TOP > 日常 > 手紙の書き方 > 同窓会の招待案内の手紙や出欠席返信の手紙の書き方>手紙の目次へ

 
手紙の書き方同窓会の招待案内の手紙の書き方
手紙の書き方同窓会の招待案内の手紙の書き方
同窓会の招待案内の手紙の書き方手続き 同窓会の招待案内の手紙の書き方手続き
  同窓会は昔の旧友を懐かしむ又は元気の安否を確認する会も兼ねています。招待を頂いたら返信を書くのは当然ですが相手の方の配慮として、早めにご連絡を差し上げましょう。ここでシッカリ手紙の書き方について勉強をしてください。
同窓会の招待案内の手紙の書き方手続き 同窓会の招待案内の手紙の書き方手続き
同窓会の招待案内の手紙の書き方
同窓会の招待案内の手紙の書き方 同窓会の招待案内の手紙の書き方 同窓会の招待案内の手紙の書き方
 
同窓会の招待案内の手紙の書き方

同窓会の招待案内の手紙の書き方手紙の書き方
同窓会の招待案内の手紙の書き方手紙の書き方

同窓会招待案内の手紙の書き方

 

 

文例

 

○○期生

                    同窓会ご案内

暖かな風吹く季節 皆様におかれましては、ますますご清栄のことと心よりお慶び申し上げます。

さて、このたび私ども○○学校第○期生の同窓会を開催します。卒業後○○年の区切りの年を迎えておりますので是非一人でも多くの参加をお願いいたします。
今は、私共が学んだ校舎は取り壊され新校舎になっており面影は御座いませんが、お互いに再会を喜び合い、しばしのご歓談を楽しんでいただきたいと、工夫を凝らしたゲームの用意もあり皆様をお迎えいたします。
ご多用中とは存じますが、是非お越し頂ければ幸いです。

                  記

期間   ○○月○○日○○時
場所 ○○○○屋
住所 ○○○○
電話番号 ○○


2.会費 ○○円

幹事 ○○宛 TEL○○
なお、出欠席準備の都合上○月○日まで出欠をお知らせいただきたくお願い申し上げます。
以上

 

 

 

文例1

 

○○期生 各位

拝啓 若葉の候 皆様におかれましては、ますますご清栄のことと心よりお慶び申し上げます。

さて本年度、私ども○○学校第○期生の同窓会を開催する運びとなりました。
今年で丁度○○歳の年になりお互いの面影も風変りしますし、だんだんと薄れつつあります。

この機会に昔を懐かしみしばしの談笑にお付き合い頂ければ幸いで御座います。
ご多用中とは存じますが、皆様お誘い合わせの上ご参加くださいませ。敬具

 

                  記

期間   ○○月○○日 ○○時
場所 ○○○○ ホテル
電話番号 ○○

2.会費 ○○円

幹事 ○○宛 TEL○○
なお、出欠席準備の都合上○月○日まで出欠をお知らせいただきたくお願い申し上げます。
以上

 

 

文例2

 

暖かな風吹く季節 皆様におかれましては、ますますご清栄のことと心よりお慶び申し上げます。

さて、今年は、長年の間、開催見合わせとなっていました、私ども○○学校第○期生の同窓会を開催致します。

同窓会は○月○日に行う予定です。
今年は、定年退職の歳を向かえる担任の先生方全員の出席予定となっており和気あいあいとした同窓会にしたいと考えております。詳細スケジュールは下記のとおりです。
皆様方には、何かとお忙しいとは存じますが万障お繰り合わせのうえご参加いたださいますようお願い申し上げます。

          記

期間   ○○月○○日 ○○時
場所 ○○○○館 ○○号
電話番号 ○○


2.会費 ○○円

幹事 ○○宛 TEL○○
なお、出欠席準備の都合上○月○日まで出欠をお知らせいただきたくお願い申し上げます。
以上

 

 

 

文例3

 

拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

さて本年度、私ども○○学校第○期生の同窓会を開催する運びとなりました。また、このたび、◯月◯日○○さんが、国民○○賞の受賞を受け、私共○○町出身としてとても名誉なことで嬉しく思います。

同窓会は下記の日程で執り行います。

ぜひ御出席いただきたく、ここに御案内を申し上げます。
ご多用中とは存じますが、ご出席頂き、しばしの談笑に付き合って頂ければ幸いです。敬具



          記

期間   ○○月○○日 ○○時
場所 ○○○○ ○○ホテル
電話番号 ○○


2.会費 ○○円

幹事 ○○宛 TEL○○
なお、出欠席準備の都合上○月○日まで出欠をお知らせいただきたくお願い申し上げます。
以上

 

 

 

文例4

拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます 

さてこのたび○月○日私ども○○学校第○期生の同窓会を開催する運びとなりました。

ご存知の通り恩師であります○○先生も随分とお年を召され今回が最後のご出席と言っておられます。今日私共がありますのも○○先生のお蔭と感謝の念に耐えません。つきましては、○○先生への感謝を兼ねまして同窓会を開くはこびとなりました。

当日は一人でも多くの皆様のご出席をいただき、なごやかな同窓会にする予定でございます。
ご多忙中誠に恐縮では御座いますが、皆様お誘い合わせの上、是非ともご参加くださいますようお願い申し上げます。敬具

 

          記

期間   ○○月○○日 ○○時
場所 ○○○○ ○○ホテル
電話番号 ○○

2.会費 ○○円

幹事 ○○ TEL○○
なお、出欠席準備の都合上○月○日まで出欠をお知らせいただきたくお願い申し上げます。
以上

 

 

 

文例5

拝啓 新緑の侯 皆様におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。

さて、 早速ですが、このたび卒業○○周年を記念し、○○期生の同窓会を下記の通り企画いたしました。
同窓生の皆さんも日頃お忙しく活躍され、なかなか一同に会する機会もございません。
お忙しい中では御座いますが、皆様万障お繰り合わせの上、ぜひご参加下さい
。敬具

          記

期間   ○○月○○日 ○○時
場所 ○○ホテル ○○の間
電話番号 ○○


2.会費 ○○円

幹事 ○○ TEL○○
なお、出欠席準備の都合上○月○日まで出欠をお知らせいただきたくお願い申し上げます。
以上

 

 

 

文例 恩師宛

 

拝啓 新緑の侯 先生におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。

私は○○学校○○学年○○クラス ○○年卒業の○○○○と申します。大変ご無沙汰いたしております。

早速ではございますが、同窓会のご案内のお便りでございます。 今回は、私が幹事を務めさせていただきます。 何かと行き届かぬ点もございますが宜しくお願いします。  本来度で○○先生も定年を迎える年だとか、月日の経つのは早いものですね。今まで多くの者の人間形成に携わって来られた功績に感動致しております。
久しぶりに○○先生にお会いできる事、懐かしい皆に再会できるという事で、今からワクワクしております。

まずは、○○先生にご臨席いただければこんなに嬉しいことはございません。ぜひともご臨席賜り、先生のユーモラスなお話を久しぶりにお伺いしたく存じます。お忙しいところ恐縮ではございますが、何卒宜しくお願い申し上げます。

敬具

 

          記

期間   ○○月○○日 ○○時
場所 ○○○○ ○○ホテル
電話番号 ○○


2.会費 無料

幹事 ○○ TEL○○
なお、出欠席準備の都合上○月○日まで出欠をお知らせいただきたくお願い申し上げます。
以上

 

 

手紙の目次へ行く

 
手続きページ

 



手紙の書き方同窓会の招待案内の手紙の書き方

手紙の書き方同窓会の招待案内の手紙の書き方

同窓会招待状の承諾や断り欠席の返信 手紙の書き方

 

 

承諾の文例

 

春だと言うのに寒い日が続いておりますが、お変わりなくお過ごしのこととお慶び申し上げます。

この度は○○同窓会のお知らせをいただき本当にありがとうございます。
同窓会、喜んで出席したいと思います。ふと気がつけば、○○学校を卒業して○○年経つのですね。今回の同窓会で、皆様と共に楽しいひと時を過ごすことが出来るかと思うと今すでに感動しております。

何かお手伝いなど御座いましたら遠慮なくお伝えください。このような機会でも無ければお手伝い出来ることがありませんので。
末筆ながらますますの御多幸のほどお祈り申し上げます。

 

 

断りの文例

 

新年度を迎えあわただしい日が続いておりますが、お変わりなくお過ごしのこととお慶び申し上げます。

この度も新たな年を迎え気持ちも新たに素敵な年にしたいですね。また今回○○同窓会の案内を送っていただき本当にありがとうございます。
実は私事でありますが、既にもう○年間○○の皆さんにお会いできて無く誠に残念なのですが、夏より体調を崩して床に臥せっているため、当日の同窓会には出席できそうにありません。

会の担当者様にはお世話をおかけいたしますが、出席される皆様に、よろしくお伝えください。
今回の同窓会が、盛況に執り行えますよう心よりお祈り申し上げております。

 

 

 

断りの文例1

 

暖かいこぼれ日が続いておりますが、お変わりなくお過ごしのこととお慶び申し上げます。

先日は同窓の会の招待状を送っていただき本当にありがとうございます。
とても残念ですが、今回は都合により出席できませんが、この様な機会でも無ければ折り入って合う事も難しくまた、せっかく招待されたにも関わらず参加できず誠に申し訳ございません。

担当者様の方にはお世話をおかけいたしますが、出席される皆様に、よろしくお伝えください。
今回の同窓会が、ご盛況で執り行えます様に心よりお祈り申し上げております。

 

 

 

出席の文例

 

先日は○○○○同窓会の案内をお送りいただき、本当にありがとうございました。
喜んで同窓会にご出席させていただきます。
○○同窓会の運営の皆様には、いろいろと御世話をおかけしておりますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。
○○○○同窓会で、皆様にお会いできること心より楽しみにしております。

 

 

 

欠席の文例

 

先日は○○○○同窓会の案内をお送りいただきまして、誠にありがとうございました。
あいにくでは御座いますが、当日は出張で遠方におり、どうしても同窓会に出席することができません。せっかくの招待を欠席する事になり大変残念に思っております。

同窓会の運営の皆様には、いろいろと御面倒をおかけしておりますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。
末筆になりましたが、同窓の会がご盛況で執り行えますよう陰ながら応援いたしております。出張までの間に私に何かできることがあれば是非お申しつけください。

 

 

 

出席取りやめの文例

 

先日、出席でお願いしました○○○○同窓会の件ですが、急にでは御座いますが、当日は遠方への出張が入ってしまったため、同窓会に出向くことが難しくなりました。
非常に心苦しく残念なのは山々ですが、今回は出席を見合わせでお願いしたいと思います。
急遽の取り消しお願いとなり、同窓会の運営者様には多大なご迷惑をおかけし誠に申し訳ありません。

今回の同窓会ご出席の皆様にはどうぞよろしくと、お伝えください。
末筆となりましたが、同窓会がご盛況で執り行えますよう心よりお祈り申し上げます。

 

 

ビジネスの断り方文例

 

○○○○株式会社
代表取締役社長
○○○○ 様

 

平成 年 月 日
株式会社 ○○○○
代表取締役社長
○○ ○○ 印

 

謹啓 ○○の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
この度は○○年同期の会の招待案内を頂きまして誠に有難く感謝する次第です。
折角ご案内を頂いたのですが、あいにく当日は、遠方への出張中であり出席がかないません。

貴社の○○同期会に駆けつけることができず、誠に残念に存じますが、何卒事情を、ご賢察いただきご了承いただきます様お願い申し上げます。
末筆ではありますが、貴社の更なるご発展と皆様のご活躍をお祈り申し上げます。

敬白

 

手紙の目次へ

 
同窓会の招待案内の手紙の書き方手続きページ

 


 
同窓会の招待案内の手紙の書き方
同窓会の招待案内の手紙の書き方

同窓会の招待や案内は、同級生の安否や確認など様々な意味合いも含まれているのです。同窓会の招待を貰った相手(幹事)への返信の手紙やお返事は必ず忘れずにお返ししましょう。
スポンサード リンク

同窓会の招待案内の手紙の書き方
同窓会の招待案内の手紙の書き方