TOP > 趣味・レジャー > 廃車の手続き仕方> 趣味・レジャー目次へ

 
永久や一時など自動車の手続き仕方の永久抹消、一時抹消とは
永久や一時など自動車の手続き仕方の永久抹消、一時抹消とは
永久や一時など自動車の抹消の仕方の手続き 永久や一時など自動車の手続き仕方の手続き
  乗っていた車が必要なくなったからといって、普通のごみを捨てるように簡単にポイ!という訳7にはいきません。必ずやるべき事は廃車の手続きです。
買うときは積極的、でもいらなくなったら消極的では困ります。愛車を最後まで責任を持って取り扱うのが持ち主の使命!愛車を廃車にするまでの手続きを、キチンと理解しておきましょう。
永久や一時など自動車の抹消の仕方の手続き 永久や一時など自動車の手続き仕方の手続き
.
永久や一時など自動車の抹消の仕方とうとう廃車 そんな時どうする? 永久や一時など自動車の抹消の仕方の廃車届の種類
永久や一時など自動車の抹消の仕方の永久抹消による廃車手続き 永久や一時など自動車の抹消の仕方の一時抹消による廃車手続き
 
.

永久や一時など自動車の抹消の仕方のとうとう廃車 そんな時どうする?

永久や一時など自動車の手続き仕方の永久抹消、一時抹消とは

とうとう廃車そんな時どうする?

 

廃車の手続き仕方

 

廃車の理由はいろいろありますね。

  • 走行距離が10万キロを越えたり、あちこちが故障して修理費のほうが高くついたり。
  • 事故を起こしてしまう場合もあるでしょう。

車は、ただ廃車にするだけでも、結構な費用がかかります。

 

自動車リサイクル法がスタートし、ますます廃車の費用は高くなりました。

多くの場合、廃車は新しい車の購入と引き換えにしますので、廃車ではなく「下取り」といった形で引き受けてもらうことが多いのではないでしょうか。

でも、次の車を知人など販売業者以外の人から購入したり、新しい車を購入しなかったりするとき、廃車の手続きが必要になりますね。

 

廃車費用を節約したいと思ったら、まずは中古車販売業者に引き取ってもらえないか、相談してみましょう。

最近では、無料見積もりのフランチャイズ業者もありますね。

 

10年以上乗っている車でも、傷だらけの車でも、もしかしたら引き取ってくれる業者があるかもしれませんから、あきらめずに数社に中古車買取の見積もりをお願いしてみましょう。

それでもダメなら、廃車の手続きに踏み切ってください。

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

永久や一時など自動車の手続き仕方の手続きページ

 



永久や一時など自動車の抹消の仕方の廃車届の種類

永久や一時など自動車の抹消の仕方の永久抹消、一時抹消とは 廃車の種類は。

 

廃車をする際、その届出方法は大まかに2種類挙げられます。

  1. 「永久抹消」
  2. 「一時抹消」です。

 

永久抹消

永久抹消というのは、「もう二度とその車には誰も乗らず、スクラップにしてしまいますよ」という、本当の意味での廃車の届出になります。

これは無料ででき、陸運局への手続きも一度で済みます。

ただし、車を解体してから行うので、その間の自動車重量税の還付は受けられなくなります。

 

一時抹消

一時抹消というのは、「もしかして誰かに譲り渡す」かもしれません。

その際には、再度この車が登録されるかもしれませんよ」という届出です。

車の名義変更をするときも、この手続きをします。

 

「廃車にするのになぜ?」と思われるかもしれませんが、一時抹消にした場合、自動車重量税の還付が早めに受けられるので、お得なのです。

それから引取業者に車を渡し、解体してもらってから解体届を出します。

一時抹消の費用は350円必要になり、陸運局にも二度、足を運ばなくてはなりません。

けれども、自動車重量税が多く還付されるメリットがあります。

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

永久や一時など自動車の抹消の仕方の廃車手続きページ

 



永久や一時など自動車の抹消の仕方の永久抹消による廃車手続き
永久や一時など自動車の抹消の仕方の永久抹消、一時抹消とは

永久抹消による廃車を行う場合は

 

 

まず自治体の登録を受けた引取業者に依頼します。

 

自動車リサイクル料金を払っていないときは、その際に支払います。

自動車リサイクル料金は、車種ごとに違うので、あらかじめ料金を知りたい人は、7:00〜24:00の時間内に「自動車リサイクルシステム」のサイトで確認するといいでしょう。

 

<自動車リサイクルシステム ユーザー向けリサイクル料金等照会>
http://www.jars.gr.jp/

引取業者に車を渡すときにナンバープレートをはずしてもらって受け取ります。

 

車の解体が終われば、引き取り業者から「解体報告記録日」の連絡があります。
これは後の廃車の手続きに必要ですので、忘れないようにしましょう。

車の解体を行っている間に、必要書類を揃えておきます。

 

申請書は

  • 陸運局
  • 自動車検査登録事務所の近くで販売しています
  • 自動車ディーラーや整備工場などで分けてもらってもいいでしょう。

 

下記に廃車手続きに必要な書類とサンプル見本がありますので参考にして下さい。

永久や一時など自動車の抹消の仕方の手続きに必要な書類

書類が揃ったら

  • 申請書に記入して、陸運局に持っていきます。


車検が残っている場合は

  • 自動車重量税の還付が受けられますので、忘れないように記入しましょう。

陸運局では、ナンバープレートを返却して廃車の申請をします。

 

  1. それが終われば、次は自動車重量税の還付手続きです。
  2. 陸運局の中にある自動車税事務所で申請します。

また自動車重量税の還付については、国税庁のサイトに詳しく掲載されているので、ご参考に。

「自動車重量税還付申請書付表2」もダウンロードできます。

<国税庁 自動車重量税の廃車還付制度について>

http://www.nta.go.jp/

なお、軽自動車の廃車の手続きの場合は、永久抹消ではなく「返納届」になります。

手続きの流れは同じですが、軽自動車は「軽自動車検査協会」で手続きを行います。

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

永久や一時など自動車の抹消の仕方の廃車手続きページ

 


1位永久や一時など自動車の抹消の仕方
Topics Topics Topics
 

永久や一時など自動車の抹消の仕方の永久抹消、一時抹消とは 永久や一時など自動車の抹消の仕方の永久抹消、一時抹消とは

 廃車にするにも勿体ない少しでも高く売りたい!
 そんなあなたの希望に近づけるため手続きネットがお勧めするのは、
車種・年式・走行距離等の簡単な条件の入力で、
概算価格がわかるガリバーインターナショナルです。大手だから安く叩かれてしまうのでは?と思いがちですがそんなことはありません。ガリバーの最大の特徴は、車業界唯一の独自の販売ルートを持っている所。また 自宅に近い店舗を検索できるのも嬉しいところ少しでも高く売りたいと思うならガリバー査定を検討するのも良いだろう。

 
  HPガリバー中古車 ガリバーインターナショナル 参考ページへ行く http://ad-img.221616.com/  
Topics

永久や一時など自動車の抹消の仕方の一時抹消による手続き
永久や一時など自動車の抹消の仕方の永久抹消、一時抹消とは

一時抹消によって廃車の手続き

 

一時抹消によって廃車の手続きを行う場合

  • 陸運局(軽自動車の場合は軽自動車検査協会)には二度申請に行きます。
  1. 一時抹消の手続きと
  2. 解体届の提出です。

順番も、永久抹消のときとは若干違ってきます。

  1. 書類を揃えて記入し
  2. 陸運局で一時抹消の申請をします。

 

陸運局では

  1. 永久抹消と同じで、ナンバープレートを返却し
  2. 申請書や必要書類を提出します。

そのとき、解体届も購入してくるといいでしょう。

 

 

そして、一時抹消の手続きが終わってから、引取業者に解体を依頼します。

その間に、解体届に記入し、必要書類を揃えておきましょう。

 

廃車に必要な書類として・永久抹消・一時抹消・解体届のサンプル見本がありますので、以下を参考にして下さい。

永久や一時など自動車の抹消の仕方の手続きに必要な書類

解体が終わって

  • 「解体報告記録日」の連絡を受けたら
  • 解体届を陸運局に提出し、廃車の申請をします。

このときに、自動車重量税の還付申請もします。

 

 

・バイクの廃車に関する手続き方法は以下を参考にして下さい。

「125CC以下原付・バイク」ですが、
管轄する市区町村の役所へナンバープレートを持って行き手続きを行った後、解体業者などに依頼し、解体(スクラップ)してもらいます。

また、市区町村以外の住所へ引越しや名義変更する際も、同様の廃車手続きを行わなければなりません。
(この場合の廃車は手続き上だけの廃車です。実際に解体(スクラップ)にするわけではありません)。

 

廃車の手続きは、バイクを登録申請をした市区町村の役所で手続きを行います。

必要書類は下記を参考にしてください。

  • 廃車申告書へ記入(役所にあります)
  • 必要書類の提出(標識交付証明書の提出です。ナンバー交付時にもらった書類のことですが、紛失している方も多くいます。標識公布証明書を紛失した場合でも手続きはできます)
  • 印鑑(シャチハタ・三文判・認印でも可)
  • ナンバープレートの返納
  • 廃車証を受け取る

市町村での手続きが終了したらスクラップ処分です。
解体業者で解体(スクラップ)処分は、自分で解体業者を探し、解体(スクラップ)してもらいましょう。

「125cc以下の原付・バイク」の廃車手続きは「無料」です(解体費用は別途かかります)。

 

以上で「125cc以下の原付・バイク」の廃車手続きは終了です。


自動車の廃車手続きよりもかなり簡単ですご自分で行いましょう。

また廃車手続き後、自賠責保険の有効期限が残っていれば、保険料が戻ってきますので、廃車する場合にはできるだけ早く手続きを行いましょう

 

また、ネットで簡単にバイクの査定も行えますので、廃車の前に一度、バイクの買取額をチェックしてみましょう。
永久や一時など自動車の抹消の仕方ネットで簡単バイクオンライン査定!出張買取査定も無料 参考サイトへ >>GO

 
永久や一時など自動車の抹消の仕方の廃車ページ

 


2位永久や一時など自動車の抹消の仕方
Topics Topics Topics
 

永久や一時など自動車の抹消の仕方 永久や一時など自動車の抹消の仕方

長い間大切に乗ってきた愛車でも廃車に!捨てる時の面倒は何とかならないの?
そんな時に手続きネットがお勧めする便利なサービスがこの廃車ひきとり110番
廃車・不動車・事故車・故障車・・・などの出張引取りから、オンライン無料廃車査定まで、幅広くサポートしてくれるのは嬉しいところ。ホームページ上では愛車のリサイクル料金などがシミュレーションで分かるようになっているので気になる方は一度試してみては。
 面倒な事務手続きやその他の手続も代行でしてくれるので、捨てる時(廃車時)は必ず査定してもらおう。覚えておいてください

 
  HP永久や一時など自動車の抹消の仕方の中古車 廃車ひきとり110番 参考ページへ行く http://www.haisya110.com/  
Topics

ココがPOINT
ココがPOINT

廃車するとき、永久抹消と一時抹消+解体届のどちらがいいかは、その車の状況によって違います。車検が残り少ない場合、または車検切れを迎えた場合の廃車は、永久抹消のほうが手間が省けていいかもしれませんね。けれども、車検までまだまだ期間がある場合など、一時抹消してから解体届を出す方法で廃車したほうが、多く自動車重量税が還付されてオトクでしょう。ちなみに、自動車重量税の還付金が振込まれるまで、3ヶ月ほどかかるそうですよ。
スポンサード リンク

ココがPOINT
ココがPOINT