TOP > 日常 >銀行の委任状の書き方

 
銀行の書き方
銀行の手続き
サンプル見本 サンプル見本
  銀行の委任状の書き方をわかりやすく解説。委任状とは相手に変わって自分が代行する。または自分の代わりに誰かに代行して貰います。ここで銀行の委任状手続きをシッカリ勉強しましょう。
サンプル見本 サンプル見本
サンプル見本
銀行のサンプル見本  

サンプル見本
お金の依頼の書き方

銀行の書き方サンプル見本手続き 銀行の委任状の書き方

 

委任状とは、第三者に、つまり自分に代わって物事や書類の持参など依頼するとき、その意思を書面に書き記すものです。

 

例えば、あなたの代わりに賛否の同意を得たり物事を進めたりする場合がある時など。

 

そのような時に委任状というものが必要となります。

その他、様々ケースで委任状は必要になったりするものです。

 

銀行の委任状の記入例

銀行の書き方手続き

委任状の書き方は、誰が誰に依頼し何が必要なのか?

銀行のPDF委任状サンプル見本←のダウンロードはココからです。

 

その明確な目的ををシッカリと記載する必要があります。

 

銀行委任状

  1. 定額預金の解約
  2. 普通預金口座の解約
  3. 総合口座の解約
  4. 普通預金の払戻し
  5. その他の手続き

 

  1. 委任者
    • 住所
    • 名前
    • 印鑑が必要です。

上記の事を記入したら銀行へ行きます。

 

銀行所定の手続きで遂行したら完了です。

 

 

上記は、銀行関係の委任状ですので、依頼を出す必要に応じて使用してください。

 

・日常手続き目次へ行く

サンプル見本手続きページ

 



ココがPOINT
ココがPOINT

銀行の委任状です。本人の代理で銀行へ行く場合は必ず委任状が必要になります。必要に応じて使用ください。
スポンサード リンク

ココがPOINT
ココがPOINT