TOP > 日常 > 手紙の書き方 > 忌明け挨拶状や法事招待の手紙の書き方>手紙の目次へ

 
忌明け挨拶状や法事招待の手紙お礼の返信
忌明け挨拶状や法事招待の手紙お礼の返信
忌明け挨拶状や法事招待の手紙手続き 忌明け挨拶状や法事招待の手紙手続き
  法事とは、亡くられた方を偲ぶ故人の思い出を語らい皆で懐かしむ、そのようにすることで故人の供養になると伝えられています。またそのような事でもなければ親戚でさえお目にかかる事も少なくなっている今日において大切なことでもあります。ここでシッカリ手紙の書き方について勉強をしてください。
忌明け挨拶状や法事招待の手紙手続き 忌明け挨拶状や法事招待の手紙手続き
忌明け挨拶状や法事招待の手紙
忌明け挨拶状や法事招待の手紙 忌明け挨拶状や法事招待の手紙 忌明け挨拶状や法事招待の手紙
 
忌明け挨拶状や法事招待の手紙

忌明け挨拶状や法事招待の手紙お礼の手紙
忌明け挨拶状や法事招待の手紙お礼の返信

忌明け挨拶状の書き方

 

文例

さて、亡父○○の葬儀に際しましては、御多用中にもかかわらず御会葬くださいました上に、御丁重なる御厚志を賜り、誠にありがとうございました。
お陰さまで、本日○○○○の四十九日忌法要を相済ませることができました。
当日は混雑にまぎれ、十分な御挨拶もできず、何かと不行き届きのこともあったかと存じますが、何とぞお許しください。

つきましては、供養のしるしに心ばかりの品をお送りいたしましたので、何とぞ御受納くださいますようにお願い申し上げます。
早速お伺いしてお礼申し上ぐべきところ、略儀ながら書面をもって御挨拶申し上げます。
今後ともどうか変わらぬお力添えのほど、お願いいたします。

平成○○年○月○日
東京都○○市○○町○○
喪主 ○○○○
親族一同

 

 

文例1

先般 亡父◯◯◯◯儀 葬儀に際しましては
ご多用中にもかかわらずご会葬を賜り且つご鄭重なる御厚志を賜り有難くお礼申し上げます。

当日は混雑にまぎれ、十分な御挨拶もできず、何かと不行き届きのこともあったかと存じますが、何とぞお許しください。
お蔭をもちまして◯月◯日に四十九日の法要を滞りなく済ませることができました。
つきましては供養のしるしに心ばかりの品をお送りいたしますので何卒ご受納賜りたくお願い申し上げます。

今後も変わらぬご指導ご厚誼を賜りますようお願い申し上げます 
早速拝眉の上お礼申し上げるのが本意ではございますが、略儀ながら書中を持ちましてお礼かたがたご挨拶申し上げます。

平成○○年○月○日
東京都○○市○○町○○
喪主 ○○○○
親族一同

 

 

文例2

亡き母○○葬儀の節は、ご多忙中にもかかわらずご会葬くださいまして、誠にありがたく、厚く御礼申しあげます。
おかげをもちまして本日○○○○の四十九日忌法要を相済ませることができました。
早速拝眉の上お礼申し上げるのが本意ではございますが、略儀ながら書中を持ちましてお礼かたがたご挨拶申し上げます。

平成○○年○月○日
東京都○○市○○町○○
喪主 ○○○○
親族一同

 

 

文例3

亡き次女〇〇の葬儀に際しましてご多忙中にもかかわらずご鄭重なるご厚志を賜り心より厚くお礼申し上げます。 お蔭をもちまして◯月◯日に四十九日の法要を滞りなく済ませることができました。

生前 多大なるお気遣いにお礼申し上げるとともに、今後も変わらぬご厚誼を賜りますようお願い申し上げます。 早速拝眉の上お礼申し上げるのが本意ではございますが、略儀ながら書中を持ちましてお礼申し上げます。

平成○○年○月○日
東京都○○市○○町○○
喪主 ○○○○
親族一同

 

 

文例4 会社編 

弊社取締役社長〇〇儀 葬儀に際しましてご多忙中にもかかわらずご丁重な弔電を賜り厚く御礼申し上げます。おかげをもちまして本日○○○○の四十九日忌法要も滞りなく相済ますことが出来ました。
ここに生前のご厚誼を深謝申し上げますとともに 今後も変わらぬご指導ご厚誼を賜りますようお願い申し上げます。

早速お伺いしてご挨拶申し上げるのが本意でありますが略儀ながら書面をもって御挨拶申し上げます。

東京都○○区○○町○○
株式会社○○○○
喪主 ○○○○
外 遺族一同

 

 

文例 会社編2

このたび弊社取締役社長〇〇儀の逝去に際しましては御多用中にもかかわらず御鄭重なる御弔問忝うし且つ過分の御供物を賜りまして御芳志の程誠に有難く厚く御礼申し上げます。
御蔭をもちまして本日○○○○の四十九日忌法要も滞りなく相済ませました。
ここに生前の御交誼とともに深謝いたしますとともに今後も変わらぬご指導ご厚誼を賜りますようお願い申し上げます。
早速拝趨の上親しく御礼申し上ぐべきが本意でありますが略儀ながら書面をもって御挨拶申し上げます。

東京都○○区○○町○○
株式会社○○○○
喪主 ○○○○
外 遺族一同

 

手紙の目次へ行く

 
忌明け挨拶状や法事招待の手紙手続きページ

 



忌明け挨拶状や法事招待の手紙お礼の返信の手紙の書き方

忌明け挨拶状や法事招待の手紙お礼の返信

忌明け挨拶へのお礼の手紙の書き方

 

 

文例

このたびは亡きお母上の○○○の法要を無事お済ませになったとのこと、お母上もさぞ天国で満足なさっていることでしょう。
お母上の微笑む素敵な笑顔が目から離れません。今でも目を閉じるとふと目の前に現れ人の世話を自ら進んでせっせっと動く姿が思い出されてなりません。
皆様も寂しく辛いこととは存じますが、どうか御自愛くださいますようお祈り申し上げます。
末筆になりましたが結構なお品を頂戴しましたこと、厚くお礼申し上げます。

 

 

文例1

このたびは亡きご主人様の○○○の法要を無事お済ませになったとのこと、ご主人様もさぞ天国で満足なさっていることでしょう。
あのような良いお人柄の方がと今でも信じられません。共にお酒を飲んでは豪快に笑い朝までバカ話を語ったのを今目を閉じると鮮明に思い出されます。
皆様も痛恨の極みであることとは存じますが、どうか御自愛くださいますようお祈り申し上げます。
末筆になりましたが結構なお品を頂戴しましたこと、厚くお礼申し上げます。

 

文例2

このたびは亡き御父上様の○○○の法要を無事お済ませになったとのこと、御父上様もさぞ黄泉の国で満足なさっていることでしょう。

誰よりも真っ先に事を済ませその後に人までも手伝う姿が忘れられません。また私にとっても大きな存在の方でありましたこと、とても残念でなりません。ご家族の皆様のご心痛は計り知れないものと存じますが、どうか御自愛くださいますようお祈り申し上げます。

末筆になりましたが結構なお品を頂戴しましたこと、厚くお礼申し上げます。

 

 

文例3 会社編

貴社代表取締役社長 ○○様の法要を無事お済ませになったとのこと、○○様もさぞ黄泉の国で満足なさっていることでしょう。

我社が今日あるのも○○社長のお力添えの賜物と深く感謝し、今でも目の前に現れ頑張ってくれよと励ましのお言葉を頂けるのではと思います。

ご遺族様をはじめ、社内の皆様のご心痛はいかばかりかと拝察いたしますが、どうか御自愛くださいますようお祈り申し上げます。

末筆になりましたが結構なお品を頂戴しましたこと、厚くお礼申し上げます。

○○株式会社 
代表取締役  ○○○○

 

 
忌明け挨拶状や法事招待の手紙手続きページ

 



忌明け挨拶状や法事招待の手紙お礼の返信
忌明け挨拶状や法事招待の手紙お礼の返信

法事招待と断り状の手紙書き方

 

 

文例 法事招待

さて、○○月○○日は亡き夫○○○○の○○周忌にあたります。
つきましては下記のとおり法要を営み、故人を偲びたいと存じます。御多忙中とは存じますが、ぜひともお越しくださいますようお願い申し上げます。
なお、法要の後粗餐を用意しておりますので、故人の思い出話などを承ることができれば幸いです。

平成○○年○○月
            記
日時 平成○○年○○月○○日(○)午前○時より
場所 ○○○○
      ○○都○○市○○町○ー○○
      電話 ○○○(○○○)○○○○
                    ○○○○

 

 

文例1 

さてこのたび 亡父 ○○○○の○○回忌?供養をいたしたく存じます
つきましては下記のとおり法要を相営みたいと存じますので 御多忙中とは存じますが、ぜひともお越しくださいますようお願い申し上げます。

            
平成○○年○○月
            記
日時 平成○○年○○月○○日(○)午前○時より
場所 ○○○○
      ○○都○○市○○町○ー○○
      電話 ○○○(○○○)○○○○
                    ○○○○

 

 

文例2

さて ○○月○○日は亡き母○○○○の○○周忌にあたりますので同日午前○○時より自宅に於て法要を相営みたく存じます。
ご多用の折 誠に申し訳ございませんが 何卒ご臨席のほどお願い申し上げます。
尚 法要後 下記にて粗餐差し上げたく存じます。
何卒よろしくお願い申し上げます。

平成○○年○○月
            記
日時 平成○○年○○月○○日(○)午前○時より
場所 「料亭○○○○」
      ○○都○○市○○町○ー○○
      電話 ○○○(○○○)○○○○
                    ○○○○

 

 

文例 法事のお断り

先般 亡父◯◯の永眠に際しましては ご丁重なる弔問を賜り且つ過分なるご香料お供物等を賜りまして厚く御礼申し上げます。
さてこの度 亡父の○○忌法要ですが、私共の都合により誠に勝手ながら家族のみで執り行おうと決めた次第でございます。
恐縮なお願いではございますがご理解いただければ幸いでございます。
略儀ながら書中をもちまして謹んでご挨拶申しあげます。
末筆になりましたが、生前故人に寄せられたご厚誼に深く感謝し厚くお礼申し上げます。

 

 

 

文例 法事招待への断り状

このたびは亡き母上様の○○回忌の法要にお招きくださいまして、誠にありがとうございます。月日が経つのは早いもので、母上様が亡くなられてもう○年ですか。生前母上様には、特別な気遣いを受けた恩を忘れられません。今もなお母上様の優しい笑顔で語りかけられる気がいたします。

お招きいただいた法要のことですが、あいにく当日は日本に滞在しておらず、お伺いすることができません。ぜひ御仏前にお参りしたいと思っておりましたのに誠に残念でなりません。どうかお許しください。
なお、同封のものは心ばかりですが、どうぞ御仏前にお供えくださいますようお願い申し上げます。

 

手紙の目次へ

忌明け挨拶状や法事招待の手紙手続きページ

 

 



Topics Topics Topics
  忌明け挨拶状や法事招待の手紙VERY CARDはインターネット申込に特化した電報サービスです。
お急ぎ弔電の豊富なラインナップからお選びいただけます。その数なんと100種類以上。
全国一律1,280円(税抜)〜の格安料金でご利用いただけます。メッセージも350文字まで想いをこめた電報をお贈りします。
 
  HP お悔みお気持ち電報サービス 参考ページへVERY CARD忌明け挨拶状や法事招待の手紙  
忌明け挨拶状や法事招待の手紙

 


忌明け挨拶状や法事招待の手紙
忌明け挨拶状や法事招待の手紙

法事は故人を供養していただく為にも大事な日本の行事です。法事に招待し来て頂ける方には心からのもてなしと感謝する気持ちが大切です。
スポンサード リンク

忌明け挨拶状や法事招待の手紙
忌明け挨拶状や法事招待の手紙