TOP>趣味・レジャー>クラウドサービスの手続き>趣味レジャー目次へ

 
クラウド
インターネットのデータや保存の手続き
インターネットクラウドのデータや保存の手続き インターネットのメールや保存の手続き
  クラウドサービスとは、インターネットを使う時に無料で付いて来るサービス。クラウドサービスはどの様に使うの?またその手続き方法や利用などクラウドサービスを理解しておきましょう。
クラウドサービスのデータや保存の手続き インターネットのメールや保存の手続き
.
クラウドとは インターネットのメールや保存の種類
インターネットのメールや保存の使用  
 

.
インターネットのメールや保存とは
インターネットのメールや保存

クラウドサービスとは

 

 

クラウドサービス

元々、インターネットを使用する利用者は、パソコンなどで使う為のメールアプリやソフトを数多くダウンロードなどして使用していました。

 

クラウドサービスと言うのは、自分でダウンロードして使用していたアプリやデータソフトなどのソフトウェアを、インターネットワーク経由で利用できると言うものです。

つまり、使いたいアプリなどが有った場合、使う利用者側は最低限の環境(パソコンや携帯情報端末などWebブラウザ、インターネット接続環境など)だけで、どの端末からでも、使いたアプリやソフトを利用することができます。

 

つまり、インターネット利用者はアプリ、ソフトウェア、データなどを、自身でダウンロード保有・管理していたものを、クラウドサービスを利用することで、アプリやソフトは勿論、ダウンロードも必要では無くなるのです。

これまで行っていた、さまざまな手間や時間など、作業や業務の効率化さらにコストダウンができるメリットがあります。

 

cloud=雲(クラウド)

  • 利用者はインターネットのクラウドの形態がどうなっているのか?分かり辛い?見えづらい?と言うことを表現した言葉cloudつまり雲と表現しました。

 

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

クラウドサービスのメールや保存の手続きページ

 



メールや保存の種類
インターネットのメールや保存

クラウドサービスの種類

 

 

クラウド種類は3種類

  1. SaaS(サース)
  2. PaaS(パース)
  3. IaaS(アイアース)

1.SaaS(サース)

  • インターネットの、電子メール、電子アプリ、顧客管理、財務会計などのソフト提供行う。

2.PaaS(パース)

  • インターネットの、仮想化アプリサーバやデータベースなどアプリ実行の機能提供を行う。

3.IaaS(アイアース)

  • インターネットで、仮想化デスクトップや共有ディスク、ハードウェアやインフラの提供を行う。

 

ここで言う仮想化とはクラウドサービスの使用方法です。

仮想化とは

  • 1台のパソコン上に、何台もの仮想のパソコンがあるような働きをさせることができるソフト。
  • 逆に複数台のパソコンをあたかも1台であるように利用することもできる。

 

メリット

  • クラウドサービス利用者は、事業者が提供するアプリなどを、必要な分だけ利用することができる。
  • クラウドサービス利用者は、大きなデータも事業者が提供するソフトを使用する事で、データ量に影響されずに使用する事ができる。

 

クラウドのWebメールサービスなどは、自社契約のサーバーやレンタルサーバーなどは使いません。

つまり、サーバーがどこにあるか分かりません。

 

通常一般的には、自社サーバーやレンタルのメールサーバーを利用し、メールソフトのWindows LiveメールやOutlookを使っている。

メールソフトを使う為には、自分のパソコンにダウンロードやインストールする必要があります。

 

しかし、クラウドWebメールでは、上記のようなソフトを使用しません。

つまり、ダウンロードやインストールする必要がありません。

Webメールを使いたい時は、Internet ExplorerやChromeなどのブラウザーがあればWebメールを簡単に使用できます。

つまり、どこの場所でもインターネット環境さえあればメールの送受信や閲覧ができてしまうのです。

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

インターネットのメールや保存の手続きページ

 



インターネットのメールや保存の使用
インターネットのデータや保存

クラウドサービスの使用

 

 

使用方法は様々です。

クラウドサービスは、多くの企業が情報資産を管理する手段として使用されることが多くある。

  • とくに企業の使用頻度は非常に高く急速に普及しています。

 

つまり

  • 今までは企業も自社で出資してデーターアプリやソフトの環境を整え管理していたデータ類を、クラウドサービスを利用する事で管理費用や増築費用はまったく必要に無くなったと言う事が大きな躍進背景にあるのでしょう。

 

また、個人が利用するクラウドサービスは数多くあり全て手軽に簡単に稼働するようになっています。

 

使用例

代表的なクラウドメールサービス

  • Gmail→サーバー上でメールの送受信
  • Yahoo!メール→サーバー上でメールの送受信
  • exciteメール→サーバー上でメールの送受信

その他のクラウドサービス

メール以外のクラウドサービス

  • Dropbox→サーバー上にデータを保存
  • Evernote→サーバー上にデータを保存

上記は、サーバー上にデータを保存できます。

 

有名なGoogleが行うクラウドサービス

  • Googleドライブ→写真や動画の保存や文書、ドキュメント管理など
  • Googleカレンダー→スケジュールなどを管理

上記の様に様々なものがありますので、効果的に感じるものを使用すると良いでしょう。

  • 個人使用でも企業の方でも経費削減に繋がる事は良い事ですね。
  • 使用方法を間違えずクラウドサービスを管理していく事をお勧めします。

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

インターネットのデータや保存の手続きページ

 



ココがPOINT
ココがPOINT

クラウドサービスですが、以外と使用方法を知らないと言う方が多くいます。名前やネーミングはテレビなどで聞いた事ありますが、実際は使っていない方がほとんどです。今後は、自分に合ったクラウドサービスを使用することでインターネットが快適になりますよ。
スポンサードリンク

ココがPOINT
ココがPOINT