ

 



レーシングドライバーになるには
レーシングドライバー

レーシングドライバーになるには

 

 

 

 

レーシングドライバーになる為に

  • カートレースに参戦
  • レーシングスクールに入校
  • 大事なのは幼少期の英才教育が必要
  • 高額な費用(経費)が必要です

 

カートレースに参戦

  • 全国のカートショップが応募する
  • クラブチームに入会する

諸費用

  • 初回の費用:約100万円
  • 入会後の費用:年間約400万円〜700万円
  • (レース参戦、遠征、宿泊、ガソリン、消耗品など、、、)
    1. 小学生時:年間約400万円〜700万円
    2. 中学、高校時:年間約800万円〜1000万円
    3. 幼少期〜高校まで:約億以上の経費が必要です

カートレース

  • レースで常に上位または優勝常連者になる
  • タイム走行では標準を上回るタイムで走行する
  • スポンサーなどの注意をひくことが重要となる
    • 飛び抜けた選手は、レース参戦費用などスポンサーが付く
    • つまり、レーサーの道が開かれる

レーシングスクール

  • 全国にレーシングスクールがある
  • 応募資格をすべて満たし、入校する
  • 養成費:卒業まで約800万円〜1000万円

有名なレーシングスクールへ

  • 鈴鹿サーキットレーシングスクール

入校基準

  1. 16歳以上(カート経験者)
  2. 18歳以上(普通免許所有者)

ステップアップ方式

  1. 最初:体験スクール(適性や能力測定)
  2. ベーシック(体験スクール合格者のみ)
  3. アドバンス(一流レーサーを目指す者のみ)
    • スカラシップ:アドバンス生徒の中で更に優秀な生徒↓
    • (フォーミュラ・チャレンジ・ジャパンの出場権利)
    • スポンサーなどに注目されることになる
    • つまり、レーサーの道に載ることになる

レーシングドライバーになる費用

  • レーシングドライバーは高額な費用が必要となる
  • つまり、優秀な成績を獲得しスポンサー契約を結ぶ事が条件となる
  • カート参戦時やスクール時にスポンサーの目に留まる選手になること

 

卒業後プロを目指す

  • レーサーデビュー

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

レーシングドライバー手続きページ

 



  
ココがPOINT
ココがPOINT

レーシングドライバーになるには養成学校の訓練を受けます。レーサーは一度事故を起こせば生死を分ける事になります。実際に何人もの方が命を落としています。養成学校はレーサーの安全養成と同時に適性も的確に判断されます。
スポンサード リンク

ココがPOINT
ココがPOINT