TOP > 仕事 > 退職届の書き方

 
退職届
退職届の書き方
手続き 手続き
  様々な事情で会社を退職することになった場合、まずはきちんとした意思を会社側に示すことが必要になります。トラブル無く円満に退職するためにも、必要な手続きについてしっかり理解しておきましょう。
手続き 手続き
.
退職届? 退職願? 退職届の書き方
退職届を出してからのスケジュール  
 

退職届サンプル見本退職日に会社から受け取るもの・返すもの

.
退職届? 退職願?
退職届け

退職届か退職願か。

自主退職するとき、その方法は大まかに2通りあります。
一方的に退職の最終意思決定を通告する場合と、会社に希望を出し、合意が得られたら辞める方法です。

「退職届」というと、前者の一方的な意思決定を示します。
また、「退職願」というと、後者のように会社の判断を仰ぐことになります。

もし、「退職届」を出した後にやはり残留したいと思っても、退職届を出すと決定事項として扱われるので、覆すことができません。

しかし「退職願」を出したときには、会社の合意を得られる場合があります。

退職するときにはそこまで気に留めていないものですが、一字違いでその意味合いは大きく変わります。

円満退職を目指すのなら、「退職願」を出しましょう。

ただし、リストラなどで会社を辞めることになった場合は、「退職届」でもいいでしょう。

また、「辞表」というのは、役員以上の人がその責務から外れるときに使うものです。

それも、正しくは「辞職願」といいます。

「辞表」とは書かないようにしましょう。
手続きページ


退職届の書き方
退職届け

・退職届の書き方

退職届は、就業規則で退職届の書き方が決められていたり、会社によっては専用の用紙を用意したりしている場合があります。

自分の会社にないか、確認してみましょう。いずれもない場合は、以下のことに留意して自分で書きます。

まず、使う封筒や便箋は、市販のB5サイズの白無地のものにしましょう。社内用の便箋や封筒も使わないように! 黒か紺色の万年筆やサインペンで書きます。

退職届を書くときは、縦書きが普通です。

退職届の書き方は、下のサンプルを参考にしてください。
退職届サンプル見本

下記より「退職届(退職願)」のサンプル(Word)をダウンロードいただけます。

(word)で、書き込み出来る退職届のサンプルのダウンロードはここからクリック取得できます。

手続きページ


退職届を出してからのスケジュール

退職届け 退職届を出す前に、まずは口頭で直属の上司に退職したい意思を伝えて、退職日の相談をします。

それから退職届を出すわけです。

退職届の宛名は社長にしますが、提出する相手は直属の上司です。

その後は業務の引継ぎです。

退職前の有給消化期間や退職後になってから業務の確認の連絡などが来ないように、文書を整理し、必要なものは欠かさず引き継ぐようにしましょう。

営業などの場合、後任者と一緒に取引先を回って退職と引継ぎのあいさつをします。
転職先が決まっていれば、その相手に対しても時々現状報告をします。

すべてが終わったら、残った有給休暇を消化します。この期間に、退職のあいさつ状を出す準備をするのもいいですね。

また、退職で忘れがちな公共の手続きや退職後に、シマッタ!と言う事がないように、事前に出来る損のしない会社の辞め方は抜かりなく行なうようにしてください。

いよいよ退職日。

社内でお世話になった人にあいさつをしましょう。会社から借りているものを返し、預けているものを受け取ります。
また、源泉徴収表離職票などをもらうのを忘れずに。
万一、退職後に業務のトラブルがあったときのために、連絡先は会社に伝えておきましょう。
退職日に会社から受け取るもの・返すもの

退職をして次の職場が決まっていない場合は、ハローワークで失業保険給付の手続きをします。

また、住民税の支払い方法の変更や国民健康保険(会社の任意継続健康保険の場合もあり)・国民年金への加入をします。扶養者がいる場合、その人の健康保険や年金の支払い方法も変わるので、注意が必要です。

会社から退職金が振り込まれたら、退職は完了です。

 

※その他、損しない会社の辞め方退職の手続き方法失業保険の受け取り方法、その後の転職方法の手続き離職票の手続きなど知りたい方は下記の手続きネットを参照してください。

手続きページ


1位クチコミ人気
Topics Topics Topics
 

不安にならないために。
退職届けを提出する前に転職活動はしておきましょう。
人事の印象としては、在職中に 転職を希望して面接に来られるのと、すでに退職して、無職で面接に来られるのでは、天と地の差があるのです。
しかし、在職中に転職活動なんて時間が無いと思われる方も少なくないでしょう。
そこでお勧めなのが、登録しているだけで貴方をスカウトしてくれる求職サイトです。
なかでも手続きネットがお勧めするのは、リクルート社が運営するリクナビNEXTです。
あなたの市場価値を無料で査定してもらえるなど、転職に優位に役立つことは間違いなし。
転職をお考えなら、登録してみてはいかがでしょうか?

 
  HP リクナビNEXT 参考ページへ行く http://rikunabi-next.yahoo.co.jp/退職  
トピックス

ココがPOINT
ココがPOINT

退職の理由は、もしその原因が会社にあったとしても、退職届には「一身上の都合により」と書くのが円満退社のコツです。また、退職届自体には、詳しい理由を書く必要はありません。理由は口頭で伝えればいいでしょう。
退職年月日は、引継ぎなどを考えると最低でも2週間後、できれば1ヵ月後以降にしたいですね。忙しい時期を避け、きちんと引継ぎのできるスケジュールを立てましょう。
スポンサード リンク

ココがPOINT
ココがPOINT

仕事のカテゴリー


・就職・履歴書

履歴書の書き方
履歴書サンプル
職務経歴書
職務経歴書サンプル
職務経歴書見本
転職の心得
人材派遣登録

・失業・退職届関係

仕事の辞め方
┣退職届書き方
退職届けサンプル
失業保険
離職票

・ネットの仕事関係

アフィリエイトの仕事
アフィリエイトの広告
ネットショップ開業

・就職支援手当て

再就職手当
就業手当
常用就職支度手当

・会社設立関係

新会社法
会社設立の流れ
会社の商号または住所
会社印鑑(実印)作り方
会社の定款の作成
会社設立の資本金
会社設立登記申請書
会社設立登記申請の場所
会社設立登記申請書一覧見本

・会社関係

解雇の手続き
M&Aの手続き

・その他の手続き

宅地取引建物主任者
商標権
著作権
翻訳の仕方