TOP > 日常 > 土砂災害の対策や事前準備手続き

 
土砂災害の対策と非難の事前準備など災害が起きたら
土砂対策と非難の事前準備など災害が起きたら
土砂対策と非難の事前準備手続き 土砂災害の対策と非難の事前準備手続き
  土砂崩れがあり、災害が発生しました。もし土砂災害にあったらどの様に行動しますか?災害に合う前に事前に準備や対策を考えておきましよう。ここでシッカリ土砂災害対策を勉強しておきましょう。
土砂対策と非難の事前準備手続き 土砂災害の対策と非難の事前準備手続き
土砂対策と非難の事前準備
土砂対策と非難の事前準備など土砂災害とは 土砂災害の対策と非難の事前準備と危険な場所を事前に知る
土砂災害の対策と非難の事前準備など避難の準備する  
 

土砂対策と非難の事前準備
土砂対策と非難の事前準備など土砂災害とは
土砂対策と非難の事前準備など災害と対策の予防

土砂災害とは

 

自然の気象原因で起こされる災害を「自然災害」といいます。

自然災害の中でも、土砂災害は山が、がけ崩れし崩れた土砂が雨水や川の水とまじって一気に流れてくること。

  • 土砂崩れによって、家や道路や田畑が土砂で埋まってしまったり、災害が大きいと人命が奪われたりもします。

 


また、土砂災害発生の原因や種類があり

  • 土石流
  • 地すべり
  • がけ崩れ
  • 以上の3つに分類することができます。

土砂災害の多くは、台風、ゲリラ豪雨や大雨、雪どけ、火山の噴火活動や地震などが原因しています。

 

 

土石流とは

山や谷の土砂が大雨などで崩れ、雨水と混じり合い凄い勢いと速度を持ったまま向かって流れてきます。

一度、流れ出すと止まらずに山を削りながら根こそぎはぎ取りながら流れていきます。

 

 

がけ崩れとは

急な斜面が、突然に崩れ落ちる事。地震や大雨や雪どけ水が崖に染み込んで溜まった状態が原因で起きたりします。

 

 

地滑りとは

斜面が穏やかな場所で、広い範囲が大きく固まりのような状態で、すべり落ちて来る事。山に生えてる樹木や家や田畑なども一緒に滑り落ち地面が動きます。

 

・日常手続き目次へ行く

土砂災害の対策と非難の事前準備手続きページ

 



土砂災害の対策と非難の事前準備など危険な場所を事前に知る
土砂対策と非難の事前準備など災害が起きたら

危険な場所を事前に知る

 

  • 現在、自分が居住する地域や土地は、災害の危険があるのか?

 

危険な場所や土地はどこなのか?

必ず確認しておく事です。危険箇所は、地域のハザードマップ地図で調べることができますし、確認したら実際に1度でも、ご自身の目で確かめに行くようにしましょう。

また、自分の地域を調べる事は、確認の意味もあり、大事な災害の事前対策です。

地域の災害について、どこが危険か古資料などで知る事も出来ます。

 

 

ハザードマップで危険を知るとは

土砂災害ハザードマップは、お住いの地域を小分けにして、その地区の地域ごとに土石流・地すべり・がけくずれの危険箇所を分かりやすく表示してあります。

 

 

また、災害が起きた場合、避難場所なども示していますので、災害への事前対策や備えに大変に役立ちます。


ハザードマップは各市町村の役場などに置いてあります。その他、都道府県や市町村ホームページでも見ることができますので、必ず確認する事。

 

また、インターネットの情報でも提供することも多くなってきましたので事前に把握してください。

 

台風の季節となれば、立て続けに台風が襲ってきます。

また大型の台風も多くなり大雨や強風を巻き上げながら甚大な災害を起こすことも予想されますので、前もって情報を把握することが大事です。

 

事前にキャッチする台風情報

気象庁の台風情報はコチラ

ヤフーの台風情報はコチラ

 

・日常手続き目次へ行く

土砂対策と非難の事前準備手続きページ

 


土砂対策と非難の事前準備など土砂対策と非難の事前準備避難の準備
土砂対策と非難の事前準備と災害が起きたら

避難の準備

「事前に準備と対策」

 

身を守る行動を一刻も早く取ること。

危険が迫りました。身を守る為に一番最初に頭に考える事は、早めに避難することです。

 

しかし、避難方法や場所がわからないと、安全に避難する事すらできません。

 

多くの土砂災害は、大雨が原因で起こります。

例えば、1時間に20ミリ以上の強い雨や、降り始めてからの雨量が100ミリを超えてくると土砂災害が起こり易くなります。

 

雨量はどの様に見る

  • 5〜10ミリ・・・家の中では雨の音が聞こえ、地面に水たまりができ始める
  • 10〜20ミリ・・・雨音で、話し声が聞きづらくなり、地面のほとんどが水たまりになる
  • 20〜30ミリ・・・ドカーンと降る感じで、川や側溝の水があふれたり、がけくずれの危険など
  • 30ミリ以上・・・洪水や土砂災害の情報に注意し危険大の所は避難する

 

気象情報での災害情報を覚えること。

  1. 大雨警報・・・これから大雨の降り出す可能性がある
  2. 大雨洪水警報・・・大雨により、洪水の可能性がある
  3. 土砂災害警戒情報・・・大雨により、土石流や地すべり、がけ崩れの危険が高まった
  4. 避難勧告・・・危険な状態になったので、避難の準備し行動をし始める
  5. 避難指示・・・危険が目の前なので、一刻も早く避難する事

 

土砂災害が起きたときの避難場所はハザードマップで確認しておきますが、実際の場所を、家族みんなで共有し確認します。道順や安全確認を行い避難する場所を確かめる。

 

家族全員で避難出来ていれば問題はありませんが、家族が離れた場所にいるなどを想定し連絡確認も合わせて行うこと。

  • 避難は、お年寄り、とくに子どもの手は何があっても絶対に離さない事。
  • 流れる水には絶対に近づくな、足首の水の流れで歩けなくなる。
  • 水溜りは、深さが分からないのでとくに注意。傘などで深さ確認しながら歩く事。
  • 雨が降り止んでからが、水かさが上がるので、川や溜まりには絶対に近づかない。
  • 避難場所に移動できない時は近くの丈夫な建物の上段へ避難する。
  • 近くのじょうぶな建物の2階以上に避難。
  • 家から動けない場合は2階や上へ避難する。

 

いざという時に備えて、非常用の持ち出し袋を用意する。

 

避難袋の中に入れる物は事前に決めておく事。

  • 季節などで必要な持ち物を決めることが大切です
  • 食料や水は、家族の3日分を用意
  • 1日に1人が必要とする水は、およそ2リットル
  • 非常持ち出し袋は寝室の枕元に置く
  • 避難するとき誰が何を持ち出すのか決めておく事

 

・日常手続き目次へ行く

土砂対策と非難の事前準備手続きページ


土砂対策と非難の事前準備
ココがPOINT

土砂災害はいつ何処で起きてもおかしく無いし、またゲリラ豪雨などが頻繁に発生する事から予測も付きづらくなっていますね。いつ起こっても対策が出来る様に事前準備と用意をしてください。
スポンサード リンク

ココがPOINT
土砂災害の対策と非難の事前準備