TOP > 趣味・レジャー >電車運転士の手続き> 趣味・レジャー目次へ

 
運転士
運転士手続き
運転士手続き 運転士手続き
  電車運転士になる夢を叶えたい。電車を運転するプロになって活躍を志す方に電車運転士になる為に必要な手続きや手順と方法をキチンと理解しておきましょう
運転士手続き 運転士手続き
.
電車運転士とは 電車運転士になる為の基本
電車運転士になる道  
 

.
運転士とは

運転士

電車運転士とは

 

 

 

電車運転士の仕事

電車運転士とはよく聞く言葉ですが、電車を運転する運転士の事。

  • 電車運転士とは、簡単に言えば電車の車掌のことです。
    • つまり、一般的には車掌と呼ばれています。

つまり、電車を運転する鉄道機関士と言う事です。

電車運転士の職場

一般的な電車運転士は、鉄道会社に務めると言う事がセオリーです。

  • 電気で走る電気機関車
  • エンジンで走るディーゼル機関車
  • 蒸気機関車
  • それぞれ電車の種類が違います。

電車の運行は、分刻みで複雑に絡み合っています。

混雑するダイヤに従い、正確かつ安全に運転しなければなりません。

また、電車運転士は電車だけ運転していれば良い訳ではありません。

  • 乗務前のダイヤの確認
  • 運行注意事項の確認
  • 車体や伝送系の各種装置の確認
  • ブレーキの動作確認
  • 列車の連結作業など

 

電車運転士の現場

運転士は、的確に安全に目的地まで電車を運転し人と貨物などを運ぶことを目的にしています。

  • 現代では、電車による交通手段は生活に無くてはならないものになっています。
  • また、都心部の人の電車利用率は何千人も利用しています。

過密するダイヤの中、電車に乗る人降りる人など徹底した安全確保に努めなければいけません。

つまり

  • 安全に運行する
  • 正確な時間で運行する
  • 安心できるように運行する

つまり

  1. 運転士は電車を利用する人すべての安全を守る義務があります。
  2. 正確な時間で運行する事が求められます。

過密するダイヤは秒単位で運行しているので、少しの時間のズレや遅れなどでダイヤが大幅に乱れてしまう様な事は絶対に起こしてはいけません。

  1. 安心安全運転に気を配る事も大事な事です。
  2. ブレーキのかけ方やスピードの加速など乱暴な運転は絶対にあってはなりません。

電車を利用する人々が快適で安心していられる空間に気を配り職人技とも言うべき絶妙な運転操作を心掛ける事が絶対的に求められます。

 

電車運転士の職務

  • 運転士は、電車を快適に運転し安全と正確に運行します。

電車運転士の役割

  • ダイヤの確認と注意
  • 機関車の点検と確認
  • 電車と貨物の確認
  • 電車の運転

運転士は安全に時間計画に沿って目的地まで電車を運転するのが仕事ですが、時にはトラブルや障害などが起こることがあります。

  • 突然起こるトラブル
  • 気象の突然の変化などで気流が乱れ落雷や強風など
  • 運転中のトラブルや電車の故障など
  • 突発的な電車の事故など

つまり

電車運転士はすべてのトラブルに対応し安全で快適な運転を提供する為に、確認と注意は怠りません。

  • また、多くの電車は時間通りに運行していますが、上記の様なトラブル時には緊急処置をしながら判断し無事に利用客を目的地まで誘導する事も必要とされます。

無事に業務終了後にも、電車の調子や点検などの報告などを行い業務終了です。

以上の業務を乗車する度に行うのが仕事です。

 

  • 電車と言えどもアルコールの飲酒は違反行為です。違反の場合は罰せられます。

 

電車運転士の将来

鉄道会社は、ほぼ定着し確立されている。

  1. つまり、これ以上に鉄道会社が増えると言う事は無く、ダイヤの過密も限界に達しています。
  2. 日本自体は少子化傾向にあり、人口が減る恐れはあるが増える可能性は少ない。

つまり、今後の運転士に求められる職務は現状維持もしくは減少傾向となる可能性の方が高いでしょう。

 

電車運転士の醍醐味

何両も連結させた電車を運転することは、何とも言えない優越感のある仕事です。

  • 真っ直ぐどこまでも続く線路は感動とワクワクする気持ちを与えて貰える世界観です。
  • また、自分で電車を運転操作できる醍醐味は感動の連続です。

また、安全に快適に運行が出来た時の感動を楽しむことも出来る素晴らしい仕事です。

  • 運転士になるまでに、長い時間を要する訓練や習得があります。
  • しかし、1度電車運転士になってしまえば、ある程度の収入は確保されています。

 

電車運転士の年収

鉄道会社の電車運転士として働く場合

  • 運転士は経験が重要とされる職場のため
  • 経験や年齢により変化する
  • 平均年収:約500万円〜700万円
  • 20代平均年収:約400万円〜500万円
  • 40代以上平均年収:約600万円〜900万円
  • (大手鉄道会社の場合です)

 

電車運転士の就職先

  • 国内鉄道会社
  • 地方ローカル鉄道会社

 

電車運転士の業務許可

電車運転士の業務をする人は特別な資格が必要です。

  • 運転士の業務を行う場合
    • 動力車操縦者運転免許の国家資格を取得する。

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

運転士手続きページ

 



パイロット(機長)になる為の基本

運転士

電車運転士になる為の基本

 

 

 

電車運転士になり活躍する為の基本的な考え

基本的に国家資格が必要です

電車運転士の業務が出来る為の資格

  • 動力車操縦者運転免許の国家資格を取得する必要があります。

 

電車運転士としての素質

  1. 電車が大好きであることが前提です。
  2. また、正確で几帳面、冷静で妥協しないことが挙げられます。
    • 上記のことは電車運転士としての最低限必要な条件になります。

また、その日の状況に合わせて運転の応対など若干変化します。

つまり、その日の運行状況に合わせて対応する事も、経験で覚えていくことが大切になるのです。

また

  • 電車運転士は冷静であること
  • トラブルに対応能力があること
  • 何かほかの作業をしながらも目配りができる力があること
  • 安全な運行のあり方も確保していかなければいけません。
    • つまり、電車を適正に運転し、突然のトラブルも対処しお客様に安全に目的地まで誘導すること
    • つまり、冷静さを失い周囲が見えなくなるタイプは不向きです

また

  1. 運転士に必要なのは健康な体です。
  2. 運転士は、常に適性検査もチェックされる。

 

勤務時間と消耗率

  • 運転士はある程度の体力が必要な仕事です。
  • 狭い運転席に何時間も拘束される仕事です。
  • 精神的な疲労感が激しい仕事です。
  1. つまり、運行は、線路を1日に何往復も乗務する。
  2. 長時間勤務の中でも、冷静で安全なサービスを提供する仕事。
  3. 何時間も電車内に拘束されるので体調管理が大切になります。
  4. ガラス張りの運転席なのでマナーや姿勢など運転士としての態度も重要です。

 

トラブルも付きまとう

  • 例えば、お客様が病気、ケガなどした時
  • 例えば、お客様同士がトラブルになった時
  • 例えば、盗難に遭った時
  • 例えば、予期せぬ天候悪化になった時
  • 例えば、時間が大幅に狂った時
  • 例えば、事故などに遭った時
    • どんな時でも冷静沈着に対応する精神力を持ち合わせること。

つまり

  1. 楽しい
  2. 面白いなど
  3. 運転が楽しいだけでは無く
    • どんなに辛い状況に置かれたとしても。
    • 冷静に迅速に対応できること。
    • 精神的に安定していること。
    • 同じ対応と冷静さで電車運転士の職務を全うしなければならないのです。

つまり、人々を運ぶ鉄道交通のプロとしての責任感を持つ、お客様に安心感を与える事が出来るのが電車運転士なのです。

つまり、鉄道が好き電車が好きだから出来る様な甘い仕事でも無いと言う事です。

もしも

  • 少しでもこの時点で無理かもと心に思う方は?
  • 電車運転士には向いていませんし出来ませんので早めに諦める様にすると良いでしょう。

 

電車運転士は信頼性が求められる

電車に乗車するお客様は、乱暴な運転やスピードが速い電車などやはり不安、例えば電車事故に遭ったらどうしようなど頭をよぎってしまいます。

つまり、電車運転士はお客様に不安を与えない適切な運転の必要があります。

  • 色々な問題の勃発に対しても丁寧に答えてあげること
  • 安定した運転の運行をすること
  • そんな存在が信頼を生み感謝されることに繋がるのです。

つまり、何かの問題が起きた時に、信頼され頼られる電車運転士の姿が必要になると言う事なのです。

 

電車運転士の喜び

  • 問題無く運行が終了した時
  • 最悪な状況の中でも無事運行の職務を遂行出来た時
  • 当たり前のことですが、お客様がリラックスしている姿を見た時

これからも、職務を正義感持って遂行する姿が求められます。

  • またトラブルがあった場合でも車内アナウンスで、安心だと思って貰えるような態度と口調や知識で冷静に応対します。

上記の様な正義あふれる精神を持った人が電車運転士の仕事を出来るのです。

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

運転士手続きページ

 



運転士になる道
運転士

電車運転士になる道

 

 

 

電車運転士を目指す道はパターンがある

  1. 高等学業卒業後、鉄道会社の採用試験へ
  2. 専門の学校や大学卒業後に鉄道会社へ
  3. 鉄道会社へ入社後、国家試験に合格する

 

大学に進学して電車運転士を目指す

  • 大卒後、電車運転士の道に入る人は少ない
  • 大卒後は鉄道会社の内勤が多いのが事実
  • 但し全く電車運転士になる人がいない訳では無い
  • ※就職実績は必ずチェックすること。

 

専門学校や高等学校から電車運転士へ

  • 専門学校の通学期間:平均2年
  • 高等学校卒業後、鉄道会社の採用試験を受験する
  • 高校の鉄道会社への就職実績は最重要です。

専門学校講座内容

  • 鉄道の円滑な運行を受け持つ人材を育成
  • 鉄道車両に関する技術と知識を習得
  • 車内販売、緊急誘導、コミュニケーション能力

専門学校に通い習得するもの

  • 運行管理者<国>
  • サービス介助士 (2級)
  • 手話技能検定 (3級)
  • 国内旅行業務取扱管理者<国>
  • 旅行地理検定
  • 防火管理者<国>
  • 実用英語技能検定 (2級)
  • サービス接遇検定 (3級)

教育内容

  1. 列車の車内を校内に設置など
    • 本物の列車の座席シートを実習室
    • 車掌・パーサーの接客業務などリアルに体験
    • 現場に近いシチュエーションで学ぶ
  2. インターンシップで仕事を体験など
    • 鉄道会社を通してのインターンシップが可能
    • 駅のホームにおける駅員補助業務を行う
    • 就職前に本物の業務を体験
    • コミュニケーション能力やサービス精神を養う
      • 車掌
      • 運転士
      • 駅務員
      • 車両メンテナンス
      • 鉄道パーサー
      • グリーンアテンダントなど
      • 鉄道を安全かつ正確に動かす様々な仕事
      • 鉄道や安全の知識
      • 鉄道適性試験対策
      • 個人・集団面接指導

電車運転士専門学校卒業後の就職先

  • 国内大手中小の鉄道会社

電車運転士専門の養成学校で習得する学費

  • 養成学校に通う:1年間約120万円〜150万円
  • その他の実習費が必要

 

電車運転士養成終了後は筒同会社の採用試験

電車運転士になるには各鉄道会社の採用試験を受験し、合格する必要があります。

採用比率

各鉄道会社で採用試験に必要な学歴は高等学校卒です。

  • 一般的に採用試験は高等学校卒以上から受験可能です。

実際の採用事例の現実

  • 電車運転士に採用されるのは圧倒的に高等学校卒です。
    1. 本気で電車運転士になりたい方は高校卒から。
    2. 大学からの採用は、ほとんどありません。
    3. ※高等学校からの採用比率が圧倒的に多い。
    4. ※就職実績のある高等学校からの採用がほとんどです。

鉄道会社の採用試験合格後

  1. 鉄道会社の動力車操縦者運転免許を勉強
  2. 動力車操縦者運転免許の国家資格を取得する

 

特別な資格や条件

  1. 動力車操縦者運転免許の国家資格を取得する必要があります。

 

※電車運転士の国家資格

  1. 動力車操縦者運転免許には、以下の種類があります。

      ・ 甲種蒸気機関車運転免許
    • 鉄道事業(新幹線鉄道及び磁気誘導式鉄道を除く。)及び軌道事業(軌道運転規則第三条第一項の規定の適用を受けるものに限る。)の用に供する蒸気機関車
      ・ 甲種電気車運転免許
    • 鉄道事業(新幹線鉄道及び磁気誘導式鉄道を除く。)及び軌道事業(軌道運転規則第三条第一項の規定の適用を受けるものに限る。)の用に供する電気車
    ・ 甲種内燃車運転免許
    • 鉄道事業(新幹線鉄道及び磁気誘導式鉄道を除く。)及び軌道事業(軌道運転規則第三条第一項の規定の適用を受けるものに限る。)の用に供する内燃車
    ・ 乙種蒸気機関車運転免許
    • 軌道事業(軌道運転規則第三条第一項の規定の適用を受けるものを除く。)の用に供する蒸気機関車
    ・ 乙種電気車運転免許
    • 軌道事業(軌道運転規則第三条第一項の規定の適用を受けるものを除く。)の用に供する電気車
    ・ 乙種内燃車運転免許
    • 軌道事業(軌道運転規則第三条第一項の規定の適用を受けるものを除く。)の用に供する内燃車
    ・ 新幹線電気車運転免許
    • 鉄道事業(新幹線鉄道に限る。)の用に供する電気車
    ・ 第一種磁気誘導式電気車運転免許
    • 鉄道事業(磁気誘導式鉄道に限る。)の用に供する電気車
    ・ 第二種磁気誘導式電気車運転免許
    • 鉄道事業(磁気誘導式鉄道に限る。)の用に供する電気車(自動運転をするための装置の機能に障害が発生した場合において、最寄りの駅又は車庫まで当該電気車を操縦するときに限る。)
    ・ 第一種磁気誘導式内燃車運転免許
    • 鉄道事業(磁気誘導式鉄道に限る。)の用に供する内燃車
    ・ 第二種磁気誘導式内燃車運転免許
    • 鉄道事業(磁気誘導式鉄道に限る。)の用に供する内燃車(自動運転をするための装置の機能に障害が発生した場合において、最寄りの駅又は車庫まで当該内燃車を操縦するときに限る。)
    ・ 無軌条電車運転免許
    • 無軌条電車
    • なお、受験するための申請書は、国土交通省の委託を受けて各鉄道会社が実施

国家試験内容

  1. 動力車の操縦に関して必要な身体検査
  2. 動力車の操縦に関して必要な適性検査
  3. 動力車の操縦に関する法令並びに動力車の構造及び機能に関する筆記試験
  4. 動力車の操縦に関する技能試験

 

資格取得のための要件

  • 視力(矯正視力を含む。)が両眼で 1.0以上、かつ一眼でそれぞれ 0.7以上であること

 

見事国家試験に合格後は本格的に電車運転士の道へ

  • 電車を運転するプロの電車運転士としてデビューする

 

・趣味レジャー手続き目次へ行く

運転士手続きページ

 



  
ココがPOINT
ココがPOINT

電車運転士になるには、冷静で的確な判断と責任感があることが大切です。更に健康面で自信があり常に安定していると言う方が向いています。
スポンサード リンク

ココがPOINT
ココがPOINT