TOP > 趣味・レジャー > ペット飼育手続き> 趣味・レジャー目次へ

 
飼育方法
動物が喜ぶ飼育の方法と手続き
動物が喜ぶ飼育の方法と飼育の手続き 動物が喜ぶ飼育の方法と手続き
  心を通じ合わせることのできる、まるで我が子のようにかわいいペットと本当に幸せに暮らすために大切な、健康管理の知識を皆さんは十分に持っているのでしょうか。普段から体調を気遣うのは、もちろん当然。けれど、きちんとした知識がなかったために、防げたはずの病気を患わせてしまうというケースもあるのです。
動物が喜ぶ飼育の方法と飼育の手続き 動物が喜ぶ飼育の方法と手続き
.
ショップに行く前に飼育の勉強 最適なの選び方と飼育の方法
動物(犬・猫)の飼育方法
 
.


ショップに行く前に飼育の勉強

安心できる飼育の方法を勉強 ペットショップに行く前に

 

ペットブームは衰えることを知らず、ペットを飼うことのできるマンションなども増えました。

ペットと一口に言っても

  • 犬や猫に限らず
  • ハムスターなどの小動物
  • ヘビなどの爬虫類
  • 熱帯魚などの魚類など
    • さまざまな生物がペットとして飼われています。

逃げ出したか捨てられたかで本来日本には生息しない外来動物が野生化して現れ、時折びっくりするようなニュースになることもあります。

 

ペットは生き物です。

  1. 大きくもなれば病気や怪我もするし、子どもも生みます。
  2. 飼い主が困ることもたくさんし、しつけが思うようにいかないこともあるでしょう。

でも

  1. 「飽きてしまったから」
  2. 「大きくなって、かわいくなくなったから」
  3. 「手に余るから」など
    • という理由で簡単に捨てたりしてはいけません。

 

ペットを飼う以上は、そのペットがあなたの元で寿命を全うするまで、責任と愛情を持って飼いましょう。

また

  • 成長すればどのくらいの大きさになるか?
  • 原産地はどこで、寒さや暑さには強いのか?
  • 体は丈夫な種なのか?
  • エサはどのくらい食べるのか?
  • 人になつくのかどうか?
  • 鳴き声やにおいなどで近所に迷惑をかけないかなど
    • 事前に調べて勉強しておくことです。

 

ペットショップに行く前に、飼いたいと思うペットの情報を事前に入手し、実際に見たうえで購入を検討しましょう。

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

動物が喜ぶ飼育の方法と手続きページ

 



最適な選び方と飼育を覚える

安心できる飼育法 ペットショップの選び方

 

ペットショップには、さまざまな動物がいます。

  • 犬や猫はもちろんのこと
  • ハムスターやねずみ
  • 金魚や熱帯魚
  • 小鳥など。

犬や猫なら犬猫を専門に扱っているペットショップもあります。

また、ペットホテルやペットの美容室などを併設しているペットショップもあります。

 

ペットショップでペットを選ぶとき

以下の点を注意して、元気で丈夫なペットを選びます。
  • ・元気かどうか
    ・食欲はあるか
    ・お尻や目の周囲、耳、鼻の下、あごの下などは汚れていないか
    ・口臭や不正咬合はないか
    ・毛のつやはいいか
    ・わきの下やあごの下などに皮膚病はないか
    ・歩き方や肉付きがおかしくないか
    ・極端に安値で売られていないか

ペットショップで購入

  • 連れて帰ってきた初日は、環境の変化にペットも戸惑って、疲れています。
  • その日はそっとしておいてあげてください。

 

  1. 自分のにおいのついたおもちゃや敷物、タオルなどがあると安心します。
  2. エサも、今まで食べていたものを与えるようにしたいものです。
  3. 子犬などは、数日の間夜鳴きをしますが、じっと我慢しましょう。

 

ただし

トイレのしつけだけは悪い癖をつけないためにも初日からしっかり行いましょう。

  1. 床のにおいをかいでソワソワする気振りを見せたら
  2. 抱き上げてトイレに連れて行ってあげてください。
  3. 優しくオシッコはココだよと声をかけて教えます。
  4. 上手にできたら目いっぱい褒めてあげます。
  5. 決して怒鳴ったり手をあげたりしてはダメです。
  6. それは、しつけでは無く虐待です。

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

動物が喜ぶ飼育の方法と飼育の手続きページ

 


2位動物が喜ぶ飼育の方法と飼育を勉強
Topics 動物が喜ぶ飼育の方法と 動物が喜ぶ飼育の方法と
  安心できる飼育法悪質ブリーダーの問題(病気の子犬を販売する・お金を振り込んだのに子犬を送ってこないなど.)現在では取引制限など強化が図られ改善されつつあります。そこでお勧めするのは優良ブリーダー専門サイトのドッグブリーダーさん。ブリーダーであればオーケーではなく、優良ブリーダーのみ厳選登録。良いブリーダーから貰い受けることは悪質ブリーダーを減らす事でもある。  
  HP  ドッグブリーダー 参考ページへdogbreeder.ugpet.com安心できる飼育法  
動物が喜ぶ飼育の方法と手続きトピックス

動物(犬・猫)の飼育方法

安心できる飼育の方法 犬猫ペットの飼育方法

 

犬を飼うときにや飼育は、法律で定められた義務があります。

  • それは、畜犬登録と狂犬病の予防接種。
  • 狂犬病予防法によって、犬を飼う時には市区町村で登録することが義務付けられています。
  1. 30日以内に市区町村役場や保健所などで登録しましょう。
  2. 登録は基本的に1回限りで済みます。
  3. 転居したときには、必ず転入先の市区町村に再登録してください。
  4. 登録を行なっていないと、万一迷い犬になった場合、野犬とみなされることがあります。
    • また、予防接種は毎年1回受けることになっています。


猫は、登録や予防接種の義務はありません。

  • 犬の登録を行なうと鑑札と門標が、予防接種を行なうと注射済証がもらえます。
  • 門標は家の玄関などに、鑑札と注射済証は犬の首輪につけておきます。

 

そのほか、犬や猫などのペットとの生活で大切なこと

  1. 健康管理
  2. しつけの2つです。

 

犬猫の健康管理

  1. エサの与え方や歯磨き
  2. 運動、散歩などが日ごろの健康管理になります。
  3. そのほか、グルーミングやシャンプーなどのときに毛のつやを見たり
  4. 皮膚病になっていないか確かめたりしておきます。


また、「ペットの選び方」でチェックした項目や遊んでいるときの様子も日ごろからよく観察し、「おかしいな」と思ったら、早めに動物病院で診てもらいましょう。

また、病気はかかってから治すよりも、予防の方が大切です。

  • ワクチンを接種しておくことで、下記の病気を防ぐことができます。
  • 犬の狂犬病の予防接種はもちろんですが
  • 任意接種のものもありますので、受けておきましょう

ワクチン接種で予防できる病気と飼育の方法

犬猫のしつけ

人間とペットとがお互いに気持ちよく過ごすためにも、しつけは重要です。

  • 無駄吠えは近所迷惑にもなります。
  • 人を咬んだり引っかいたりすると危険が伴います。
  • 外に飛び出す癖があると、交通事故にも遭いかねません。
    • 排泄だけではなく、こういったこともきちんと教えていきましょう。

 

犬や猫をしつける前に

  • まず飼い主がしなければならないことがあります。

それは、犬や猫に合わせた生活環境を整えるということ。

  • いたずらをされるようなものは、ペットの目に付かないところにしまっておきます。
  • されては困るようなことをペットができないような環境づくりを考えましょう。
  • その上で、してはいけないことをしつけていきます。

 

犬猫のしつけのポイントは

  • 褒めるときと叱るときのメリハリをつけることです。
  1. 褒めるときはオーバーなくらいのしぐさで。
  2. 叱るときは毅然と叱ります。
  3. 大きな音を立てるのも1つの方法です。
  4. ですが、殴ったり叩いたりしてはいけません。逆に言うことを聞かない子になります。

猫を叱るとき

  1. やった瞬間を逃さないこと。
  2. 猫は現行犯でないと理解できません。
  3. 但し、同じ言葉を使い、大きな声で名前を呼ぶのは避けましょう。
  4. 名前を「叱られるときの言葉」として認識してしまうからです。

 

散歩のとき

  1. 人の前を歩く犬は、自分と主人の関係を把握していない証拠。
  2. 自分の方がえらいと思ってしまうので、しつけが難しくなります。
  3. 犬が前に出そうになったら、「後へ」と言って横につかせるようにしましょう。

 

犬の無駄吠えなど

  1. 近所迷惑になる行為もきちんと叱ります。
  2. 叱るときは顔を持ってシッカリ目を見てダメだよと言い伝えます。
  3. ただし、ストレスが溜まっているようならよく散歩させるなどさせます。
  4. 犬が吠える原因を取り除くことも必要ですね。
    • 猫の爪研ぎやスプレーも同様です。

正しくしつけをし、ペットと人がともに楽しく暮らせるようにしたいものですね。

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

動物が喜ぶ飼育の方法と飼育の手続きページ

 



ココがPOINT
動物が喜ぶ飼育の方法と飼育を勉強

ペットを飼うことで近所から苦情が出るのは、飼い主の責任です。ペットの身になって、なぜそういうことをするのかよく考え、それを防ぐ手立てを講じることが、飼い主には求められるのです。マナーを守れないペットは、公共の場に出すべきではないでしょう。特に猫は、他所の庭に排泄したり、花壇を荒らしたりなどしてしまいます。猫の病気予防の観点から見ても、室内飼いにしたほうがいいでしょう。
スポンサード リンク

動物が喜ぶ飼育の方法と手続きポイント
動物が喜ぶ飼育の方法と飼育の手続きポイント