TOP > 日常 >家族葬儀の手続き手順 > 日常の目次へ

 
葬式費用や手順と流れ身内や親族などごく親しい内輪
身内や親族などごく親しい内輪
葬式費用や手順と流れ
葬式費用や手順と流れ手続き 葬式費用や手順と流れ手続き
 

家族葬とは、どの様なものなのか、また、注意すべき点について知っておきたい、葬式や告別式のマナーと基礎知識など。ここで家族葬儀の手続き手順など解説しますのでシッカリ勉強しましょう。

葬式費用や手順と流れ手続き 葬式費用や手順と流れ手続き
.
葬式費用や手順と流れ家族葬とは? 葬式費用や手順と流れ家族葬の準備マナー  
葬式費用や手順と流れ家族葬に必要な費用は?
 

葬式費用や手順と流れ
葬式費用や手順と流れ葬儀の手順や流れ
葬式費用や手順と流れ身内や親族などごく親しい内輪

家族葬が増えている理由。

 

家族葬とは身内や親族などごく親しい内輪だけで行う葬儀のスタイルです。

 

  • 高齢化に伴い職場を退職してから最期を迎えるまでの期間が長くなったことにより、故人が勤務していた職場関係者や関連会社の方の付き合いが希薄になってしまうことや、知人や友人などが介護施設に入居していたり遠方に住んでいることなどもあり葬儀に参列する方が減少していることから以前の様な盛大な葬儀ではなく親族内だけで葬儀を執り行うスタイルが一般化してきています。

 

最近では長引く不況により葬儀費用をご自身で準備する方もいますし、子供たちに負担をかけないように配慮する方もいるので内輪で済ませる小さな葬儀が増えています。

 

 

また、故人が著名人であった場合でも個人の遺志によっては家族葬を望む方もいます。

 

葬儀の内容としては、従来の葬儀形式にこだわることなく故人が生前愛した音楽や思い出の写真などを飾るなど、参列者が故人との思い出を共有するようなスタイルも増えており、故人の遺志を尊重する形で執り行うのが最善と言えます。

 

  • 個人が生前親しくしていた友人には、家族葬を行う前に死亡したことを伝えることが望ましいです。
  • お付き合いがあった方やお世話になった方には家族葬を行った後に書状を送付する方も増えています。

どのような形で生前お世話になった方に知らせるかは親族で話し合って決めることが一般的です。

 

家族葬を行う専門業者は、たくさんあるので、必要になった際には問い合わせをしてください。

従来の葬儀とは違い様々な料金プランがあるので、故人と遺族の希望に近い葬儀を行うことができるはずです。

 

・日常手続き目次へ行く

葬式費用や手順と流れ手続きページ

 



身内や親族などごく親しい内輪の準備マナー
身内や親族などごく親しい内輪

家族葬についての手続き手順やマナーと流れ

 

家族葬とは、家族や親族などの近親者のみで行うお葬式のことです。

故人の死を伝えられたごく身近な友人や知人なども参列し、お通夜・告別式といったセレモニーを少人数で行い、火葬場まで一緒に行きます。

  • 通常のお通夜や告別式との違いは、社交辞令的な弔問は受けないということです。

 

  • 家族葬の準備について、家族葬を検討している場合であれば、事前に葬儀の相談をしているという方が多いです。
  • 家族葬には特別な形式があるわけではないので、ご自身やご家族のご要望に沿った提案をしてくれます。

故人があらかじめ家族葬を希望している場合や時間がある方の場合は、事前相談会などに行かれて自分の葬儀のイメージや家族や知人へ配慮する方も多いです。

 

また、費用なども事前に知ることができます。

 

 

また、急なお別れに面し、どうしてよいかわからな言った場合も、「家族葬を希望している」ことを葬儀社に連絡すれば、すぐに対応してくれます。

すぐに必要なものは印鑑と遺影となるお写真、現金です。

 

家族葬の手順ですが、一般的な葬儀の手順と大きな違いはありません。

 

  1. 臨終に際し、病院の場合であれば、指示に従って退院手続きを行います。
  2. 次に、菩提寺や葬儀社などへ連絡します。
  3. そして、ご遺体を安置場所まで搬送します。

これらは葬儀社などに任せると良いでしょう。

 

そして、葬儀内容を決定し、親戚や友人・知人などに通夜・葬儀の日を連絡します。

  1. 通夜や葬儀・告別式は宗旨・宗派に沿った宗教儀礼で行われます。
  2. その後火葬といった流れになります。

 

家族葬は、遺族や故人に身近な人びとが、思い出話を共有しながら、ゆっくり最後のお別れができます。

 

家族葬の注意点は、連絡や呼ぶ人数が限られる点です。

よく起こるトラブルとして、葬儀が終わってから亡くなったことを知った人が、お悔やみを述べに自宅まで来て対応をしなければならなかったり、あとで亡くなったことを知ったことで、なぜ教えてくれなかったのかと不満を言われたり、参列者を呼ばない予定だったのに人が来てしまい対応をしなければならなくなる等です。

 

これらのことを避けるために、亡くなったことを知らせるときに、故人の遺志であるために家族葬を行うことや、参列をご遠慮いただきたいことを伝える必要があります。

 

式を行う前に、このような内容を書いたファックスを送ったり、急なことでこれが間に合わない場合は、式が終了後にハガキなどでお知らせしましょう。

 

 

こうしたやり取りをする心の余裕がないこともあるので、事前に葬儀社などに相談しておくことで、対応方法をアドバイスしてもらえますので、ご遺族だけでトラブルを抱えることはありません。

葬儀のプロに相談することで、回避することができます。

 

 

・日常手続き目次へ行く

葬式費用や手順と流れ手続きページ

 



葬式費用や手順と流れ家族葬の価格は

身内や親族などごく親しい内輪 家族葬の価格は

一般葬儀よりも低めですが、注意点もあります。

 

家族葬とは近親者のみで行う葬儀のことです。

家族だけではなく、生前親しくていた人や身近な人のみで執り行われるため、故人との別れをゆっくりと惜しみながら過ごすことができます。

 

家族葬という言葉自体は1990年代後半から使われはじめ、葬儀形態の一つとして浸透しています。

  • 家族葬とは宗教や葬儀の様式を表すものではありません。
  • もちろん宗教色を見せずに家族葬を執り行うことも可能です。

 

また近親者のみといっても、参列者の人数は様々です。

 

 

はっきりとした規定はなく、家族のみの場合もあれば、友人や親類などが集まって数十人になる場合もあります。

故人の付き合いや希望によって大きく変わります。

  • そして家族葬のメリットとしては、訃報を知った弔問者の来訪に気を遣うことなく、本当に親しい人々だけで静かに葬儀を執り行うことができます。

 

また葬儀の費用を安く抑えたい場合にも選ばれます。

 

そこで気になるのが「家族葬に必要な費用は?」

ということですが、一般の葬儀にかかる費用の全国平均が約200万円とされている中で、家族葬の価格は葬儀社にもよりますが、40万〜100万円と低めに抑えられています。

 

一般の葬儀に比べて安い費用設定がなされているのは、近親者のみで参列者が少ないために、返礼品や飲食にかかる費用が少ないためです。

 

そして家族葬を選ぶ場合には装飾などはなるべくシンプルにしたいという要望が多いため、それらの費用も抑えられます。

葬儀費用は

  1. 葬儀社に払う基本費用
  2. 火葬費用
  3. 式場利用料
  4. 飲食費
  5. 返礼品費
  6. お布施

などがあります。

 

この中でも返礼品費などは葬儀社が設定している家族葬の価格に含まれていないこともありますので、あらかじめ調べておく必要があります。

 

その他、祭壇に使われる装飾等やドライアイスといった物品の費用、人件費、火葬や霊柩車にかかる費用などは、一般の葬儀でかかる費用と大差ありません。

つまり家族葬だからとても安くできる、ということではないのです。

 

葬儀には様々な費用がかかるため、どの程度の費用まで含まれた価格であるのかを知っておかなければなりません。

追加料金が発生する場合もありますので、費用の明細は必ず調べましょう。

 

こうした面からも価格面だけでなく、どのような家族葬を執り行いたいのか、ということをまずは考えましょう。

 

 

それを決めてから葬儀費用の内容を詳しく調べ、信頼のできる葬儀社やスタッフと共に家族葬を執り行う必要があります。

大切な人を亡くしたばかりの遺族にとっては葬儀スタッフのサポートが非常にありがたく、欠かせないものです。

 

故人の生前からの希望なども考慮して、家族で話し合いを設け、よりよい葬儀で故人を見送ってあげることが大切です。

 

 

・日常手続き目次へ行く

葬式費用や手順と流れ手続きページ

 



葬式費用や手順と流れ
ココがPOINT

後日、親戚などに、何故?知らせてくれなかったのかと言われる可能性 ご近所からお香典をと言われる。また、後になってから自宅にお線香をと訪問を受ける。などなど、その後の対応を考えると、親族葬にしておいた方が、楽だったという事態も考えられますので事葬儀に関しては慎重に行うと良いでしょう。
スポンサード リンク

ココがPOINT
葬式費用や手順と流れ