TOP > 日常 > 遺伝子検査 > 日常の目次へ

 
遺伝子検査DNA検査サービスの方法
遺伝子検査DNA検査サービスの方法
血縁関係DNAを調べる方法の手続き 血縁関係DNA遺伝子を調べる方法の手続き
  遺伝子検査とはDNA検査のことです。
将来に起こり得る病気や変化を事前に確認できる遺伝子検査、今日では個人で気軽にしかも簡単に検査キットで遺伝子の状態を確認する事が出来るのです。ここで遺伝子検査の方法など理解しましょう。
血縁関係DNA遺伝子を調べる方法の手続き 血縁関係DNAを調べる方法の手続き
.
遺伝子検査とは 遺伝子の検査方法
遺伝子検査の費用と機関  
 

血縁関係DNA遺伝子を調べる方法
遺伝子血縁関係DNAを調べる方法とは

遺伝子検査DNA検査サービスの方法遺伝子検査とは

 

 

身体の基本

体は何で構成されているのか?

人間の体と言うのは、実はそのほとんどがタンパク質で出来上がっているのです。

つまりタンパク質が奇形し異常になる事で体調が変化したり、また病気になったりするのです。

 

  • 一つ一つのタンパク質を正常細胞につくるのが遺伝子(DNA)の役目です。

 

つまり、どの様に細胞が作られているのか詳細に見る事が出来るのが遺伝子検査です。

遺伝子検査をすると、見つけられる体質がありますので、将来起こるであろう病気リスクや疾病リスクを予測できますし準備を行う事も出来るのです。

また

  • ご家族で遺伝性疾患の場合、原因遺伝子を調べることで、その病気が何か明確になり、その病気にピンポイントに合わせた適切な治療や対策を行う事が出来るのです。

 

また、遺伝子は両親から子へ継承されます。

例えば、兄弟姉妹で共通の遺伝子変異を持っている場合もありますので、もし一人でも遺伝子検査で遺伝子変異が明確な場合は、家族も同じ可能性が有ると予測も出来ます。

 

 

遺伝子検査の注意

遺伝子ですので、個人情報の取り扱いですね。

つい最近までは、遺伝子検査するのは特殊な時と法的な場合のみに行なわれていました。

 

しかし

個人で簡単に出来る遺伝子検査が一般に普及した今日には、危険を伴うと言う事も忘れてはならない。

 

  • 自分の遺伝子情報が流出した時のリスク。
  • 誰がどの様に考え、前例のない悪用が行われる危険性もあります。

個人の遺伝子情報は自分で把握する分には楽しいのでしょうが、他人または第三者に流失しない様に再三の注意が必要になるのです。

面白いから楽しいからと簡単に行える遺伝子検査ですが、行うからには全てのことは自己責任となります。

 

その他、遺伝子検査サービスを取り寄せる前に確認すべき事。

  • 国の許可
  • 米国だとFDA許可
  • 利用の前に確認すること

海外の遺伝子検査サービス

  • ※欧米人データ分析が中心
  • ※日本人データに適するか確認すること

 

 

・日常手続き目次へ行く

血縁関係DNAを調べる方法の手続きページ

 



遺伝子の血縁関係DNAを調べる方法

遺伝子検査DNA検査サービスの方法 遺伝子の検査方法

 

 

 

遺伝子の検査方法

  1. 健康保険適用の遺伝学的検査する場合は、遺伝カウンセリングなどが必要です
  2. 専門の医療機関に行き、高額な検査費用を払って行う本格的なもの
  3. 口腔内の粘膜など自分で採取する簡易的なもの

 

 

遺伝子(DNA)は4つ

  1. アデニン
  2. チミン
  3. グアニン
  4. シトシン

上記の4つから構成されているのです。

この4つがらせん状に構成され遺伝子組織が作られています。

その構成される4つの組織配列など検査するのが遺伝子(DNA)検査です。

この様に、配列された遺伝子を検査する事で、様々な薬の抵抗性や病気リスクなど解明できるのです。

 

解明できる病気などのリスク

  • 病気リスク
  • 糖尿病
  • 高血圧症
  • 心筋梗塞
  • ガン
  • アルツハイマー
  • アレルギー
  • 喘息
  • 先天異常
  • 精神障害
  • 肥満度リスク
  • 脱毛(薄毛)リスク
  • 肌の質リスク
  • わきがリスク
  • 緑内障リスク
  • アルコール代謝リスク
  • 元気度リスク

上記の様なリスクの検査が遺伝子よって解明されているのです。

 

体質検査項目(DeNA検査キット)

  • ヘモグロビンの量・赤血球容積・白血球の数・血小板の数・尿酸値・アルブミン値・総タンパク質値・肝臓や骨の異常の指標(ALP値)・肝機能の指標(ALT値・AST値)・心筋障害などの指標(クレアチンキナーゼ値)・炎症反応の指標(C反応性タンパク質値)・善玉コレステロール量の指標(アポリポプロテインA-U値)・悪玉コレステロール量の指標(アポリポプロテインB値・アポリポプロテインE値)・アレルギーに関する指標(IgE値)・肝機能の指標(γ-GTP値・ビリルビン値)・喘息に関連する物質(YKL-40)値・発育・新陳代謝に関連する物質(インスリン様成長因子結合タンパク質)値・心疾患・動脈硬化の指標(ホモシステイン値)・血管障害に関連する物質(Eセレクチン)値・免疫反応に関連する物質(IgG)値・アディポネクチン値・PSA値(前立腺がんマーカー)・好酸球の数
  •  

  • 体重・肥満の指標(BMI)・出生時の体重・身長・体脂肪率・内臓脂肪-皮下脂肪の比率・体脂肪を除いた体重・鼻筋の通り(鼻梁の高さ)・腰のくびれ・胸のサイズ・骨密度(大腿骨頸部・骨密度(腰椎)・頭蓋骨の大きさ・記憶に関連する脳の部位(海馬)の大きさ・脳の働きに関わる脳の神経の密度・乳歯から永久歯への生え変わりの早さ・乳歯の発達の早さ・初潮の時期・閉経の時期・成長期身長の伸び ・成長期後期の身長の伸び・幼児期の頭囲の大きさ・血圧の高さ・腹囲のサイズ
  •  

  • 善玉(HDL)コレステロール値・悪玉(LDL・酸化LDL)コレステロール値・中性脂肪(トリグリセリド)値・血糖値の高さ(空腹時)・ビタミンD・E・B12・B6・鉄・リン・マグネシウム・カルシウム値・脂肪酸(EPA・DPA・DHA・αリノレン酸)値・レチノール・βカロテン・脂肪酸(パルミチン酸・パルミトレイン酸・ステアリン酸・オレイン酸)値
  •  

  • 苦味(カフェイン・PROP)の感じやすさ・摂取量・飲酒傾向・アルコールによる顔の赤くなりやすさ・脂質・炭水化物・タンパク質の摂取傾向
  •  

  • 心拍数の高さ・心電図の波形(PR間隔・QRS間隔・QT間隔)・心臓周囲についた脂肪・大きさの指標(左室拡張末期径・大動脈弁のサイズ)・頸動脈の血管壁の厚さ・頸動脈でのプラークのできやすさ
  •  

  • 肌のくすみ・紫外線による肌の光老化・小麦色の日焼けのしやすさ・日焼け直後の肌の炎症の起きやすさ・そばかすのできやすさ・男性型脱毛症のなりやすさ・髪の形状・髪の太さ・明るさ
  •  

  • 目の色(青に近いかどうか)目の眼圧・角膜の曲率・角膜の厚さ・近視や遠視の指標・視神経乳頭のサイズ)瞳(虹彩のファロー・虹彩のクリプ・虹彩の色素リング)
  •  

  • 男性ホルモン(ジヒドロテストステロン・テストステロン)値・男性ホルモン関連因子値
  •  

  • 虫歯のなりやすさ・HIV進行の速さ・血の止まりやすさ・腎機能の指標(GFR値・尿素窒素値)・新陳代謝の関連ホルモン(甲状腺ホルモン・甲状腺刺激ホルモン)値・血の固まりやすさの指標(プロトロンビン時間・活性化部分トロンボプラスチン時間)・血栓症の指標(Dダイマー値)・耳垢のタイプ・85歳以上まで長生きする可能性・テロメアの長・染色体の組み換えの起きやす・アスパラガスの代謝産物の臭いを感じ取る能力・光くしゃみ反射・血液型抗原の分泌型・肺機能の指標(1秒率)・麦芽の香りを感じとる能力など

 

その他

  • 自分のルーツなども解明できる

 

つまり

  • 事前に自分の遺伝子をチェックすることで、発症リスクに備える事前の準備や予防対策など効果的にピンポイントで対処する事が出来るのが分かりますね。

ただし、遺伝子は約2万あるので、単純に遺伝子検査したら良い訳ではないのです。

調べる項目をしぼり、その目的に合わせて遺伝子検査を行う必要があります。

つまり目的意識を持って、何を調べたいのか決める必要があると言う事ですね。

 

 

・日常手続き目次へ行く

血縁関係DNAを調べる方法の手続きページ

 



遺伝子血縁関係DNAを調べる方法の費用と機関

遺伝子検査DNA検査サービスの方法遺伝子検査の費用と機関

 

 

 

専門機関などの遺伝子検査

  • 血液採取など1回検査で数10万円以上の場合が多い

 

個人向け遺伝子検査キット

価格は検査項目の数や内容に応じて、変化する。

複数の項目数の多いものが高額となる。

  • 1万〜5万円程度

 

取扱い業者

有名な遺伝子検査会社と言えば、DeNAの子会社ライフサイエンスで、取り扱う検査キット名「マイコード」です。

マイコードの価格帯は3種類あり最も高いもので2万9800円程度である。

DeNAの検査項目3種類

  1. 検査項目280で病気や体質の遺伝子傾向を知るキット
  2. がんに特化したキット
  3. 遺伝子傾向から自分のルーツを探るキット

 

その他の検査機関

  • ジーンクエスト
  • ファンケル
  • ヤフー
  • ジーンライフ・ゼロ
  • アンファー社

なども、遺伝子検査キットを扱っている。

海外の遺伝子検査キット

  • 23andMe(99ドルで販売)数十もの病気に対する情報
  • GeneLife(29800円)美容や栄養バランス
  • Navigenics(1000ドル)25の病気に対する罹患リスク、薬剤への副作用
  • Pathway Genomics(450ドル)ガン・心臓・精神衛生遺伝子検査といった分野ごとに検査

補足

個人の体質が遺伝子単位で確認できる為、特定の医療を提供しやすくなります。

また、一人一人に合わせたピンポイント医療を行うことで安心や経済的効果を発揮します。

今後、予防医学や個別の治療対策として公式に認められれば、遺伝子検査は保険適用の範囲が大きく広がります。

つまり、安く早く事前にリスク回避できる日が来ると言う嬉しい医療になるのですね。

今後の医療の発展に期待と応援をしたいものですね。

 

 

・日常手続き目次へ行く

血縁関係DNAを調べる方法の手続きページ

 



 

ココがPOINT
ココがPOINT

遺伝子検査は個人情報取扱い。個人で遺伝子検査を行う場合は、許可を受けている機関なのか?十分に調べてから依頼する事。安いから早いからと訳も分からない遺伝子検査機関に安易に依頼してはいけません。遺伝子情報流失した時のリスクを十分に理解する事です分かりましたね。
スポンサード リンク

ココがPOINT
血縁関係DNAを調べる方法