TOP > 日常 > 手紙の書き方 > 健康相談の手紙やアドバイスや返信の手紙の書き方>手紙の目次へ

 
健康の悩みなど手紙の書き方
健康の悩みなど手紙の書き方
健康の悩みなど手続き 健康の悩みなど手続き
  健康や病気の相談をする。的確なアドバイスを受ける為の手紙を書くように心がけましょう。また相談を受けたら迅速に対応する様にしましょう。ここでシッカリ手紙の書き方について勉強をしてください。
健康の悩みなど手続き 健康の悩みなど手続き
健康の悩みなど
健康の悩みなど 健康の悩みなど 健康の悩みなど
 
健康の悩みなど

健康の悩みなど手紙の書き方
健康の悩みなど手紙の書き方

健康相談の手紙の書き方

 

 

 

文例

おだやかな日を迎えられ、いかがお過ごしでしょうか。

さて、本日は、折り入って仕事の相談したい事がありお手紙を差し上げました。

実は、先日○○検診で○○病院へ行って参りましたが、その時の検査で○○に異常と診断を受け○○が必要だとの事でした。

○○病院では、○○する事が良いだろうと薦めるのですが、色々な意見を聞いている間に、如何したものかと非常に悩んでおります。

つきましては、○○の権威でもあります○○先生に是非アドバイスを頂きたく、また今後の人生を左右する病気の相談できるのは○○先生しかいないと思いペンを執らせて頂きました。

病気についても自分なりに勉強中でもありますし非常に悩んでいます。
○○先生は、多くの患者様を診察する中で、私の様なケースの相談も受けて来られたのかと思い、話を聞かせて貰いたく手紙を差し上げました。

○○先生も、お忙しいのに不躾なお願いで誠に恐縮ですが、御意見をぜひお聞かせください。お返事をお待ちしております。
これからもどうぞよろしくお願いします。

 

 

 

文例1

おだやかな日を迎えられ、いかがお過ごしでしょうか。

本日は、折り入って健康についてのご相談したい事が御座います。

先日ですが友人に誘われて○○に行ってまいりました。その時に、お知り合いになった○○さんと言う方が○○の先生をなさってるとの事でした。

また、その時に軽く整体を整えて頂いたのですが、どうしても以前からの腰の調子が悪く、改善傾向には向いていません。これは持病だからと諦めかけていた時に友人から○○先生のお話を聞き感銘を受けました。

つきましては、○○先生の今までの経験からの意見を受けたく、また是非、健康へ回復したいと強く思います。私にとっては今後人生を左右する様な深刻な事でもあり真剣ですので、ぜひ○○先生のお話を聞かせて貰いたく手紙を差し上げました。

○○先生も、お忙しいのに不躾なご相談で誠に恐縮ですが、御意見をぜひお聞かせください。お返事をお待ちしております。
これからもどうぞよろしくお願いします。

 

 

 

文例2

春おだやかな日を迎えられ、いかがお過ごしでしょうか。

常日頃から気遣い心遣いを頂きまして感謝の念は尽きません。

さて本日は○○の健康回復についてご相談致したくペンを執らせて頂きました。自分の事では何も悩まないのですが、○○の健康の事を考えると、どうしてもじっとしてはいられません。

○○の今後を考えると、どのように対処すればいいのか分からずに困っている次第です。

○○も既に○○歳になりますので自分自身の健康について何度か話し合ったのですが、なかなか良い結論が出ません。○○は○○を志望しており、私共は○○にと希望しているのです。○○の希望も言っている事も理解はできますが、私共も、どうしてもとの希望もあります。

どの様にする事が良い事なのか、結果を出せず困り果てています。

○○様にはお忙しい中、突然で不躾な、このような申し訳ない話しですが、ご意見を伺いたく存じますがいかがでしょうか。私事とはいえ、このような相談をするのはお恥ずかしいのですが、ご指導のほどよろしくお願い致します。

ご自愛お祈りしつつ、ご相談のほどよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

手紙の目次へ行く

 
健康の悩みなど手続きページ

 



健康の悩みなど手紙の書き方

健康の悩みなど手紙の書き方

健康相談の承諾や断り返信 手紙の書き方

 

 

 

文例 承諾

 

先日は、御丁重なお手紙を送って頂きまして、誠にありがとうございました。
平素、心強い励ましやお気遣いの言葉をおかけいただき誠に嬉しく思います。

温かく接してくださる○○様のお気持ちは何よりも力になります。

さて○○様からの○○病の相談のお話しですが、喜んでお受けいたします。現在、ご相談事の対策チームを結成しておりますので、必ず○○様のお役に立つと思います。

また、こちらの医院へお出かけくださるとのこと。

来週は、○曜日の午後○時くらいはいかがですか。お礼など他人行儀なことは言わずに、お気軽にお越し下さい。お待ちしております。

 

 

 

文例 承諾1

この度は、心温まるお手紙ありがとうございました。

お手紙を拝見しているうちに、また感動と嬉しさが同時にこみ上げて感激もひとしおでございます。

現在は夫婦二人の静かな毎日を送っています中、この様な温かい心遣いは誠に嬉しい物ですね。

さて、○○の病気のご相談のお話しですが喜んでお受けいたしますので、ご安心ください。○○の病気の事なら私も自信を持って○○先生をご紹介できます。

また、近いうちにお越し下さると言う事で誠に楽しみにして待っております。末筆ながら、○○様のますますのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

 

 

 

文例 承諾2

このたびは、誠に素敵なお手紙をいただき、ありがとうございました。こうしてお気遣いもらえることを、とても幸せに感じています。

他行事やお付き合いで、何かとお忙しい毎日ではございましょうが、ご自愛ください。

さて○○の健康法のご相談のお話ですが、当然お受けいたします。○○の改善健康法の分野には精通していると自負しておりますので、ご相談頂けるのが嬉しいくらいです。是非ご安心ください。

また、こちらに出向いて下さると言う事でお会いできますことを誠に楽しみに待っております。 末筆ながら、○○様のますますのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

 

 

 

 

文例 断り

先日は私共に、素敵なお手紙をいただき誠に有難うございました。
お心遣いにとても感激し胸が熱い気持ちでいっぱいになりました。
私共は誠に良き友人や近隣の方々そして家族に恵まれたと感謝の念は尽きません。

さて、○○病のご相談のお話しと言う事でしたが、あいにく○○は専門外で、とても役に立ちそうに無く誠に申し訳ありません。せっかく相談を頂いて誠に心苦しくまた、力不足で申し訳なく思っております。

その代わりと言っては何ですが、その道の権威でもあります○○先生をご紹介いたします。○○先生のご実績は高く評価され改善症例の分野では右に出るものがいないと言われるくらいの先生です。ぜひ、○○先生にご相談頂ければと思います。近いうちにご連絡を差し上げますのでしばしお待ちください。

末筆ながら皆様のご健康ご活躍を心からお祈り申し上げます。
またお会いできるのを楽しみにしています。書中を持ちまして失礼いたします。

 

 

 

文例 断り1

拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

さて、この度は私共に、ご丁寧なお手紙を賜りまして、誠にありがたくお礼申し上げます。

今年は還暦を迎え、嬉しいと思う反面、もうそんなに長く生きたのかと時の速さに驚く次第です。

さて、○○病のご相談のお話しと言う事で、誠に有難く感謝する次第ですが、あいにくご相談に乗れる力を持ち合わせておりません。私の専門分野は○○であり、相談の○○の分野はさっぱり分かりません。せっかくのご相談の話を断る形で誠に申し訳ありません。

ただ、私も○○分野で、とくに優れた方はどなたなのか、お調べは出来ますので、少し時間を頂けますでしょうか。またご連絡差し上げますのでしばしお待ち下さい。


末筆ながら皆様のご健康ご活躍を心からお祈り申し上げます。
またお会いできるのを楽しみにしています。書中を持ちまして失礼いたします。

敬具

 

手紙の目次へ

 
健康の悩みなど手続きページ

 


 
健康の悩みなど
健康の悩みなど

健康の相談は、今後の人生を左右する事にも繋がりません。相談は誠意を持ってまた真剣でなければいけません。また相談を貰った相手への承諾や断りの手紙お返事は必ず忘れずにお返ししましょう。
スポンサード リンク

健康の悩みなど
健康の悩みなど