TOP > 仕事 >M&Aの手続き > 仕事の目次へ

 
M&Aとは企業の合併買収の方法
M&Aとは企業の合併買収の方法
M&Aとは企業の合併買収の方法手続き M&Aとは企業の合併買収の方法手続き
  世界は勿論ですが、日本企業においても、国内の法整備が進み、市場や社会の低成長が続き生き残りを賭けた企業戦略として、M&Aは中長期そしてより活発的なビジョンを具体化するための合理的な手段となっています。ここでM&Aの方法や手続きをシッカリ勉強していきましょう。
M&Aとは企業の合併買収の方法手続き M&Aとは企業の合併買収の方法手続き
.
M&Aの意味や似たような言葉について M&Aの目的とメリット及びデメリット
譲渡側と買収側のM&Aを実行する流れ  
 

.
M&Aの意味や似たような言葉について
M&Aとは企業の合併買収の方法

M&Aの意味や似たような言葉について

 

M&Aの意味はどのようなものかということを知っておくことで、経済ニュースなどを見るときにそれを役立てていくことができます。

大手企業から中小企業まで様々な会社に関連する言葉ですから、覚えておいても損はありませんね。

 

M&Aとは「Mergers and Acquisitions」の略で、合併と買収のことです。

 

つまり企業の合併買収の意味である

ある会社が他会社に興味を持ち買収し、一つの会社として活動をしていくようにするということになります。

 

会社の統合や分割

  • 企業の健全化やより大きな事業を行う時の資本金強化などの意味で重要なものです。

 

M&Aとしての考えは

  1. 企業買収
  2. 株式の持ち合い
  3. 合併企業の設立など
  4. 共同での事業など

上記を生業に行うようにしていくものです。

 

企業買収については

  1. 買収
  2. 合併それと分割があります。

 

基本的には大きくなるだけではなくグループ企業として中身を整理していくというようなことも意味の中に含まれています。

 

資本参加

株式を譲り受けたり新株引受を行う、あるいは株式交換によってお互いに発言権を持つようにするというような資本参加をしていく方法もあるのです。

 

事業譲渡や資産買収によって

  • 上記で合併する時には全部譲渡か一部譲渡かによってその後の手続きなどが変わってくることがあります。

分割を行うという時には

  • 新設分割を行い分社を作るというものや、吸収分割としてくっついてから整理して切り離すというように行うものがあります。

 

これらの意味合いは業務提携を資本の持ち合いによってより補強していくということや、グループを作ることによって本社リスクを分散していくというような効果があります。

 

M&Aのとは違う提携の仕方

  • 共同開発や技術提携など研究開発において協力、強化関係を持つというものがあります。

 

また、同様に生産部門において提携をするOEM提携というものもあります。

  • 自動車の会社などで一部別の会社のエンジンを流用するというものがこれに当たります。
  • 販売提携は販路を共有することでより広く販売しやすくなるという意味を持つものです。

 

これらの場合にはM&Aのとは異なり、直接資本関係が存在する状態でなくても成立します。

合併の場合と提携の場合では外部から見た時の状態はあまり変わらないということもあるのですが、内部的な仕組みは大きく異なるという部分を覚えておくと有効です。

 

・仕事手続き目次へ行く

M&Aとは企業の合併買収の方法手続きページ

 



M&Aの目的とメリット及びデメリット
M&Aとは企業の合併買収の方法

M&Aの手続きを実行する目的とメリット及びデメリット

 

2000年代に前後してITの分野を中心にM&Aが活発に行われるようになりました。

この背景には、アメリカを中心とした金融緩和の拡大により、大量の資本が当時まだ新興市場であったIT分野に流れ込んだことと、三角合併の解禁に代表されるように規制緩和で企業の吸収・合併の手続きが行いやすくなったことがあります。

あれから、十数年が経過した現在でも

IT分野では活発にM&Aが繰り返されていますし、デパートやゲームメーカー、家電量販店などそれ以外の分野にもM&Aが拡大しています。

 

今回は、M&Aの手続きを実行する目的とメリットとデメリットについて理解して頂きたいと思います。

まず

M&Aの手続きを実行する目的について。

・一つ目は、資本の増強です。

  • 経済環境の変化などにより売り上げが落ち込むなどして経営が悪化しますと、倒産などの危険性が出てきます。これを回避するために行われます。
  • また、三角合併の解禁で巨大資本に買収される危険性が高くなった後は、意図に沿わない買収(敵対的買収など)を回避する目的でも行われます。
  • 日本ではアジア通貨危機後のメガバンクの登場や、ゲームメーカーの再編、最近では家電量販店の統合などもこれにあたります。
  • 主に業績悪化が起き易いデフレ期に見られる現象です。

 

・二つ目は、事業の拡大です。

  • 同業他社や異業種を買収することによって、新たな地域への進出や弱い分野を補う目的があります。
  • 最近では、日本の携帯電話会社がアメリカの通信事業者の買収やパソコンのOS事業最大手の企業が、ヨーロッパの携帯電話メーカーの買収をするなどがあります。ITの分野ではハードウェアメーカーだけでなく、ソフトウェアメーカーを買収することで、事業拡大をすることが良く起こります。
  • また、この形態の買収の亜種として、買収先の特許やノウハウ、システムなどの取得を目的としたものもあります。

 

・3つ目は、投資を目的とした買収です。

  • 主に投資ファンドが行うことが多いですが、経営の悪化した企業に財務体質の改善などを要求し、その後別の企業に売却しその利ざやを得る手法です。
  • 財務体質の改善は経営の合理化や資産の売却など様々な方法がありますが、資産の売却は財務体質の改善ではなく、土地や建物などその企業が持つ資産を売却させることで、別の顧客の要望を叶えることが目的の場合もあります。

M&Aのメリットとして

  • 資本の増強や弱い分野への補完といったことが挙げられます。

M&Aのデメリットは

  • 多様性の喪失や資本の肥大化により寡占化が進み競争や新規参入が行われないことなどが上げられます。

 

・仕事手続き目次へ行く

M&Aとは企業の合併買収の方法手続きページ

 




譲渡側と買収側のM&Aを実行する流れ
M&Aとは企業の合併買収の方法

譲渡側と買収側のM&Aの手続きを実行する流れ

 

日本には様々な分野の企業が無数に存在します。

しかし

必ずしも全ての企業の経営が上手くいっている訳ではなく、世界的に有名な企業であっても赤字が続いたり倒産の危機に陥ることもあるのです。

 

特に最近では海外資本が日本に流入してきていますので、これまでのビジネス手法では通用せず経営が立ち行かなくなって、日本企業が海外企業に買収されてしまうケースも出てきました。

こうなると海外の巨大な組織が日本市場に参入することになりますので、ライバル企業たちも苦しい立場へと追い込まれてしまいます。

 

対策として

  • 事業譲渡や吸収合併などいろいろな方法が挙げられますが、その最高峰とも言えるものがM&Aなのです。

 

合併という意味のMergerと買収という意味のAcquisitionを合わせた造語で、報道でも使われるようになったので一般に広まっていきました。

企業譲渡や買収は簡単なことではありません

  • M&Aを実行する手続きを仲介する会社や団体に協力を仰ぐことになります。

 

 

まず企業を買収する側のメリット

譲渡側の企業が保有する優秀な人材や特許そしてブランドや設備などをまとめて手に入れることで、新たな事業展開がしやすくなります。

 

これまで参入をしていなかった分野のために新しく会社を新設したのではコストも時間も大幅にロスしてしまうので、まとめて買い上げてしまうおうというのです。

 

企業を譲渡する側のメリット

経営が苦しくなっていたり、ライバル会社に打ち勝つためにさらなる大きな資本が必要となれば買収をしてもらうことが残された手段なのです。

 

それではM&Aを実行する流れですが譲渡側の企業視点で説明していくと、まず仲介会社や団体に対して秘密裏に譲渡の意志を伝えることになります。

 

その際、売却希望額や企業情報を公開して準備フェーズを終えます。

 

  • 次に買収をする側の企業と顔合わせをする交渉フェーズに入り、施設や向上などの見学を経て今後の経営陣の体制や買収金額などを調整していきます。

 

  • そして契約フェーズとして基本合意書を締結し買収監査を受け、最終的なM&Aを実行する方法としては譲渡側の企業が発行する株式を全て買い上げることで成立しクロージングとなります。

 

 

特に買収する企業側

  • 今後の株価の変動にも大きく影響しますので、途中で情報が漏れたり破談になっては困ります。
  • 信頼のおける仲介業者

  • もしくは信頼のおける団体

特に慎重に依頼をしてM&Aを実行していくほうが安全なのです。

 

・仕事手続き目次へ行く

M&Aとは企業の合併買収の方法手続きページ

 



Topics Topics Topics
 

都心に商売の起点を置きたいM&Aから開業サポートまで導くサービスが人気と話題に。

 
  HP 飲食店を独立・開業支援 参考ページへ行く inshoku-navi.com/設立  
Topics

 


ココがPOINT
ココがPOINT

日本国では、中堅どころの中小企業のM&Aが増えてきました。その理由に世代交代を迎える60代、70代の経営者が後継者の問題に直面している事があります。この後継者問題の解決策として、会社を第三者に譲り渡し、事業の存続を図る目的でのM&Aが多くあります。
スポンサード リンク

ココがPOINT
ココがPOINT