TOP > 趣味・レジャー > ペットが死んだ時の手続き> 趣味・レジャー目次へ

 
ペットが死んだら
動物が死んだ時にやる事
動物が死んだ時にやる事の手続き 動物が死んだ時にやる事の手続き
  今まで一緒に暮らして来たペットが死んだら。考えたくも無いけど最愛のペットが死んでしまった時はどうしたら良い?ペットが死んでしまった時の流れやアドバイスなど教えますのでシッカリ把握しておきましょう。
動物が死んだ時にやる事の手続き 動物が死んだ時にやる事の手続き
.
動物が死んだ時にやる事の 動物が死んだ時にやる事の対処
動物が死んだ時にやる事とお別れ準備
 
.


動物が死んだ時にやる事

動物が死んだ時にやる事 ペットが死んだら

 

現在では、数多くのペットが飼われています。

犬や猫に関して言えば、犬猫合わせて2000万匹と言う莫大な数が飼われているのです。

 

また、数多く飼われていると言うことは、その分、死んでいくペットも数多くいると言うことなのです。

 

現代のペットへの考え方も変わりつつあり

  • 今やペットと言う位置づけよりも
  • 家族と言う位置づけになっています。

つまり、そんな家族であるペットが死んだ時の辛さや悲しみ心の傷は相当なものになるのです。

  • また、どんなに愛情を注いでも人間より長く生きることは出来ないのです。
  • また、事故や病気で突然死することもあるのです。

つまり、家族であるべきペットが死んだ時のことは、シッカリ心に留めて置かなければいけないのです。

  • つまり、死んだ時の覚悟です。

その覚悟が持てないとペットロスなどになり心の病やうつ病になってしまうのです。

現代ではペットロスの問題は大きく取り上げられています。

  • ペットロスになるほど愛情いっぱいに一緒に暮らして来たペットだからこそ
  • 最後は愛情を持ってペットの供養などしてあげる様にするのです。

 

ペットが死んでしまったら

  • 愛情を注いで来た分、死んだときにやってあげられることが多くあるのです。

では、どの様にすることが良いのか?良い方法か?

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

動物が死んだ時にやる事の手続きページ

 



動物が死んだ時にやる事の対処

動物が死んだ時にやる事 ペットが死んだ時の対処

 

ペットは遅かれ早かれ人間よりも早く死んでしまいます。

もしも死んだら

  1. 死は、いつ何時おこるか分かりません。
  2. 常に、心の準備はしておく必要があります。

 

犬が死んだ場合

  1. 犬は狂犬病予防を市区町村に登録します。
  2. その為、犬が死んだ時も死亡届を保健所に提出する必要があるのです。
  3. 死亡後30日以内に管轄の保健所に届け出しましょう。

 

ペットが死んだら行うこと

  1. 体を綺麗に拭いてあげます。
  2. 自宅にて、いつも通りの場所で静かに寝かせてあげます。
  3. 好きだったオモチャなども一緒におきます。
  4. 線香をあげて感謝を伝え祈ってあげます。
  5. 通夜を行う場合は、夏場などは保冷材などで体を冷やしてあげてください。
  6. 埋葬、火葬、葬式の準備を行います。
  7. 埋葬する場合、動物の場合は自宅の庭などに埋葬してあげても構いません。
  8. 火葬する場合、保健所などでも行っていますし、民間のペット葬儀屋でも行っています。
  9. 葬式する場合、保健所など国の施設の場合は、遺骨は戻して貰えません。
  10. 民間の葬儀屋で葬式まで行う場合は、遺骨から供養まで一式で執り行って貰えますしオリジナルに、幅広く対応をしています。
  11. 遺骨が自宅に帰って来たら供養し、埋葬する準備を行います。
  12. ペットの遺骨は自然に返すことで供養できるとなっています。
  13. 自宅に遺骨を保管する家族もいますが、できればですが自然に戻すと良いのです。
  14. つまり、自然葬と言われる埋葬のものです。

以上が、死んだ時の一連の流れです。

  • 辛く苦しく悲しい思いは分かりますが、その様にいつまでも後悔や思い悩んでいると、いつまでも成仏は出来ません。
    • 成仏できなければ魂だけがさ迷い逆に可愛そうな思いをさせてしまうのです。

 

ペットに成仏して貰うには

  • 感謝の心で祈ってあげること、成仏してねと伝えてあげることなのです。

家族が納得の出来る、そしてペットが安心して成仏し旅立てる様な、お別れする事が大事になります。

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

動物が死んだ時にやる事の手続きページ

 



動物が死んだ時にやる事とお別れ準備

動物が死んだ時にやる事 ペットとのお別れ準備

 

死んで間もなく葬儀の準備になります。

別れが辛いからと、いつまでも自宅に寝かせて置く訳にはいきません。

ペットとのお別れの準備

  • つまり、火葬埋葬を執り行う必要があります。

 

ペットの棺

  • 遺体を安らかに寝かせ火葬が出来る棺を用意してあげます。
  1. ペットが入るカゴや段ボールで手作りしてあげると良いでしょう。
  2. また小さなペットはタオルだけで包んであげても良いです。
  3. 安らかに気持ちよく寝られるベッド作りと言う感じです。
  4. ペットの横や周囲を囲むように保冷剤やドライアイスを置いてください。とくにお腹には多めに置くようにします。
  5. ペットの上にバスタオルや毛布などで包んであげてください。
  6. ※夏場はとくに腐敗が進まない様に気を使ってあげてください。
  7. ※腐敗など進んだら可愛そうで仕方が無くなります。
  8. ※自宅に遺体のまま置いてあげられるのは2日が限界です。

ペットの棺など、ネットで購入もできますが、やはり愛情を持って手作りしてあげると喜びますね。

また

  • この状態で火葬や土葬に入ります。
    • 着ていた服やペットのお気に入りオモチャなど
    • 好きだったおやつ・ぬいぐるみなど
    • 共に火葬や埋葬しても構わない物を用意してあげましょう。
    • ※土葬の場合は土に返る物を入れる(プラスチックなどは残ってしまうのでダメ)
    • ※火葬の場合は燃える物を入れる(金属などは燃えないのでダメ)

 

ペットの埋葬の方法

  • 火葬にするのか
  • 土葬にするのかなど決めます。

 

土葬の場合

  • 自宅の庭などいつも遊んでいた場所や近くに最低でも1メートル位の深さに穴を掘り土葬してあげます。
  • 但し、埋葬できるのは自宅や許可を得た場所のみです。

その他の公共の場や他人の土地に勝手に埋葬することは禁じられています。

 

火葬の場合

  • 保健所
  • 市などの自治体
  • 民間葬儀などがあります。

保健所などは

  • 火葬した後のことまで面倒は見ては貰えません。
    • つまり、火葬後に遺骨などは当然ですが返して貰えません。
    • そのまま産業廃棄物として処理される場合がほとんどです。

 

市や自治体の葬儀

  • この場合も遺骨などは返して貰えません。
    • しかし、火葬後の埋葬場所や合祀を行う場所など明確にしている所も多くあります。
    • 合同ですが最後の供養まで執り行って貰えます。

また

  • 火葬立ち合いや埋葬立ち合いは出来ませんが、執り行った日にちなど教えて貰えます。
    • また、合祀、埋葬先に出向いて供養や線香をあげることも出来るのです。

 

民間の葬儀屋

  • 全てがセットになっている場合がほとんどです。

例えば

  1. 火葬から
  2. 骨壺
  3. 埋葬から供養まで。
  • 遺骨の返却希望であれば、火葬後に当然返して貰えます。
  • ほとんど全ての事は、相談に乗って貰えます。

遺骨の返却の希望の場合は

  • 民間の葬儀屋にお願いするしか方法はありません。

 

ペットの葬儀後

  • 死んでから49日は、魂だけは存在すると言われています。
  • つまり、形は見えませんが今まで通り共に生活していると言われています。
  • 49日までは、線香などコマメにあげて感謝の気持ちを伝え、成仏出来る様にと語りかけて祈ってあげると良いでしょう。
    • 49日を過ぎると天空にスッーと昇って行くのが成仏すると言うことなのです。

 

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

動物が死んだ時にやる事の手続きページ

 



ココがPOINT
動物が死んだ時にやる事の供養

ペットが死ぬと言うことは辛く苦しい。家族としていつも一緒にいたのにと思うと耐え難い辛さです。しかし辛く悲しんでいてはペットは成仏出来ません。今までの楽しい思いを貰えた感謝をすることが成仏できる供養なのです。
スポンサード リンク

動物が死んだ時にやる事の手続きポイント
動物が死んだ時にやる事の手続きポイント