TOP > 趣味・レジャー > ペット里親の手続き> 趣味・レジャー目次へ

 
捨て犬や猫を家族の一員として受け入れる方法の里親とは
捨て犬や猫を家族の一員として受け入れる方法の里親とは
捨て犬や猫を家族の一員として受け入れる方法の手続き 捨て犬や猫を家族の一員として受け入れる方法の手続き
  運悪く不幸になってしまったペットとは。ペットの里親とはどの様なことなの?ペットの里親になる方法など教えますのでシッカリ把握しておきましょう。
捨て犬や猫を家族の一員として受け入れる方法の手続き 捨て犬や猫を家族の一員として受け入れる方法の手続き
.
不幸な捨て犬や猫を家族の一員として受け入れる方法の現実を知る 捨て犬や猫を家族の一員として受け入れる方法の里親とは
捨て犬や猫を家族の一員として受け入れる方法の里親になる注意と条件
 
.


不幸な捨て犬や猫を家族の一員として受け入れる方法の現実を知る

捨て犬や猫を家族の一員として受け入れる方法の里親とは 不幸なペットの現実を知る

 

不幸なペット

どれだけの方が知っているか?

  • 日本で年間に殺処分を受けるペットの頭数。
  • 日本では約30万頭近い犬猫が行政によって殺処分されているのです。

つまり、殺されていると言う事です。

 

どうして殺処分されるペットがいるのか?

例えば

  1. 飼い犬や飼い猫が家から外に出てしまい、そのまま迷子になってしまう。
  2. また、飼い主によって捨てられてしまう。
  3. また、飼い主が自ら保健所にペットを持ち込む。

保健所でも日々増えるペットに追われている現実があります。

 

身勝手な飼い主の言い分

本来命あるものを飼うと決めた以上、責任を持って一生飼わなければいけません。

しかし

  • 勝手に家からいなくなった。
  • 世話する事が出来なくなった。
  • お金がかかるから。
  • 引越ししたから。
  • 家族にアレルギーが出たから。
  • 面倒くさくなったから。など
    • つまり自分勝手な言い分ばかりで、ペットの命については何も語っていませんね。

 

保健所に持ち込まれたペットや動物

保健所に持ち込まれると、1,2週間サイクルで殺処分の順番が回って来ます。

  • 持ち込まれたペットは小さなゲージに入れられ静かにその時が来るのを待っているのです。
  • 自分の運命が分かっているかの様に、静かにその時を待っているのです。

 

つまり

人間の無責任に飼ってしまった行動や身勝手に捨てた、ペットの尊い命が簡単に奪われていってしまうのです。

  • 飼えないなら飼わない。
  • 飼う前に自分の環境を考える。
  • 簡単に飼うような安易な考えを持たないが飼い主の鉄則です。

 

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

捨て犬や猫を家族の一員として受け入れる方法の手続きページ

 



捨て犬や猫を家族の一員として受け入れる方法の里親とは

捨て犬や猫を家族の一員として受け入れる方法の里親とはペット里親とは

 

里親になるとは

  1. ペットを平気で捨ててしまう人間もいますが
  2. その捨てられたペットを助け様とする人もいます。
  3. また、ペットを捨てない様に指導するドッグライフカウンセラーもいます。

つまり、殺されかけているペットの引き取りや保健所に持ち込まれる前に保護などを行っているボランティア団体や施設、または動物病院にペットを里親に出すと、持ち込んでくる飼い主の存在があります。

その様に保護されているペットを譲り受けると言うのが里親になると言う事なのです。

但し、そんなペットだから簡単に里親になれると思ったら少し違います。

  • 里親になるからには、それなりの覚悟が必要だと言う事です。
  • 命を預かると言うことは人間しても動物にしても同じことです。
  • 尊い命を一生守って行くという覚悟が大事になるのです。

 

近年、里親になって貰える方も多くなっている現実があるのですが、捨てられてしまうペットの数もまだ増えているのです。

つまり

里親になって貰える人も増えていますが?

  • 殺処分されるペットの数や
  • 新しい飼い主が見つけられなく
  • 命を落としていペットの方が多くいると言う事です。

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

捨て犬や猫を家族の一員として受け入れる方法の里親手続きページ

 



捨て犬や猫を家族の一員として受け入れる方法の里親になる注意と条件

捨て犬や猫を家族の一員として受け入れる方法の里親とはペットの里親になる注意と条件

 

里親になる注意

  • 里親になると思い付きや安易に考えてはいけません。
    • 例えば、家族の中にアレルギー持ちの人はいないのか?など問題点を最初に把握をしておく様にします。

 

  • また、犬や猫などペットもケガをしたり病気になったりします。
    • つまり、一生元気にしている訳でも無いのです。
    • 医療費や治療費が高額になるのです。

 

里親になる条件

ペットを飼えるような環境

  • 自宅や周囲など飼える条件の環境下にあるのかなど、シッカリ考えてください。
  • 安易に飼ってしまい後で大家さんにダメと言われたからなど、絶対に無いようにしてください。

 

家族全員が積極的で賛成

  • 家族に反対の意見を持っている人はいないか、皆で飼うことに賛成し取り組む姿勢があるかなど。
  • ペットを飼うと言う事は家族全員の協力が必要になります。

 

生活スタイル

  • 自分達の生活スタイルは飼えるのに適しているのかなど。
  • 出張ばかり家にいない帰って来ないなど無いのか仕事への影響のことなど考えること。

 

子どもはいるか、出来るか

  • これから子どもが生まれるか、小さい子どもがいる場合など。
  • ペットも同じように手間と世話がかかります。
  • 子どもと同じように愛情を注いであげることが大事なのです。

 

今現在ペットは飼っているか

  • 現在飼っているペットと里親ペットが上手にやっていけるか。
  • 共同生活に馴染むことができるかなど、環境を整えてあげることが大事になります。

 

医療や時間とお金

  • ペットも医療費やその為に費やす時間が必要になります。
  • 毎年ワクチンが必要ですし、また一生元気にいるペットは少なく動物病院にかかれば高額な費用と時間は人間以上に必要になります。
  • その費用と時間を費やす覚悟はあるのかなどです。
    • ※(1回の通院平均:約1万円X月に何回か?)(1回の手術平均:約10万円〜)

 

それでも飼えない場合

  • 覚悟の里親だったが飼えなくなった場合。
  • 自分で里親を見つける根気と努力、そして必ず見つけると言う覚悟はあるかです。

 

里親になる前に

  1. ペットの里親になる前に、もう1度考えることが大事です。
  2. もう1度自分を見つめなおし冷静に考えるのです。

飼うと決定したら

  • 里親になるペットの癖や性格、性質、気が小さい吠える鳴く震える怯えるなどの細かな情報をすべて把握し受け入れる体制を整える。
    • つまり、そのペットに合わせた環境整備を行うと言う事までするのです。

里親になる人

ペットの飼い方は事前に勉強をしておかなければいけません。

  • 基本的にペットの飼い方は、怒鳴り付けたり、叩いたりなどは決してしてはいけません。
  • 例え、失敗や粗相をしたりしても、怒るのではなく褒めてしつけるが基本です。
  • また、散歩だと言って夏場のアスファルト50度以上になる道路を歩かせるなど。
  • 背丈の低いペットには、照り返しで拷問を受けているのと一緒なのです。
  • 飼い主も裸足でアスファルトを歩いて見ること。(やけどします)
  • また、草花がある所だからと、農薬がまかれている場所に行くのは中毒を起こすのです。
    • この様なことも知らないで飼うと決めるのは絶対にダメです。
    • 資格はありません。

同じ様に捨ててしまう里親になるだけです。

 

里親になったら

最初にペットを受け入れたら全力で、バックアップしてください。

  • 今まで、どの様な環境で、どんな辛い目に合って来たのか?分かりません。

ですから

  • ペットが安心して心を開き家族の一員として受け入れられるまで
  • あなたそして家族の協力は不可欠と言う事です。

また、ペットの飼い方は事前に勉強をしておかなければいけません。

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

捨て犬や猫を家族の一員として受け入れる里親方法の手続きページ

 



ココがPOINT
捨て犬や猫を家族の一員として受け入れる方法

ペットの里親になる事は、覚悟が必要なのです。その覚悟を持つlことを決められない場合は初めから里親やペットを飼おうとは思わないことです
スポンサード リンク

捨て犬や猫を家族の一員として受け入れる方法の手続きポイント
捨て犬や猫を家族の一員として受け入れる方法の手続きポイント