TOP > 日常 > 手紙の書き方 >団体入会へのお願いの手紙や承諾や断り手紙の書き方>手紙の目次へ

 
手紙の書き方団体入会の招待案内の手紙
手紙の書き方団体入会の招待案内の手紙
団体入会の招待案内の手紙手続き 団体入会の招待案内の手紙手続き
  団体入会のお願いの手紙、正式に申込みをお願いする正しい書き方。入会の申込みを受けたら必ず承諾や断り返信のご連絡を差し上げましょう。ここでシッカリ手紙の書き方について勉強をしてください。
団体入会の招待案内の手紙手続き 団体入会の招待案内の手紙手続き
団体入会の招待案内の手紙
団体入会の招待案内の手紙 団体入会の招待案内の手紙 団体入会の招待案内の手紙
 
団体入会の招待案内の手紙

手紙の書き方団体入会の招待案内の手紙
手紙の書き方団体入会の招待案内の手紙

団体へ入会申し込みの手紙の書き方

 

 

文例

 

 

暖かな風吹く季節になりましたね。

突然のご挨拶とお願いでご無礼いたします。私、○○の○○と申します。私の勝手なお願いでは御座いますが、このたび貴会への入会を希望したくペンを執った次第で御座います。

実は、私も○○年から現在まで精力的に○○活動を行っています。
つきましては○○専門に活動をなさっております貴会にとても興味を持ちお願いをした次第です。
貴会の活動を数多く調べさせて頂きましたが、どれも魅力的な活動を行っており心を打たれます。

もし、承諾くださる場合は、ご返信をお願い頂けないでしょうか。
御多忙とは存じますが、何とぞ御承諾の方向で御検討くださいますよう謹んでお願い申し上げます。まずは書中にてお願いまで。
平成○年○月○日

○○ TEL○○

以上

 

 

 

文例1

 

 



拝啓 暖かな風が吹く季節ですね。○○先生におかれましては、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
さて、本日は突然のお願いで誠に恐縮で御座いますが、このたびの活動を通じて、○○先生の○○会に、とても興味を持ちました。

つきましては、○○分野でどなたよりも精通しご活躍の○○先生の○○会に入会したいと思いペンを執った次第で御座います。
○○会を通して色々な面でご協力など出来れば幸いで御座います。

○○先生におかれましてはご多用のことと存じますが、何卒ご承諾くださいます様、よろしくお願い申し上げます。

敬具 

平成○年○月○日

○○ TEL○○

以上

 

 

文例2

 

拝啓 暖かな風が吹く季節ですね。○○様におかれましては、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

このたびは、突然にお手紙を差し上げるご無礼をお許しください。
私、○○課の○○と申します。私共では、○○についての研究開発、推進を日々行なっております。

今回、○○の幅広い推進の向上をはかりたく、○○テーマとした活動を開始しました。
つきましては、○○の分野の第一人者でもあります。○○様ご活躍中の○○会に、ぜひ入会お願いしたく、一筆申し上げた次第で御座います。

ご多忙中とは存じますが、何卒ご承諾いただきたくご配意を賜りましたら幸いで御座います。

改めてご連絡させていただきますが、まずは書中にてお願い申し上げます。 敬具

○○ TEL○○

以上

 

 

 

文例3

 

拝啓 暖かな風が吹く季節ですね。○○様におかれましては、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

さて本年度も、私ども地域の活動をテーマに○○の講演を行う運びとなりました。

活動は、エコを意識し地域に密着を目指すことをテーマに掲げております地域活性です。

つきましては、○○の第一人者でもあります○○様の○○会にぜひとも入会したくお願いでございます。
ご繁忙の折り恐縮とは存じますが、ご承諾頂きたくご配意を頂ければ幸いです。 敬具


○○ TEL○○

以上

 

 

 

文例4

拝啓 暖かな風が吹く季節ですね。○○先生におかれましては、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
この度、私共は地域の貢献との友好と推進のボランティアを行っています。

つきましては、このボランティアを通じて○○先生にお近づきになれたこと、また○○先生の○○団体の会に興味を持ち是非とも入会させて頂けないかとのお願いでペンを執った次第で御座います。

またこの様に地域の貢献との友好が続くのも多くの皆様方ご協力のお蔭と感謝の念に耐えません。
ご多忙中誠に恐縮では御座いますが、ご承諾頂きたくご配意を頂ければ幸いです。 敬具

 

○○ TEL○○

以上

 

 

 

文例5

拝啓 新緑の侯 ○○先生におかれましては、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

さて、 早速ですが、このたび私共○○で昨年より運営をしておりました○○がようやく動き出しました。

これもひとえに、○○先生と○○の会のお力添えがあっての事と深く感謝いたしております。

つきましては、○○の会に入会させて頂けないかとのお願いで御座います。
○○会を通じて○○先生のご意見や新たな観点などを参考に出来たら幸いで御座います。

お忙しい中では御座いますが、是非とも、私のお願いを承諾頂きたくご配意を頂ければ幸いです。 敬具

○○ TEL○○

以上

 

 

 

文例6

○○株式会社

代表取締役 ○○社長殿

拝啓 新緑の侯 貴社おかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

さて、昨年より我社では○○の一環として○○の会を開催しております。

今月に第○回の○○の会の発表を行う予定です。

つきましては、○○を先進で行っております○○社長殿の○○の会に入会させて頂けないかとのお願いで御座います。また、この機会により多くの発信や認知度も高めることが出来ましたら幸いと思います。
ご多忙中誠に恐縮では御座いますが、是非とも、私のお願いをご承諾頂きたくご配意を頂ければ幸いです。

僭越では御座いますが書中を持ちましてご依頼申し上げます。

敬具

○○株式会社

代表取締役 ○○ ○○ TEL○○

以上

 

 

手紙の目次へ行く

 
団体入会の招待案内の手紙手続きページ

 



手紙の書き方団体入会の招待案内の手紙

手紙の書き方団体入会の招待案内の手紙

団体入会の承諾や断り欠席の返信 手紙の書き方

 

 

承諾の文例

 

春だと言うのに寒い日が続いておりますが、お変わりなくお過ごしのこととお慶び申し上げます。

この度は○○団体入会のご依頼いただき本当にありがとうございます。
入会の申込み、喜んでお受けしたいと思います。ふと気がつけば、○○さんとのお付き合いも○○年経つのですね。今回の入会ご縁を通して、皆様とより親交を深めて頂ければ幸いでございます。

他、何か要望など御座いましたら遠慮なくお伝えください。
末筆ながら○○様のご健勝をお祈り申し上げます。

 

 

断りの文例

 

新年度を迎えあわただしい日が続いておりますが、お変わりなくお過ごしのこととお慶び申し上げます。

この度も新たな年を迎え気持ちも新たに素敵な年にしたいですね。また今回○○会の入会のご依頼をいただき本当にありがとうございます。
実は私事でありますが、既にもう○年間活動を停止しております。入会頂くと言う有難いお話しも残念なのですが、承る事ができません。

○○さんには残念なお話しなのですが何卒ご理解下さいます様お願い申し上げます。
○○様の今後のご健勝を心よりお祈り申し上げております。

 

 

 

断りの文例1

 

暖かいこぼれ日が続いておりますが、お変わりなくお過ごしのこととお慶び申し上げます。

先日は○○会の入会の依頼状を送っていただき本当にありがとうございます。
とても残念ですが、今回は人数制限の都合により受けることができません。せっかくご依頼されたにも関わらず承諾できず誠に申し訳ございません。

○○さんには残念なお話しとなりましたが、ご理解くださいます様お願い申し上げます。

 

 

 

承諾の文例

 

先日は○○○○入会をお送りいただき、本当にありがとうございました。
喜んで入会のご依頼を受けさせていただきます。
○○会では○○の運営には皆様に、いろいろと御世話をおかけしておりご協力を頂いておりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。
○○会で、縁があった皆様にご紹介出来ること心より楽しみにしております。

 

 

 

断りの文例

 

先日は○○○○入会のご依頼をお送りいただきまして、誠にありがとうございました。
あいにくでは御座いますが、しばらくの間、入会の人数を制限させて頂いており、どうしてもご依頼を受けることができません。せっかくの依頼を断る事になり大変残念に思っております。

ご依頼頂きました○○さんには、いろいろとご面倒をおかけしておりますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。
末筆になりましたが、○○さんのご健勝を陰ながら応援いたしております。また、他に私共に何かできることがあれば是非お申しつけください。

 

 

 

承諾の取りやめの文例

 

先日、承諾でお受けしました○○○○会の入会の件ですが、急にでは御座いますが、団体方向性の案件の違いで、○○入会の承諾を行うことが難しくなりました。
非常に心苦しく残念なのは山々ですが、今回の入会の件は、見合わせでお願いしたいと思います。
急遽の取り消しお願いとなり、○○様には多大なご迷惑をおかけし誠に申し訳ありません。

スタッフ一同心よりお詫び申し上げます。。
末筆となりましたが、○○様の今後のご健勝を心よりお祈り申し上げます。

 

 

ビジネスの断り方文例

 

○○○○株式会社
代表取締役社長
○○○○ 様

 

平成 年 月 日
株式会社 ○○○○
代表取締役社長
○○ ○○ 印

 

謹啓 ○○の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
この度は○○の会の入会のご依頼を頂きまして誠に有難く感謝する次第です。
折角ご案内を頂いたのですが、あいにくですが、しばらくの間は、入会制限中で承諾がかないません。

貴社の○○会を応援することができず、誠に残念に存じますが、何卒事情を、ご賢察いただきご了承いただきます様お願い申し上げます。
末筆ではありますが、貴社の更なるご発展と皆様のご活躍をお祈り申し上げます。

敬白

 

手紙の目次へ

 
団体入会の招待案内の手紙手続きページ

 


 
団体入会の招待案内の手紙
団体入会の招待案内の手紙

団体入会の依頼とお願いは決して気軽に行うものではありません。また団体入会のお願い依頼を貰った相手への意図を組み返信の手紙やお返事は早めにお返ししましょう。
スポンサード リンク

団体入会の招待案内の手紙
団体入会の招待案内の手紙