TOP > 趣味・レジャー > ペットロス改善の手続き> 趣味・レジャー目次へ

 
精神的な病気のペットロス改善方法
動物が死んだ時に出る精神的な病気の症状ロス改善の方法
動物が死んだ時に出る精神的な病気の症状ロス改善の方法の手続き 動物が死んだ時に出る精神的な病気の症状ロス改善の方法の手続き
  ペットが死んでペットロスになってしまった時の対処の仕方。気力が無くうつ状態になった時のペットロス改善の方法など教えますのでシッカリ把握しておきましょう。
動物が死んだ時に出る精神的な病気の症状ロス改善の方法の手続き 動物が死んだ時に出る精神的な病気の症状ロス改善の方法の手続き
精神的な病気
愛する動物が死んだ時に出る精神的な病気の症状ロス改善の方法の死を受け入れる 動物が死んだ時に出る精神的な病気の症状ロス改善の方法を受け入れる
動物が死んだ時に出る精神的な病気の症状ロス改善の方法
 
精神的な病気


愛する動物が死んだ時に出る精神的な病気の症状ロス改善の方法の死を受け入れる

動物が死んだ時に出る精神的な病気の症状ロス改善の方法 愛するペットの死を受け入れる

 

ペットの死を見つめる

頭では理解していることでも、中々うまく受け入れられないのがペットロスの特徴なのです。

 

どんなに愛しても早く死んでしまうという現実

  • ある特定の動物を除いて、どんなに良い環境で理想的な食事を与えていても、ほとんどのペットが必ずあなたより早く亡くなります。
  • また、いくら病気知らずの健康体のペットであっても、必ずペットはあなたより早く亡くなります。

ペットは人間より寿命が短いこれが事実なのです。

  • しかし、この簡単なことを理解する事がどれだけ難しいことか。
  • 頭で理解できても感情や精神状態はそう簡単には理解できません。

わかっているつもりでも、ペットが亡くなると悲しくてどうにもできなくなってしまうものなのです。

 

死を受け入れる

ペットロスの方はペットの死を受け入れたがりません。

  • しかし、現実は違います。
  • 死んでしまったのです。

 

  • ペットの死を受け入れ現実を見つめること。
    • 感謝する心で死んでしまったペットにお祈りするのです。

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

動物が死んだ時に出る精神的な病気の症状ロス改善の方法の手続きページ

 



動物が死んだ時に出る精神的な病気の症状ロス改善の方法を受け入れる

動物が死んだ時に出る精神的な病気の症状ロス改善の方法ペットロスを受け入れる

 

ペットロスで何もする気力が出ない

普通の人には理解できないですが、ペットが亡くなるとまわりの反応が怖くて誰とも話をしたくなくなります。

  • また、自分が不安定になり誰にも会いたくなくなります。
  • これが悪化して社会生活ができなくなるのです。

ペットロスを改善して行くには

  1. 小さい事でも話ができる相手を見つけることです。
  2. もしも、あなたが泣き崩れても受けとめてくれる相手を見つけることが大切です。
    • 誰とも接触しない期間が長くなると、ひきこもりを併発する場合もあります。

自分がペットロスと認識する

  • ちょっとでもペットを連想する話をしたり
  • 聞いたりすると涙が止められなくなる
  • これは誰もがペットを亡くした後しばらく続くものだと認識すること

つまり

  • 改善するのに大切な事は、悲しむときはちゃんと悲しむ。
  • 改善する為に泣きたいときは泣けるだけ泣いてください。
  • 改善する為に辛ければ辛いと思いっきり叫んでください。
  • それができないで自分の気持ちを抑えつけてしまうとダメ改善が難しいのです。
  • それができないと、いつまでも悲しみを引きずってしまい改善出来ないのです。
    • つまり、自分を押さえつけ我慢する人に限ってペットロスが長引き改善できない。

つまり

  • ペットロスを長引かせ無い為にも、悲しい時は思いっきり悲しんでください。
  • 感情を抑えすぎれずに、悲しくなった時には素直に悲しんでください。
    • そうすることで気持ちも少しづつ緩和され改善方向に向かいます。
    • 何年も泣き続けることにはなりません。

自分を抑えて生活を続けると、思わぬ所でツケがまわってきてしまいます。

  • ペットロスが重症となる事も十分考えられます。

 

ペットロスで悲しんで良いのです

「いつまでも悲しんでなんかいられない」

  • そのように切り替えて考え様とする飼い主さんが多いですが、これは間違いです。
  • 実は、改善する良い方向では無く、逆に作用してしまうのです。

愛するペットが亡くなったのですから、簡単に悲しみをぬぐえる訳はないのです。

  • いつも、そばにいたペットがいなくなった寂しさ
  • できることをしてあげられ無かった
  • やってあげられ無かった後悔
  • 自分を置いて逝ってしまった怒り
  • 愛するペットに対するさまざまな気持ちや感情は簡単には整理できないのです。

「無理に振る舞う感情ダメ」

  • 無理に元気に振る舞うこともできます。
  • まわりの人はそんなあなたを見て安心するかも知れません。
  • でも、偽っている自分がいつも苦しい思いをしてしまいます。
    • 表に出せない寂しさや悔しさ
    • とても辛く苦しいものではありませんか?

最愛のペットはあなたを苦しめたいと思うでしょうか?

  • そんなことはありません。

いいですか!

  • あなたの愛したペットはあなたの笑った顔が大好きなのです。
  • 事実、怒った顔をしている時にあなたのペットは近づいて来たでしょうか?
  • ペットは、苦しむあなたを見たいとは思っていないのです。

愛するペットには、常に気持ちは届いています。

  • 自分の気持ちに素直になっていいんですよ。
  • それこそペットロスから立ち直る早道になります。

元気ぶっても、あなたのペットには騙す事が出来なかったでしょ。

  • 亡くなってまで心配をかけることはしないでください。
  • ペットの供養の妨げになっているのです。

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

動物が死んだ時に出る精神的な病気の症状ロス改善の方法の手続きページ

 



精神的な病気の
動物が死んだ時に出る精神的な病気の症状ロス改善の方法

動物が死んだ時に出る精神的な病気の症状ロス改善の方法ペットロスの改善方法

 

ペットロスへの対処

ペットの死は現実のもの

  • 現実として受け入れるということが最も大切なことなのです。

 

とくに事故や病気などの突然死で全く予期していなかった場合

  • まさか!そんな、という気持ちが強く
  • を素直に受け入れることがとても難しく
  • 受け入れるまでに時間がかかるのが現実です。

次に何度も書いていますが

  • 悲しみの気持ちを素直に表現する必要があり大切な事です。

 

この段階が重要

  • この時に自分の気持ちを十分に開放することができないと
  • 立ち直りが上手くいかなく、改善が遅れることがあります。

 

周囲の人達の理解が無い場合

  • 自分はおかしいのではないかと思ったりする
  • 感情を押し殺してしまったりする
  • 自分の気持ちを素直に表現することを辞めるので要注意です。

 

次の改善の段階、回復期

  • ペットのいない環境に適応することが課題となってきます。
    1. 実際にペットが死ぬまで気づかない事が多い事実
    2. そのペットが果たしていた役割や?
    3. 自分にとってどのような存在であったのか?
    4. 上記のことが十分に理解していないのが普通です。

ペットがいなくなって、ぽっかり大きな穴が開いた生活を立て直していかなければなりません。

  1. まずは、愛するペットを亡くしたことをシッカリ話せるようになることです。
  2. 少しずつ動物のいない生活を現実のものとして受け入れていくことです。

そして次の改善の段階

  • 亡くなったペットの居場所を自分の心の中につくる。
  • 亡くなったペットのことが思い出という形になる様に話せること。

 

この時期突入すると

  1. 新しいペットを飼うことに対する罪悪感はほとんど無くなりつつあります。
  2. 実際に飼うか?分かりませんが、新しいペットと一緒にくらしてみようかな!と思えるようになります。
  3. もちろん、亡くなったペットのことを忘れるわけではありません。
    • 心のずっとずっと奥の引き出しに大切に保管されるのです。

改善の段階は上記のように行くとは限りませんが、常にオーバーラップしたり、少し逆戻りしたりしながら回復していくのは確かなことなのです。

 

悲しみの深さとその持続期間は

  • ペットの年齢や繋がりの強さ
  • 一緒に暮らした期間
  • 予期せぬ死であったのか
  • 覚悟の死か
  • 安楽死かなど様々な影響を受けます。

また、考え方や感じ方はそれぞれ異なるため、悲しみの深さや持続期間も人それぞれです。

 

ペットへの感謝が改善のキーワード

  • 喪失感や悲しみから完全に解き放たれませんが
  • それ以上に楽しかった思い出や癒された瞬間を思い出したりします

すると

  • ペットに対する感謝の気持ちへと、心が変化してゆく時期がやがてやって来ます。

感謝できる気持ちになると

  1. 比較的早い時期に次のペットとの生活を始める人もいます。
  2. でも、やはり月日が経っても死を過去の事としてとらえられない人もいます。

しかし時間が解決に導きます

時間はかかりますが徐々に回復して来ます。

  • 愛するペットが死んだ!という事実よりも
  • 一緒に生きた!という事実の方が大切であると思えるようになります。
    • つまり、そのペットと暮らした良い思い出とすることが出来るようになります。

 

この段階まで来ると

ほとんどの人が回復傾向を示すようになり改善していきます。

  • 自分の人生が終わった訳ではないというポジティブで前向きな気持ちとなります
  • 空間的にも精神的にもペットのいない生活を肯定できるようになります。
  • 新しい生活を再構築して行く前向き行動ができるようになります。

 

死と言うものを受け止める

  • ペットに限らず大切な存在を失った時

決まった一定の感情パターンがあるはずなどありませんが、誰もが、その辛い感情を受け入れ無意識のうちにこれらの過程を乗り越えて新しい環境に順応していくのです。

  • この子と一緒に生活して良かった。と思えば最愛のペットも良かったと思う。
  • 今と時間を大切に悔いなく過ごして行くことが大切なことです。
  • そして深い悲しみに陥ったペットの事は忘れ去られるわけでは無いのです。
  • 永遠に心のずっとずっと奥の引き出しに宝物として大切に保管されるのです。

ペットロスは必ず改善されます。

  • 必ずペットロスは改善され、誰もが必ずこれまでどおりの生活に戻り、日常を楽しく送れると言う事を忘れないでください。

 

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

動物が死んだ時に出る精神的な病気の症状ロス改善の方法の手続きページ

 



ココがPOINT
動物が死んだ時に出る精神的な病気の症状ロス改善の方法の供養

ペットロスになっている方がいる場合は周囲の方の理解が大事になります。早期改善のためにもペットロスの方を理解してあげてください。症状はうつ病と同じです。本人が1番辛く苦しいペットロスです。時間が必要になります。
スポンサード リンク

動物が死んだ時に出る精神的な病気の症状ロス改善の方法の手続きポイント
動物が死んだ時に出る精神的な病気の症状ロス改善の方法の手続きポイント