TOP > 趣味・レジャー >水泳選手の手続き> 趣味・レジャー目次へ

 
水泳
水泳手続き
水泳手続き 水泳手続き
  水泳の選手になる夢を叶えたい。プロ水泳の選手になって活躍を志す方に水泳選手になる為に必要な手続きや手順と方法をキチンと理解しておきましょう
水泳手続き 水泳手続き
.
プロ水泳とは プロ水泳になる為の基本
競泳を目指す道  
 

.
プロ水泳とは

水泳

プロ水泳選手とは

 

 

 

水泳選手とは

  1. 自己申告制です。
  2. 各都道府県の水泳連盟に選手登録する。
  3. 以上で水泳選手の仲間入りです。

 

現在プロで活躍する水泳選手

  • プロは、ほとんどいないと言って嘘ではありません。
  • つまり、TVなどで見る、ほとんどの選手がアマチュアなのです。
  • 唯一、日本人でプロスイマーは北島康介選手のみです。

水泳の競技種目

  1. 自由形
  2. 平泳ぎ
  3. 背泳ぎ
  4. バタフライ
  5. 以上の4泳法

 

自由形の距離

  • 50m
  • 100m
  • 200m
  • 400m
  • 800m
  • 1500m

平泳ぎ・背泳ぎ・バタフライ

  • 50m
  • 100m
  • 200m

個人メドレー

  • 200m
  • 400m

 

試合数

オールーシーズン

  • 大きな大会約15試合

1年通して最終約3月まで

  • 日本競泳のシーズンは4月〜3月までが1シーズンとして戦う
  • 国際競泳のシーズンは4月〜12月ごろまで

5輪選手

日本代表などに選ばれる選手

  • 男子約15名
  • 女子約15名
  • 合計約30名 ほどです。

 

水泳選手の契約の種類

  • ほとんどの選手が、企業と労働契約を結ぶ
    • つまり、一般の会社員と同じ
    • プロ契約する水泳選手は、ほとんどいない

企業と労働契約の選手

一般契約

  1. 普通の会社員としての扱い
  2. シーズン中は水泳に専念できる
  3. シーズンオフは会社員として働く
  4. 収入は一般会社員と、ほぼ同じ

 

プロ契約の水泳選手

  1. 一般企業とプロ契約する
  2. 1年間を通して水泳に専念する
  3. 企業から年俸制の収入が入る
  4. 有名な選手(CM、雑誌、TVなど)副収入が入る
  5. 一流選手は年間収入が数千万円となる
  6. (因みに北島選手の場合:1億円以上)

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

水泳手続きページ

 



プロ水泳になる為の基本

水泳

水泳選手になる為の基本

 

 

 

水泳選手になり活躍する為の基本的な考え

水泳選手の身長

男子

  • 日本平均身長:180p

女子

  • 日本平均身長:170p

 

水泳を覚える

  • 水泳選手になるには本物の水泳を知ることです。
    1. 単にプールを泳ぐのでは無く
    2. どの様に呼吸をするのか?
    3. どの様に腕や脚を動かすのか?など
  • つまり競泳の水泳選手になる為の動きです。
  • つまり頭の回転の良さも要求されるのです。

 

水泳選手の身体になる

  • 水泳選手は身体フィジカルが重要です。
    1. 体力勝負のスポーツでもある競泳
    2. スタミナ不足を感じる事も多くある。
    3. その度に挫折をしていては務まりません。
  • つまり、丈夫な身体、競泳で通用する身体を作り上げる為の日々のトレーニングと練習です。
  • 水泳選手を目指すのであれば、若い頃から意識したフィジカルトレーニングが大事になるのです。

 

トップ選手の中で通用する技術

  • 競泳選手になる為の技術を身に付ける事も重要です。
    1. 技術は今日明日に身に付くことはありません。
    2. 一流選手の真似をする。
    3. 最初は見たままの真似で構いません。
    4. 最終的に出来る様になるまでやることです。
  • 日々の努力と忍耐による練習や目標に向かって努力を積み重ねること。
  • 個個の個人で才能だったり実力は違うものですが、それ相応の実力が身に付くまで努力すると言う気持ちと精神が必要になります。

 

実力と経験は比例

  • 小さい町の大会から始まっても良いですが、全国レベルの大会や、それに相応しい実力を持った選手が出る大会などに積極的に参加できる実力を身に付ける。
    1. また、可能であれば、日本トップ選手や世界の競泳を見て練習に参加させて貰うなど。
  • つまり、経験があれば実力も付くし武器になる
  • また、その様な有名な選手が集まる場所には良き指導者も多くいるのも事実です。
  • 良き指導者と出会うのも実力の一つです。

 

精神力で目指す

  • メンタルはスポーツの世界においても、何かを目指す人にとって重要なものです。
    1. このメンタルつまり精神力が無ければ何をやってもうまくは行きません。
    2. つまり、精神力で負ける様なら初めから一流競泳選手などの世界は目指さない事を勧めます。
  • つまり、メンタルはどの世界においても切っても切れない大事な要素である。
  • 自分との戦いとなる競泳は精神力が最も要求されるのです。
  • 競泳選手になりたいと思うなら、尚更強くそして何があっても諦めない強いメンタルが要求されるのは当然のことなのです。

 

資金力

  • どの様な事を行うにも、無料で出来ると言う事は無い。
    1. ある程度の経費は必要になるのは覚悟することです。
  • つまり、どんな習い事をするにも月謝を支払うように
  • 競泳選手を目指すなら、身体作りや遠征費、習得費用など最低限必要になる資金が、必ず必要になることを覚悟する。

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

水泳手続きページ

 



競泳を目指す道
水泳

競泳選手を目指す道

 

 

 

競泳選手を目指す道はパターンがある

  • 高校または大学からスポーツメーカーへ就職
  • 水泳クラブ所属し企業就職

高校または大学からプロへ

  • TVなどで活躍する水泳選手
    1. つまり、高校や大学で活躍した選手は道が決まってきます。
    2. つまり、スカウトの目に留まり声をかけられれば企業入りが決定します。

スカウトして貰うために

スカウトの目に留まるにはどうしたら良いか?

  1. 高校など進学する時は全国大会に出場出来る様な高校へ進学を目指すこと。
  2. つまり、全国レベルの大会に出場できる学校で実力を更に付けていく。
  3. 全国大会レベルになれば多くのスカウト目に自分をさらすことが出来ると言う事になります。
  4. 男子高校100m平泳ぎの平均:1分5秒前後
  5. 女子高校100m平泳ぎの平均:1分13秒前後
  6. 男子高校100m自由形の平均:53秒前後
  7. 女子高校100m自由形の平均:59秒前後
    • (全日本男子100m平泳ぎ約:58秒台)
    • (全日本男子100m自由形約:48秒台)
    • (全日本男子100m背泳ぎ約:52秒台)
    • (全日本男子100mバタフライ約:51秒台)
    • (全日本男子200m個人メドレー約:1分55秒台)
    • (全日本女子100m平泳ぎ約:1分5秒台)
    • (全日本女子100m自由形約:53秒台)
    • (全日本女子100m背泳ぎ約:58秒台)
    • (全日本女子100mバタフライ約:57秒台)
    • (全日本女子200m個人メドレー約:2分8秒台)
  • また都道府県別の代表に選抜されるなど実力を身に付け目立つことが求められるのも事実です。
    • 高校であろうと大学であろうとスカウトの目に付くような光るプレーが出来れば期待も大きく膨らんで行きます。

必ず、スカウトは、大きな大会には視察に来ます。

  • 大きめな大会がある時は貪欲にプレーし好タイム出すことが需要と肝に銘じてください。

但し目立つだけではだめです。プロの目はごまかせません。

 

中学生の部トップクラス

男子

  • (男子100m平泳ぎ約:1分2秒台)
  • (男子100m自由形約:50秒台)
  • (男子100m背泳ぎ約:55秒台)
  • (男子100mバタフライ約:53秒台)
  • (男子200m個人メドレー約:1分59秒台)

女子

  • (女子100m平泳ぎ約:1分7秒台)
  • (女子100m自由形約:53秒台)
  • (女子100m背泳ぎ約:1分0秒台)
  • (女子100mバタフライ約:57秒台)
  • (女子200m個人メドレー約:2分11秒台)

 

水泳クラブに入団

  • 良き指導者がいるクラブ入団する

競泳の泳ぎを指導できる講師のもとへ入団する事はとても重要です。

次に

  1. 高校や大学で飛躍しスカウトの目に留まる
  2. 企業のスカウトを受ける

実力に興味を持って貰えば、企業入りです。

  1. 企業に入社後は水泳に専念します。
  2. 入社後は実力一つで上にあがっていかなければいけません。
    • つまり入社してから勝負です。

競泳の選手として練習を積み重ねます。

 

5輪や世界へ

  • 本格的な競泳選手へ

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

水泳手続きページ

 



  
ココがPOINT
ココがPOINT

日本代表の水泳選手になるには、幼い頃から水泳に親しむことが大事です。肉体、精神すべて水泳に傾ける強い思いを持っていることです。
スポンサード リンク

ココがPOINT
ココがPOINT