TOP > 日常 > いびき治療と予防の手続き > 日常の目次へ

 
寝ている時のいびき原因や予防と治療の対策
寝ている時の原因や予防と治療の対策方法
寝ている時のいびき原因や予防と治療の手続き 寝ている時の原因や予防と治療の手続き
  イビキは息を吸ったときにノドの狭い部分は吸い寄せられていっそう狭くなりますので、吸ったときにイビキをかくのが普通です。しかし、吐くときにもかく、いわゆる往復イビキもあります。ここでシッカリいびき治療の対策の手続きを勉強しておきましょう。
寝ている時のいびき原因や予防と治療の手続き 寝ている時の原因や予防と治療の手続き
.
色々ないびき原因について いびき治療と予防
   
 

.
寝ている時の原因や予防と治療の色々ないびき原因について
寝ている時の原因や予防と治療の対策予防

色々ないびきの原因について

家族や友人にいびきがうるさいと指摘されたことのある人は多いと思われます。

また誰からも言われたことのない人でも「もしかしたら自分は寝ている間にいびきをかいているのかも」と不安になることがあると思います。 

そもそも、いびきとはなんの音かというと普通、口や鼻から取り入れた空気はまっすぐ肺に向かって移動します。

 

しかし

  • この移動途中に気道と呼ばれる空気の通り道が狭くなって通りにくくなっていることがあります。
  • その狭い気道を空気が無理に通ろうとすると音が出る場合があります。

 

これがいびきの正体です。 

いびきを治したくても、その原因は様々なので、どのような対処をすればいいかも人によって違います。

 

いびきをかかないようにするには、まず自分のいびきの原因を知るところからはじめるのがいいと思います。 

ではいびき原因とは?どんなものがあるのか一部ご紹介します。 

  • まずよく言われているのが「肥満」です。
    • 人間は太ると首回りにも脂肪が付きます。
    • この脂肪が気道を圧迫して空気の通り道を狭くしてしまうのです。

 

 

次に「口呼吸」もいびきの原因になります。

いびきをかく人の大半は口で息をしながら眠っているそうです。

  • これに「仰向けでの睡眠」などが加わるとさらにいびきをかきやすくなります。

仰向けは下が喉の奥に引っ込んでしまうためにやはり気道の空気抵抗を大きくしてしまいます。 

 

また生まれ持った体のパーツによっていびきが起きやすいこともあります。

  • 「舌が大きい、長い」
  • 「あごが小さい」
  • 「噛み合せが悪い」

といった特徴を持つ人はいびきをかきやすかったりさらに睡眠時無呼吸症候群になりやすいそうです。

何かの病気がいびきの引き金になることもわかっています。

 

  1. 例えば鼻炎などの「鼻の病気」「咽頭扁桃、口蓋垂の肥大」などです。
  2. 鼻が病気になり詰まってしまうと口呼吸になりやすくなり、さらに息苦しさから一気に空気を吸い込むため空気抵抗が大きくなるためです。
    • 扁桃などが炎症により肥大した場合も同じように気道が狭くなりいびきに繋がります。 

他にも

  1. 「ストレス」
  2. 「不規則な生活」
  3. 「アルコール」も原因になります。

 

人間はストレスを受け緊張すると呼吸が浅くなるため、睡眠時にそれを補おうと口呼吸でたくさんの空気を吸い込もうとするためです。

  • そして不規則な生活もストレスに繋がるためいびきが起こりやすくなります。

アルコールはリラックスするために筋肉が緩み上気道も緩んでしまうためです。 

 

このようにいびきには様々な原因があり、自分の安眠を妨げている上に睡眠時無呼吸症候群などの病気が隠れていることもあるため早めに病院に行かれることをお勧めします。

 

・日常手続き目次へ行く

寝ている時の原因や予防と治療の手続きページ

 



寝ている時の原因や予防と治療のいびき治療と予防
寝ている時の原因や予防と治療の対策予防

いびきの治療と予防対策の手続き

人間は毎日睡眠をとり、一日の疲れをとりまた健康な毎日を送って日々過ごしています。

  • 人間にとって睡眠は健康にも関わる最も大切なものです。

今、日本人は特にストレス社会となってしまい睡眠障害に悩まされている方がとても多いです。

毎日の睡眠をうまくとれないのはとても辛いことです。

睡眠障害にもいろいろな原因がありますが、なかでも命にも関わってくるいびきは、自分で分からないうちに起こっている現象なのでとても危険です。

 

 

また

周りの人間もとても不愉快な思いをすることもあると思います。

お酒を飲みすぎたりするといびきをかいてしまう方も多いと思いますが、慢性的ないびきには病気が隠れている場合もあります。

  • 中でも危険なのが睡眠時無呼吸症候群です。

これはいびきをかいている途中に呼吸が止まってしまうことで、最悪死につながる大変危険な病気で寝ている時に起こるので周りの人間もそれになかなか気づきにくい怖い病気です。

 

回避するために、いびき治療と予防がとても大切なのです。

予防にはいろいろな方法がありあます。

  1. 比較的症状の軽い方にはまずお酒の飲む量を減らすことでいびきを予防できます。
  2. アルコールには血管を膨張させ、鼻が詰まりやすくする作用があるからです。
    • とくに疲れている時に大量のアルコールを摂ることは非常に危険です。

 

太りすぎの方も要注意です。

  • 減量することによりのどの脂肪も少なくなるので気道が確保されやすくなります。
  • 寝るときに、口を閉じて寝ることも大切で口を開けることで舌が喉に落ち込みやすいので危険です。

 

  1. ストレスを感じると人間はそれを回復させようと筋肉が緩み、のどの筋肉も緩むため舌が落ち込みやすくなります。
  2. なるべく横向きに寝ることも効果的のようです。

最近では、いびきグッズなども数多く売られており、鼻に貼り息をしやすくするものや、マウスピース、いびき専用の枕などさまざまで自分にあったものを試すのもおすすめです。

 

 

病的な症状や病気の場合のいびきでは、外科手術を行う場合もあります。

例えば、扁桃が肥大していたり、産まれつき気道が狭い場合などは手術でなければ治療は難しいようです。

そうなると、専門医の判断を受けてから治療をすることが大切です。

おかしいなと思ったらまずは耳鼻科に行くことをおすすめします。

 

たかがいびきと思っていると思わぬ病気が隠れている場合があります。

早めに予防をして快適な睡眠をとってストレス社会に負けない健康な毎日を送りたいですね。

 

 

・日常手続き目次へ行く

寝ている時の原因や予防と治療の手続きページ


 



ココがPOINT
寝ている時の原因や予防と治療

イビキはノドが振動している状態ですが、ノドがさらに狭くなると、息を吸うときに気道の壁が吸い寄せられて閉じてしまいます。つまり、息が吸えない状態になることがあります。これが無呼吸(閉塞型無呼吸)です。それが頻繁に起こり、様々な症状が引き起こされるのが睡眠時無呼吸症候群です。息はかろうじて吸えているが、不十分である低呼吸も無呼吸と同様の症状を起こすといわれています。十分に注意しましょう。
スポンサード リンク

ココがPOINT
寝ている時の原因や予防と治療の