TOP > 日常 >香典の書き方手続き

 
サンプル見本で分かる書き方の葬儀・葬式の流れ
サンプル見本で分かる香典の書き方の葬儀・葬式の流れ
サンプル見本で分かる書き方
サンプル見本で分かる香典の書き方の手続き サンプル見本で分かる書き方の手続き
 

宗旨の考え方の違いがあるため 「御霊前」か「御仏(佛)前」か迷ったときは 「御香典」「御香奠」と書くことをお勧めします。自分の名前を書く時は外袋の下中央に薄い色の墨で、フルネームで記入します。 葬儀の手続き手順など解説しますのでシッカリ勉強しましょう。

サンプル見本で分かる書き方の手続き サンプル見本で分かる書き方の手続き
.
遺族のサンプル見本で分かる書き方

サンプル見本で分かる書き方
御霊前の書き方
サンプル見本で分かる書き方の葬儀・葬式の流れ

御霊前の書き方と使う時

「御霊前」という表書きを使うのは。

人が亡くなって通夜や葬儀・告別式初七日から四十九日法要までです。

葬儀が終わり、四十九日で故人の霊が成仏するという伝えがあります。
なので、四十九日法要が過ぎ、百日法要、一周忌や三回忌以降の表書きの書き方は「御仏前」「御佛前」となります。

水引きは白黒、双銀などの結び切りのものをご使用ください。表書きはの名前は、参列するあなた(会葬者)の名前です。

また、宗派により異なる事もご存知ですか?

浄土真宗の場合は、死後すぐに仏になるという思想から、香典には「御仏前」「御佛前」と書くのが一般的です。よって「御霊前」とは書きません。

サンプル見本で分かる書き方の手続きページ

 



御仏前の書き方
サンプル見本で分かる書き方の葬儀・葬式の流れ

御仏前の書き方と使う時

仏式でも、とくに浄土真宗の場合は、御霊前という言葉を使いません。

つまり通夜、告別式の際から、御仏前の上書きを使用します。

表書きはの名前は、参列するあなた(会葬者)の名前です。

サンプル見本で分かる書き方の手続きページ

 



御香典の書き方
サンプル見本で分かる葬儀・葬式の流れ

御香典の書き方と使う時

その昔は、お香をお供えしていたのです。
その現在版では、お香ではなくお金をお供えするようになりました。
お香をお供えするのは、仏式での葬儀だけの話です。

 

また、御香典は通夜・告別式・四十九日といつでも使えるのが特徴です。

表書きはの名前は、参列するあなた(会葬者)の名前です。

 

 

 

 

 

 

・日常手続き目次へ行く

サンプル見本で分かる手続きページ

 


サンプル見本で分かる御香典の中袋の書き方

サンプル見本で分かる葬儀・葬式の流れ
サンプル見本で分かる葬儀・葬式の流れ

御香典の中袋の書き方

 

表は金額。

裏は住所と名前です。

 

サンプル見本で分かる手続きページ

 


サンプル見本で分かる香典袋の夫婦連盟の書き方
サンプル見本で分かる葬儀・葬式の流れ

香典袋の夫婦連盟の書き方

とくに親しい間柄やお付き合いの方には連盟を用いると良いでしょう。

表書きはの名前は、ご夫婦の名前です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・日常手続き目次へ行く



妻が代理で香典を持参する書き方
サンプル見本で分かる葬儀・葬式の流れ

妻が代理で香典を持参する書き方

やむおえず妻が代理で会葬に出る場合は小さく内を書きます。

表書きはの名前は、夫の名前と内です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンプル見本で分かる葬儀

サンプル見本で分かる連盟3名までの香典の書き方
サンプル見本で分かる葬儀・葬式の流れ

連盟3名までの香典の書き方

3名までの香典は、表に3人とも名前を書きます。

表書きはの名前は、右が1番の年上(目上)の人の名前を書き、真ん中は次に年上の人、1番左は、年下の人になります。

また、中袋に代表住所など詳細を差し入れておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

・日常手続き目次へ行く

サンプル見本で分かる葬儀・葬式の流れ

 

 

 

 

 

 

 

 



サンプル見本で分かる連盟4名以上の香典の書き方
サンプル見本で分かる葬儀・葬式の流れ

連盟4名以上の香典の書き方

表書きはグループ一同のように、全体名称を書きます。

また別紙に全員の名前を書いて、中袋に入れ金額を記載しておきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンプル見本で分かる葬儀・葬式の流れ

 

 

 

 

 

 

 

 

・日常手続き目次へ行く

サンプル見本で分かる手続きページ

 


サンプル見本で分かる会社の香典の書き方
サンプル見本で分かる葬儀・葬式の流れ

会社の香典の書き方

取引先など親交の深い取引先などの方が亡くなった場合などに使います。

会社名を右側に中央は代表取締役と社長の名前を書きましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手続きページ


サンプル見本で分かる会社や団体として香典の書き方
サンプル見本で分かる葬儀・葬式の流れ

会社や団体として香典の書き方

右側に会社の名前を書き、中央に経理課一同など部署の名前で書きます。

この場合も中袋を別紙を差し込んでおきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・日常手続き目次へ行く

サンプル見本で分かる手続きページ

 


御香典の金額の平均

香典の金額の平均(一般的な香典料)

一般的な香典料の香典金額ですので参考にして下さい。

 


「亡くなった方」勤務先の上司 5千円〜1万円
勤務先の同僚 3千円〜5千円
勤務先の部下 5千円〜1万円
取引先 5千円〜1万円
祖父母 1万円〜
両親 10万円
兄弟・姉妹 3万〜5万円
いとこ 5千円〜3万円
叔父・叔母
(伯父・伯母)
1万円〜3万円
友人・知人 5千円〜1万円
恩師 3千円〜1万円
隣近所 3千円〜1万円
仲人 1万円

香典袋に入れるお金のマナー

香典袋に入れるお金

  • 使用中のお札(新札では無い)
  • 向きは揃える
  • 裏向きに入れる(お札の顔が見えない様に)

 

 

・日常手続き目次へ行く

サンプル見本で分かる手続きページ


サンプル見本で分かる
ココがPOINT

香典の金額は関西や関東でも違いがあります。またその地方や地域でも香典金額に違いがあります。その地域の風習に合わせると良いでしょう。
スポンサード リンク

ココがPOINT
サンプル見本で分かる