TOP > 趣味・レジャー > ペット病気予防手続き> 趣味・レジャー目次へ

 
ペット動物の病気を予防する方法
ペット動物の病気を予防する方法と手続き
動物の病気を予防する方法と手続き 動物の病気を予防する方法と手続き
  可愛いから飼う、ファッションで飼う、流行だから飼う、ペットも人間と同じ生きている動物です。モノ的扱いは絶対にしてはいけません。飼ってあげる以上は大切な家族の一員です。健康管理や病気予防には再三の注意が必要です。ペットにも体の弱い子や体力の無い子がいると言う事を認識してください。だからこそ普段から体調を気遣うのは、もちろん当然。きちんとした知識がなかったために、防げたはずの病気を患わせてしまうというケースもあるのです。
動物の病気を予防する方法と手続き 動物の病気を予防する方法と手続き
.
動物の病気を予防する方法と健康診断の重要性 動物の病気を予防する方法と健康診断の手順と種類
ペットの健康を守る為に動物の病気を予防する方法
 
動物の病気を予防する方法と


動物の病気を予防する方法と健康診断の重要性

動物の病気を予防する方法と日ごろの心掛け ペットの健康診断の重要性

 

動物の、病気は症状が解り辛くちょっと見だけでは判断できずに既に病気が始まっていることがよくあります。

 

特に気をつけなければいけないのが!

慢性疾患と呼ばれる病気です。

  1. 「食欲が落ちる」
  2. 「咳をする」
  3. 「嘔吐する」などの見て分かる症状が始まった時には、既に手遅れになる事もあり得ます。
    • 飼い主が気付くのは、ほとんどの場合は、このような症状が出てからです。

また

  • 症状が出ても動物は言葉が話せません。
  • 気付かない飼い主さんも多くいることが事実です。

手遅れを少しでも減らすためにも、健康診断は定期的に受けるようにしましょう。

 

最近の動物病院では、様々な健康診断メニューを取り入れています。

家族であるペットの健康を守るためにもペットに合った健康診断を獣医と相談してみましょう。

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

動物の病気を予防する方法と手続きページ

 



動物の病気を予防する方法と健康診断の手順と種類

動物の病気を予防する方法と日ごろの心掛けの健康 ペットの健康診断の手順と種類

 

 

ペットの健康診断は問診、触診、血液検査があります。

  • 犬や猫はもちろんのこと
  • ハムスターやねずみ
  • 金魚や熱帯魚
  • 小鳥など
    • 日頃の心がけが重要だと言う事は忘れないでください。

 

・問診、触診、身体検査

  1. まず触診では、体の異常や痛みやしこりが無いか?
  2. 目・耳・鼻・肛門周辺・口中に異物や異常は無いか?
  3. 体温測定、心音、呼吸音、消化器の動きのほか
  4. 心拍数、呼吸数などに異常は無いか?

などの普段は家族が見ていて気付かない部分の早期発見を目指す。

問診ではペットの異常や、ペットの状態を獣医師に説明します。

また

  • 普段食べているフードの内容や食餌の回数や好き嫌い
  • その他の気になる事や状況などペットの基本情報を伝えるようにします。

 

・血液検査

  1. 赤血球数
  2. 白血球数
  3. ヘモグロビン濃度
  4. 血小板数の数値
  5. 貧血
  6. 肝機能
  7. 腎機能の異常
  8. 糖尿病
  9. 高脂血症など
    • 症状や状態を把握できます。

 

血液検査を行なう事で、身体の状態が隅々までわかります。

  • 貧血、肝機能や心機能は正常か?
  • 糖尿病や高脂血症を起していないか?
  • また、犬ではフィラリアに感染していないか?
    • 必ず血液検査をしてから予防に入ります。

 

猫の場合

  • 猫エイズ(FIV)
  • 猫白血病ウイルス(FelV)
  • 猫伝染性結膜炎(FIP)の感染や
  • トキソプラズマなどの症状をチェックできます。

血液検査は言葉を話すことが出来ないペットの症状をいち早く知る事が出来るとても重要な診察である事は間違いありません。

 

・尿や糞便

  • 尿検査では腎機能
  • 異常細胞や結晶
  • 結石や尿タンパク
  • 尿糖
  • pH
  • ビリルビン
  • ケトン体
  • 潜血など
    • 検査を行い異常を発見します。

糞便検査では

  • 出血
  • 異物
  • 寄生虫体の確認
  • 原虫
  • 寄生虫卵
  • その他の微細な物の発見に努めます。
    • 健康状態は便や尿に現れます。便や尿の変化に要注意です。

家での排泄の回数や色や量の変化も重要な病気発見の情報なので、細かい気付きは大切です。

 

・レントゲン・エコー・心電図検査

  • 外見では決して解らない異常や変形を発見できます。
  • 骨格や関節の異常
  • 内臓の状態大きさや動きの様子
  • 腸内や臓器に異物の混入など。

触診だけでは絶対にわからない体内の異常や変化を、エコーやレントゲン、心電図検査で調べることができます。

  • 骨格異常や骨折や脱臼など
  • 整形外科
  • 心臓や肝臓などの働きと様子
  • 腫瘍の発見
  • 臓器の異常
  • 腸内の異物の発見します。

エコー検査

  • 妊娠時の検査や子宮の病気にも用いられています。

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

動物の病気を予防する方法と手続きページ

 


2位動物の病気を予防する方法と
Topics 動物の病気を予防する方法と手続きトピックス 動物の病気を予防する方法と手続きトピックス
  動物の病気を予防する方法と日ごろの心掛けの健康ドッグブリーダーをご存知ですか?

昨今、悪質ブリーダーの問題(病気の子犬を販売する・お金を振り込んだのに子犬を送ってこないetc.)が取りざたされています。現在では取引制限など強化が図られ改善されつつあるが悪質なブリーダーの被害を受ける。そこで手続きネットがお勧めするのはドッグブリーダーさん。
優良ブリーダーのみ厳選登録する。良いブリーダーから貰い受けることは悪質ブリーダーを減らす事でもある。

 
  HP  ドッグブリーダー 参考ページdogbreeder.ugpet.com動物の病気を予防する方法と日ごろの心掛けの健康  
動物の病気を予防する方法と手続きトピックス

動物の病気を予防する方法と日ごろの心掛けの健康を守る為に

動物の病気を予防する方法と日ごろの心掛け ペットの健康を守るため

 

ペットの健康診断は、とても重要だという事が解ったと思います。

病気の予防は心がけが大切だという事。

また、ペットが6歳以上の高年齢化になると

  • 糖尿病
  • 腎臓病
  • 心臓病
  • ガンなど
  • 生活習慣病の可能性も高くなります。
  • ペットも老齢になると、命に直結する病気が起こりますから、定期的な健康診断はより重要なものとなるのです。

ペットの体重の変化には気をつけることが重要です。

体重増加の要因として

  • 肥満
  • 糖尿病
  • 心臓疾患
  • 肝疾患
  • ヘルニアなど
  • 上記の症状の多くが見られます。

 

※現在日本で飼育されているペットの犬猫の約三割は肥満気味であると言われています。

肥満の原因は食べすぎ!

  • 食べさせ過ぎにさせているのは飼い主さんに他なりません。
  • つまり病気を誘発させる原因になりかねません。

 

体重減少の要因として

  • 甲状腺機能の障害
  • 腫瘍
  • 糖尿病など
  • 上記の症状の多くが見られます。

病気の予防は早期発見と早期治療です。

  • これは、人間も同じですが、早めに対処する事が負担無く改善できる早道である事は明らかです。
  • その為にも普段からの定期健康診断が必要とされるのは言うまでもありません。

うちの子に限って万が一と言う事も常に考えておく事。

後悔、先に立たずと言うことわざがあるように、後から悔やんでも何にもなりません。


病気はかかってから治すよりも、予防の方が大切です。

  • ワクチンを接種しておくことで、下記の病気を防ぐことができます。


犬の狂犬病の予防接種はもちろんですが、任意接種のものもありますので、受けておきましょう

ワクチン接種で予防できる病気

ペットは大切な家族の一員です

  • 注意深く関心する事は当たり前の事と考えます。

ペットの飼育の方法手続きは以下を参考にしてください。

手続きネットのペットの飼育の方法

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

動物の病気を予防する方法と手続きページ

 



ココがPOINT
動物の病気を予防する方法と日ごろの心掛け

適度な運動が健康のために良い、ペットにとっての適度な運動も当然必要なのでしょう。例えばネコちゃんは家の中でねこじゃらしなどでしばらく遊べば、十分な運動量を得られます。また、ワンちゃんも室内犬であれば10分程度のお散歩でも十分満足をできるのです。
つまり、ペットの適度な運動量とはペットが楽しんで体を動かせる量であり、それは個々のペット個人差がありますが、一緒に楽しんで出来る事がペットにもストレスが無く良い運動となる事を忘れないで下さい。
スポンサード リンク

手続きポイント
動物の病気を予防する方法と手続きポイント